ブログ記事の引用・転載はすべて自由です。その際、ページのリンクを示していただけると嬉しいです。以下でキーワード記事検索ができます。

4月6日にメルマガ悪魔の彗星が爆発した日に考える現代版の預金封鎖を発行させていただきました。

2023年からの世界 人類の未来 人類の覚醒と真実

ヴァルダイ・クラブでのプーチン大統領のスピーチ全文

投稿日:


RT




 

ロシアのソチで、「ヴァルダイ・クラブ」というものでプーチン大統領がスピーチをしました。

ヴァルダイ・クラブというのは、以下のようなものです。

ヴァルダイ・クラブ

ヴァルダイ国際討論クラブは、専門家の分析センターで、2004年にロシアの大ノヴゴロドで設立された。同クラブの名称は最初の会議が行われた場所を讃える形で名付けられており、最初の会議がヴァルダイ湖の近くで開催されたことにちなむ。

ヴァルダイ・クラブの主な目的は、国際的な知的プラットフォームとして、専門家、政治家、公人やジャーナリストなどの間で開かれた意見交換を促進することであり、国際関係、政治、経済、安全保障、エネルギーあるいは他の分野における現在の地球規模の問題について先入観のない議論を行うことで、21世紀の世界秩序における主要な趨勢や推移を予測している。

長年にわたって、同クラブの会議には、世界62ヶ国から成る国際科学コミュニティーから900人以上の代表が出席している。

Wikipedia

ここでのプーチン大統領のスピーチを、ロシア RT が「全文」文字におこしていました。

私は特にどちらに肩入れするわけでもないですが、読むと、なかなか趣深いものでもありましたので、日本語で全文掲載したいと思いました。

昨年、部分動員の時のプーチン大統領のスピーチを以下で載せたことがありましたが、今回の話は、すでに戦争そのものを離れた内容です。

(記事)「私たちは西側の軍事機構全体と戦っています」 : ロシア連邦政府ウェブサイトに掲載されたプーチン大統領による部分的動員に関しての国民への演説:全文
 In Deep 2022年9月25日

プーチン大統領って人は、もともと世界経済フォーラムの人なんで、そういう方面の人たちのことを、よく知っているということもあるのかもしれないですが、「西側のエリート層」という言葉が何度も出てきます。

(参考記事)「戦争」を仕掛けているのはプーチン氏かもしれない。そしてそれは世界経済フォーラムの崩壊まで続く最終戦争になるかも
 In Deep 2022年3月2日

いろいろと思う部分もないではないのですが、とにかく、今回のスピーチは「ものすごく長い」ものですので、早速入りたいと思います。

歴代の In Deep の翻訳文の中で最も長いと思います。

あまりにも長いため、抜粋とかにしようとも思ったのですが、「どこを抜粋していいのか、どこを省いていいのかよくわからない」ということで、全文となりました。

太字の強調等もしていません。これも、どこを強調していいのかがわからないからです。

ともかく長いですので始めます。ここからです。




 


プーチン大統領のヴァルダイディスカッションでのスピーチ

Putin’s Valdai Discussion Club speech
RT 2023/10/06

本会議出席者の皆様、同志の皆様、ご列席の皆様、ソチのヴァルダイ国際ディスカッションクラブの記念集会に皆さんをお迎えできることをうれしく思います。今回が 20回目の開催となることを司会者はが語ってくれました。

その伝統を守りながら、私たちのフォーラム、あるいは皆様方のフォーラムと言うべきかもしれませんが、このフォーラムには世界中の多くの国から政治指導者、研究者、専門家、市民社会の活動家たちが集まり、関連する知的プラットフォームとしての高い地位を再確認しています。

ヴァルダイの議論は常に、21世紀における最も重要な世界的な政治プロセスをその全体性と複雑性において反映したものです。

皆さんが以前に議論したときもそうだったように、今日の議論もきっとそうなると思います。私たちの目的は基本的に新しい世界を構築することですので、今後もこのままです。

そして、このような決定的な段階において、私の同志である皆様方は極めて重要な役割を担い、知識人として特別な責任を負っています。

クラブの活動の長年にわたって、ロシアと世界は劇的な、そして、さらに劇的な巨大な変化を経験してきました。20年という期間は、歴史的な基準からすれば決して長くはありませんが、世界秩序全体が崩壊しつつある時代には、時間が縮小しているように感じられます。

過去の歴史的時期の数十年間よりも過去 20年間に多くの出来事が起こりました。それは国際関係の原則そのものの根本的な変革を示す上での大きな変化であったことには同意していただけると思います。

21世紀の初頭、誰もが国家と国民が前世紀の高価で破壊的な軍事的・イデオロギー的対立の教訓を学び、その有害性と地球の脆弱性と相互関連性を理解し、人類の地球規模の問題を理解していることを望んでいました。

共同行動や集団的解決策の模索が求められる一方、利己主義、傲慢、現実の課題への無視は、より強力な国家が自国の意見や利益を他国に押し付けようとする試みと同様に、必然的に行き詰まりに陥ると思われます。これは誰の目にも明らかだったはずです。

