地球最期のニュースと資料

In Deep

★ メルマガに関して、「まぐまぐ大賞2019」の投票が始まりました。投票期間は12月3日までです。投票はこちらのページの「このメルマガをまぐまぐ大賞2019に推薦する」から行うことができます。メルマガ読者様でない方も投票できますので、よろしくお願いいたします。 In Deep オカ

2019年からの世界 人類の未来 悪魔の輪郭

パリ検察庁がノートルダム大聖堂の火災に対して「鎮火のはるか前に放火ではないと断定」した理由。バチカンやヨーロッパ当局は一体何を恐れているのだろう

投稿日:

ノートルダム大聖堂が焼失した2日後のアメリカのニュースより


Hal Turner Radio Show

ノートルダム大聖堂の火災のすぐ後、米ニューヨークの主要な観光地の一つとなっている「セント・パトリック大聖堂」という聖堂教会に関して、上のような報道があったことを今日知りました。

今回は、まずは、パリのノートルダム大聖堂の火災について、もう一度、取り上げさせていただこうと思います。




 

止まらない教会への攻撃の中でも

先日、フランス・パリにあるノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生した際に、以下の記事を書かせていただきました。

フランス全土でキリスト教会への攻撃と悪魔的冒瀆が連続して発生し続けている中、意味が「聖母マリア」であるノートルダム大聖堂が焼け落ちる

タイトルの通り、ノートルダム大聖堂で火災が発生するまで、フランスでは各地でカトリック教会や宗教的施設への攻撃が続いていました。

上の記事でご紹介しましたアメリカのニューズウィークの報道の冒頭は以下のようなものです。なお、これはノートルダム大聖堂で火災が発生する以前の報道です。

2019年3月21日の米ニューズウィークより

フランスで、2019年の初めからカトリック教会に対する攻撃が急増している。

それらの行為の中には、放火と冒瀆が含まれる。

破壊者たちは、教会の彫像を打ち砕き、礼拝所を打ち倒し、そして、聖体を巻き散らすか破壊し、十字架を破壊し、反カトリック的感情の高まりの懸念をフランス国内で引き起こしている。

 

つまり、

「フランスでずっと宗教施設への攻撃が続いているが、その中でノートルダム大聖堂の火災が起きた」

ということになるわけです。

普通ですと、こういう流れの中では、ノートルダム大聖堂の火災の原因が、事故や過失であること以外に「故意」あるいは「放火」である可能性を、少なくとも多少検討するのが一般的な警察的捜査ではないかとは思います。

しかし、現段階でも、この火災は失火ということで捜査が進められていることが報じられています。

溶接が原因だとか、電話回線からの出火が原因だとか、いろいろと挙げられているのですけれど、ニューズウィークにあるような、

> フランスで、2019年の初めからカトリック教会に対する攻撃が急増している。

という現実の中で、しかも「ノートルダム(聖母マリア)」という名のつくフランスの聖堂が次々と攻撃されている中で、あのような火災が起きたわけなのですけれど、それでも、「放火などの故意の出火がまったく考慮されていない」というのは、不思議を飛び越えて、「怪しい」とさえ感じます。

 

なぜ怪しいとまで思うのか。

 

それは、

「当局は、まだノートルダム大聖堂の火災が鎮火していない時から、《原因は放火ではない》と決定していた」

ことを、当日の報道から知ったからです。

いくら何でも、火災の原因の断定というのは、まだ炎が燃えさかっていて、調査員が近づけないような時におこなわれるものではないような気がします。少なくとも、鎮火した後に正式な調査がおこなわれてから発表となるのが普通ではないかと。

しかし、そうではなかったことが、AP通信の「記録」から浮かび上がるのです。

AP通信は、火災が発生した 4月16日に、リアルタイムに時系列で起きていることを報じ続けていました。以下の報道ページにそれは残っています。

The Latest: Arson ruled out in Notre Dame fire for now
(最新情報:ノートルダム大聖堂の火災の原因から放火が除外された)
 AP 20169/04/16

すべての時系列を書き出すのは無理ですが、APの報道の時系列を見ますと、「まだ鎮火していない時に、パリ当局は、放火の可能性を排除している」ことがわかるのです。

以下は部分的な抜粋です。

 


2019年4月15日の火災の情報の時系列(パリ時間)

午後09時00分 ノートルダム大聖堂の尖塔の倒壊が伝えられる。マクロン大統領がノートルダム大聖堂の火災現場に到着。

午後09時05分 マクロン大統領が、この火災を国家の緊急事態と宣言。

午後09時50分 パリ消防隊長は、消防士がノートルダムの火災のさらなる拡大と破壊を防ぐことができるかどうかは不明だと語る。

午後10時20分 フランス内務省が、400人の消防士が現場にいると語る。また、大聖堂の火災の原因は不明だと述べる。

午後10時50分 ノートルダム大聖堂の近くに住んでいる人々が、大聖堂の崩壊の可能性に備えて避難していることが伝えられる。

午後11時15分 パリ検察庁が、この火災を、現時点では失火として扱っていると述べる。同時に検察は、テロを含めた放火である可能性はないと述べた。


 

ここまでです。

午後10時20分に、フランス内務省が「まだ鎮火しておらず、原因は不明だ」と述べてから 1時間以内に、パリの検察庁は、

「ノートルダム大聖堂の火災は、失火であり、放火ではない」

と述べていることがおわかりでしょうか。

まだ激しく火災が続いている中で、何の調査もされていない中で、「放火ではない」と発表されているのです。

 

