「2023年からの世界」 一覧

ドイツのジャンクと交換されるのは、それは核攻撃か、それとも偽りの平和か

2023/01/28    , ,

1945年5月10日 ベルリン陥落後に交通整理をするソビエト軍女性兵士。 halaljew   時計はさらに 前回、以下の記事で、ドイツ外相の狂気ともとれる言動について、少しふれました。今回 ...



ドイツ外相のロシアへの宣戦布告を聞きながら、全体集団催眠の中で目覚める場所は天国か、それとも地獄か

2023/01/26    

The Annunciation   世界はあと1秒 2020年から、主要国はずっと一種の集団催眠、最近の言葉では「マスフォーメーション(集団形成)」という状態になっているのですけれど、昨年 ...

消毒という名の兵器の「結果」が子どもたちに出てきてしまっている

2023/01/25    , ,

  気温が低いと…… 今は日本を含めて、北半球の大部分が大変な寒さになっていまして、韓国では体感 -26℃だ、中国では過去最低気温だ、スペインの温暖な地域の「最高気温」が -15℃だと、いろ ...



統計をファンタジーに変えた手法のこの3年。そして今や社会は「武漢型、武漢型、武漢型、武漢型…」の抗原の亡霊に攻撃され続けて

  ファンタジーを作り出す 最近、ある著作を知りました。 50年以上前の 1968年に第一刷が発行された『統計でウソをつく法』という米国作家の著作です。 それを少し読んでから、厚生労働省のワ ...

ロシア発の最終戦争が近づいている気配ですが、さてどうする(どうするかなんてわかりようがないですが)

2023/01/23    

warnews247.gr プーチン大統領は… 思えば、In Deep って、書き始めた十何年前は、軍事関係の記事が多かったんですよね。 「ま、このぉ……これからは戦争の時代のようですしなあ」という感 ...



今さらマスクの議論をしても、失われた子どもたちの3年間は不可逆

  子どもたちから知能と認知を奪うのがそんなに楽しいか? 私は、あまり人のことを悪くいったり、中傷したりするような言葉を使うのは好きではありません。つまり、たとえば「バカ」とか、「ダボスが! ...

ディストピア社会を世界で最も強く牽引した首相の国、未来世紀ニュージーランドの今

2023/01/21    

  若きリーダーとして 2020年のコロナのパンデミックの初期の頃、世界で最も厳格なコロナ制限を導入した国のひとつが、ニュージーランドでした。 日本と同じ島国であるこの国は、2020年に世界 ...



白紙運動に参加した若者たちが「次々と忽然と消え」、共産党の元最高エリートたちが次々と「病死」する中、今後の中国で起きることは?

2023/01/19    

  計画の通りに進行する中国社会 中国政府が計画的に扇動したとみられる白紙革命ですが、扇動に乗せられる形で参加した若者たちが、逮捕、というより、 「次々に忽然と姿を消している」 ことが伝えら ...

「これは免疫回避を研究され尽くしています」という元中国のウイルス学者の言葉から見える少し先の日本

  今後の問題 最近はまた、わりとよくコロナのデータは見るのですけれど、今朝、ジョンスホプキンス大学のデータを見ていて、「コロナ死で、先進国とそうじゃない国との差はどのくらいになっているのだ ...



ネアンデルタールとホモサピエンスの最終戦争

  絶滅のメカニズム 前回の「人類が「汚れた血」にさせられた意味」という記事で、ルドルフ・シュタイナーの 1906年の講義の一部をご紹介しました。 そこにあった以下の記述で、いろいろ思う部分 ...

人類が「汚れた血」にさせられた意味

2023/01/15    , ,

  なんとなく疲れて、ふと見たサイトにて 今朝、イエローマジックオーケストラの高橋幸宏さんの訃報をきいて、まあご病気もありましたし、最初はそれほど感慨もなかったのですけれど、ベランダで立って ...



ディーガルの世界へようこそ

2023/01/14    

  [ディーガルについての参考記事] ・これは「副作用」ではなく「本作用」だと認識しながら、人類類史上最大の事象がディーガルの分析した未来予測へと推し進める惨状を見続ける日々 In Deep ...

終末感と悪魔感をめぐる雑談

2023/01/12    

  12年前を思い出し なんというのか、人生でこんなに終末感を感じたのは、おそらく初めてで、別に絶望とか恐怖とかでは全然ないのですが、まさに「終末感」としか言えないものに全体的に包まれている ...



太陽活動がサイクル25の中で最大となる中での臨済録

2023/01/11    , ,

2023年1月11日のXフレア。NASA   気づけば、太陽活動が現在の活動周期の中で最大に めまい的なものと追随する症状に「眼振」というのがあるんですけれど、今日は何だかそれが強くて、「画 ...

認知戦のバトルフィールドで踊り続けて

  最初に書きますと、今回の記事は、書いている途中でいろいろと発見したりしているうちに、もう何が何だかわからないものとなってしまいました。 たまにそういう逸脱はわたくし、ありますので、お許し ...



これは、2020年のプロパガンダ武漢コロナとはまったく異なるのだから

2023/01/02    , ,

  以前のコロナの姿はもうない 最初の、つまり 2019年に中国武漢で発生したとされるコロナウイルスについての恐怖の喧伝がプロパガンダであったことを知るのには、そう長い時間はかかりませんでし ...

Copyright© In Deep , 2023 All Rights Reserved.