[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2016年からの世界 地球という場所の真実

儀式の行方(準備)

投稿日:

water-sea-01

 

先日、

もしかすると世界では「死に関係する水の儀式」、あるいは「水の意志の発露」みたいなものが続いているのではないかと思いつつも、記事になりませんでした
 2016/07/05

という記事を書きまして、その中に「世界中で何か起き続けているような感じなのだけれど、それが何だかわからない」というようなことを書きました。

その時には、単に個別の事象を羅列しても意味がないと思いまして、特にいろいろふれなかったのですが、その後、たとえば、最近、東京の運河でスーツケースから発見された中国人女性が「2年前に失踪して、1週間ほど前に死亡して水の中に入れられた」というような出来事(報道)や、あるいは、下のような、世界各地で起きている奇妙な出来事を、わからないなりに羅列してみるのもいいかなと思えてきたのでした。

2016年7月1日の米国の報道

head-tail-less-fish-virginiaThousands of headless, tailless fish wash up on Eastern Shore beaches

2016年7月7日のニュージーランドの報道

aukland-boneMysterious bones dotted around west Auckland roundabouts

アメリカの報道は、

バージニア州の海岸に大量の死んだ魚が打ち上げられたが、すべての魚に「頭と尾がない」

というものです。理由は「不明」。

ニュージーランドの報道は、オークランドのロータリーに動物のものとおぼしき骨が点々と置かれているというものです。ここでは、以前にも「数千頭分にも相当する動物の尾だけが点々と置かれていたことがある」のだそう。

いたずらのレベルを超えた、「ものすごくよくわからない出来事」だと思います。

他にもいろいろとあるのですが、これらには、何となく過去記事の、

悪魔の時代のニュース(1):墓から消えていたシェイクスピアの頭部。そして、他にも多数いる「死した人間の頭部」を欲する者たちの存在の真実
 2016/03/30

などのニュアンスを彷彿させる部分が、ややあります。

いろいろと調べるだけで時間が過ぎてしまい、今日はきちんとした記事を書く時間がなさそうで、「準備」とさせていただきましたが、明日以降書ける時に書いてみようかと思います。

そういえば、最近の日本のニュースにしても・・・たとえば、

・「16歳高校生」通行女性メッタ刺し河原に遺棄!面識なく動機も不明J-CAST ニュース 2016/07/07)

・「人を殺すつもり」高校生が男性殴る 群馬産経ニュース 2016/07/05)

・バレエ講師の女性の指切断 「命に支障がないよう指を選んだ」livedoorニュース 2016/07/06)

のような「なんという吉祥寺のガイたちなのか」と思わざるを得ないような出来事が連続して起きていることも、過去記事、

悪魔の時代のニュース(3): 憤怒と激怒と共に世界中で暴れ出している「裸のレギオン」たち
 2016/04/11

のようなものと同じ空気を感じます。

悪魔的というのか、世界の歯車の軋み方が激しくなっていることを感じたりもいたします。

そして、まあオカルト的な見地からの見方ではありますけれど、現在の世の中にはそれらのようなことに通じる「何かの拝啓(拝啓かよ)……何かの背景が存在している」という考え方を持ち続ければ、何か見えてくるものもあるのかもしれません。

「悪魔的」

「儀式」

この2つのキーワードが絡んでいるような気が何となくするのです。

そんなわけで、次回以降記事にできればいいと思っていますが、単なる羅列になる可能性も高いです。

 

全然関係ないですけれど、天候もますます、すごいことになってきていますね。

観測史上2番目に遅い発生の台風1号(英名:ニパルタック)が、いきなり、スーパー台風と定義される勢力にほぼ近い猛烈な勢い(スーパー台風の定義は、風速70m/s以上の台風)に発達して、現在、台湾のほうへ向かっています。

台風1号の予想進路(7月7日の中心気圧900ヘクトパスカル)
nepartak-0707台風情報

そして、この台風はその後、中国の南部へと向かう進路となっているのですが、このあたりは、ほんの数日前に、

中国 : 長江流域で歴史的な豪雨により広範囲で大洪水が発生。死者行方不明230名以上、被災者は3000万人超え
 2016/07/04

という記事でご紹介しました前例のない豪雨に見舞われ続けていた地域なのです。

そこに、またも非常に強い台風が向かっているわけで、過酷な状況になりそうです。

数日前の洪水で水没しつつある江西省の村

flood-JiangxiGuardian

ちなみに、この台風1号は、中国に上陸した後は、日本列島に向かうコースをとりそうです。

もはや本当にカオスに突入し始めていることを、ただ生きているだけでも実感するような時代となってきていますが、振り回されずにいきましょう。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-2016年からの世界, 地球という場所の真実
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.