変ですよね。

 

ここから想像できるのは、「最初からそう決まっていた」ということなのかもしれません。

つまり、たとえば、フランスでは現実として、カトリック教会やキリスト教系施設への攻撃がずっと続いていて・・・それは、こちらの過去記事では、2018年だけで、1062回の教会への攻撃と冒瀆行為が起きているほどなのですから、基本的には、「想定」は存在していたと思われます。

すなわち、

「ノートルダム大聖堂のような国家を代表する重要な宗教施設が攻撃にあうかもしれないということも、少なくとも《誰か》は想定していた」

と。

そして、仮に、こういうようなことを阻止できなかった場合は、「すべて事故(火事なら失火)とすること」という事前の決定事項があったとしても不思議ではないような気がします。

どうしてそんなことをするのかはよくわかりません。

しかし、そこにはいろいろな思惑がありそうです。

それぞれが何か具体的な意味を持つということではなく、その「いろいろな思惑」の周辺にあるフランスでのキーワードとして、以下のようなことがあるのかもしれません。

 

・現実として攻撃されているカトリック教会

・増え続ける移民とイスラム教徒

・ヨーロッパ全体で減り続けているキリスト教徒

・ISの壊滅後、ヨーロッパ国内に数多くのテロリストが現実としていること

・フランスで何が起きているのか当局も把握できていない可能性

 

これらは適当なキーワードですが、しかし、ヨーロッパ国内に潜伏しているテロリストの数は、尋常ではない数に達していることは現実です。

正確な数がわかることもないでしょうが、以下のような報道もあります。

ロシア連邦保安庁の長官が、「ヨーロッパには中東から来たテロリストが 1500人以上いる」と発言したことが報じられているものです。


abruptearthchanges.com

何かこう、「テロ的なこと」にしても「悪魔的なこと」にしても、いろいろな人々や存在が、いろいろなことを行おうとしていることが、複雑に絡んでいるというような感じもないではないです。

 

冒頭にご紹介した「ニューヨークのセント・パトリック大聖堂へガソリンとライターを持って入った男性が逮捕された」という出来事は、ノートルダム大聖堂の火災の 2日後に起きました。

現地時間の 4月17日に、セント・パトリック大聖堂近くにミニバンで停車した男性は、しばらく周囲を歩き回った後に、車からガソリンのタンクを持ち出し、大聖堂に入ろうとしたところを警備員に拘束されたというものです。

拘束された人は、以下のようなものを持って大聖堂に入ろうとしたところを警備員に止められたそうです(そりゃ、止められますわな)。

男性が持っていたガソリンと着火剤とチャッカマン


NYPD NEWS

動機などに関しての報道はないので、それはよくわかりません。

まあ、これは、やり口が間が抜けすぎていまして、いわゆる模倣犯的なものなのかもしれないですけれど、こういうことが世界中に拡大しているような気はとてもします。

それが、

悪魔的なもの

なのか

テロ的な意志

によるものなのかはわからないですけれど、いろいろなことが進行していそうで、しかも、その舞台があまりにもアンダーグラウンドで、あまりよく想像できないです。

ヨーロッパでは、他の国でもいろいろと起きているようで、下はスイスの著名な教会(Schlachtkapelle Sempach という教会で、申し訳ないですけれど読めないです)ですが、昨年、頑丈な十字架が以下のように破壊されていたことが今となって明らかなっています。

破壊されたスイスの教会の十字架


Chapel Cross Desecration 2018, Schlachtkapelle Sempach, Switzerland

フランスというだけではなく、ヨーロッパ各地でも、このようなことが拡大していく、あるいはすでに拡大しているのかもしれません。

今はどこの国や地域も大変なことのほうが多いですけれど、ヨーロッパもまた非常に大変な時期を迎えているのかもしれません。そして、これらの事象は、今後もさらに拡大することは避けられないと思われます。

 

余談ですが、ノートルダム大聖堂は、建物は壊滅的に崩壊しましたが、聖堂の中の「十字架」と「聖母マリア像」は、損傷を受けずに残ったことが伝えられていました。

以下は、火災がおさまった後の聖堂内の写真です。

鎮火後のノートルダム大聖堂の内部


rollingstone.com

十字架は何らかの金属で、聖母像は石像だと思われますので、どちらもそう簡単に燃えたり溶解するものではないにしても、十字架が色もきれいに残っているのは意外でした。

瓦礫の中に浮かんでいるあたりも印象的ではあります。

この光景は何か野希望を与える光景なのか、それとも瓦礫のほうに重点がある光景だと考えたほうがいいのかは今はわかりません。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

ハイヤンから2年…瞬間的に生まれて消えていった史上最大のハリケーン、パトリシア ▲ 2015年10月24日のデイリー・ギャラクシーより。   次々と記録を塗り替える暴風雨の勢力 つい2日ほど ...

2

戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある ・gefira.org   今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提出」という速報が流れていました ...

3

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

2019年8月26日の米フォーブスより ・Forbes   扇動と誤りの結果が アマゾンでの森林火災については、最近大きな話題となっていましたが、私も以下の記事で少しふれました。 地球の生物 ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

-2019年からの世界, 人類の未来, 悪魔の輪郭
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.