本来そうあるべきだったですが、しかし、そうはなってはいません。

約 20年前、私たちがこのクラブの会合で初めて会ったとき、私たちの国は発展の新たな段階に入っていました。

ロシアはソ連崩壊後の極めて困難な回復期から抜け出しつつありました。私たちは、精力的かつ善意を持って、より公正な新しい世界秩序を構築するプロセスを開始しました。私たちの国は、友人、パートナー、そして世界全体に提供できるものを持ちますので、多大な貢献ができることは恩恵でした。

残念なことに、建設的相互作用に対する私たちの関心は誤解され、服従とみなされ、冷戦の勝者であると宣言した人々によって新しい世界秩序が構築されるという合意として見られました。

これは、ロシアが他国の後を追う用意があり、自国の国益ではなく他の誰かの利益に導かれる用意があることを認めたとみなされたのです。

ここ何年にもわたって、私たちはこのアプローチが行き詰まりを招くだけでなく、軍事紛争の増大する脅威を伴うことを何度も警告してきました。

しかし、誰も私たちの意見に耳を傾けなかった。聞きたがらなかった。

西側諸国のいわゆるパートナーたちの傲慢さは天井知らずでした。これが私が言える部分としての唯一の表現です。

米国とその衛星諸国は、軍事、政治、経済、文化、さらには道徳や価値観においても覇権に向けて着実な歩みを進めてきました。独占を確立する試みは失敗する運命にあることは、最初から明らかでした。

たとえ何世紀にもわたる植民地政策で蓄積された西側諸国の巨大な力に支えられていたとしても、世界はあまりにも複雑かつ多様であり、単一のシステムに服従させることはできません。

あなたの同志たちも同様です。今日はその多くが欠席していますが、彼らは、西側諸国の繁栄が数世紀にわたって植民地を強奪することによってかなりの程度達成されてきたことを否定しません。これは事実です。本質的に、このレベルの発展は地球全体から略奪することによって達成されました。

西洋の歴史は本質的には終わりのない拡大の記録です。

世界における西側の影響力は、巨大な軍事的および財政的ねずみ講であり、他者に属する天然資源、技術資源、人的資源を利用して、自らを支えるためにより多くの「燃料」を常に必要としています。

これが、西側諸国が単に止めることができず、止めるつもりもない理由です。私たちの議論、推論、常識や提案の要求は単に無視されました。

私はこれを同盟国とパートナーの両方に公に述べ、私たちが単純に提案した瞬間がありました。

たとえば、おそらく私たちも NATO に参加すべきではないでしょうか? など。しかし、NATO は我が国のような国を必要としません。知りたいのですが、他に何が必要ですか? 私たちは群衆の一員になり、ドアに足を踏み入れたと思っていました。他に何をすべきだったのでしょうか?イデオロギー的な対立はもうありませんでした。

なにが問題だったのでしょうか? 問題は彼らの地政学的な利益と他者に対する傲慢さだったと思います。彼らの自己主張は、昔も今も問題です。

私たちは、ますます増大する軍事的および政治的圧力に対応することを余儀なくされています。

私は何度も言ってきましたが、いわゆる「ウクライナ戦争」を始めたのは私たちではありません。それどころか、私たちはそれを終わらせようとしています。

2014年にキエフで流血かつ反憲法的なクーデターを画策したのは私たちではありませんでした。同様の出来事が他の場所で起こると、私たちはすぐにすべての国際メディア、主にアングロサクソン世界に従属しているメディアは「これは受け入れられない」、「これは反民主的だ」と声を上げます。

しかし、国際メディアはキエフのクーデターを容認しました。

突然何でも受け入れられるようになったのです。

当時、ロシアはクリミアとセヴァストポリの人々を支援するために最善を尽くしました。私たちは政府を転覆させようとしたり、クリミアやセヴァストポリの人々をナチスの精神に基づく民族浄化で脅迫したりしようとはしませんでした。

砲撃や爆撃によってドンバスを従わせようとしたのは私たちではありません。私たちは母国語を話したい人を殺すと脅したわけではありません。

メディアを通じて現実を認識する何百万人もの人々を洗脳することは可能かもしれません。しかし、実際に何が起こっていたのかを知らなければなりません。彼らは 9年間もその場所を爆撃し、銃撃し、戦車を使用し続けてきました。

それは戦争であり、ドンバスに対して引き起こされた本当の戦争でした。そしてドンバスでは亡くなった子供たちの数を誰も数えなかった。他の国、特に西洋では誰も死者を悼んで泣きませんでした。

この戦争は、キエフに座する政権が西側諸国からの精力的かつ直接的な支援を受けて始めたもので、9年以上続いており、ロシアの特別軍事作戦はそれを阻止することを目的としています。

そして、それは、誰が行ったとしても、一方的な措置は必然的に報復を引き起こします。私たちが知っているように、あらゆる行動には同様に反対の反応があります。それは、責任ある国家、すべての主権、独立、自尊心のある国が行うことです。

恣意性が支配し、すべての意思決定が自分たちは例外的で、罪がなく、正しいと考える人々に委ねられている(現在の)国際システムでは、いかなる国家も、覇権国に嫌われているというだけの理由で攻撃される可能性があることを誰もが認識してします。比例性 – そして私が付け加えたいのは、あらゆる現実感覚です。

残念ながら、西側が現実感覚を失い、あらゆる一線を越えてしまったことを認めざるを得ません。

彼らは本当にこんなことをすべきではなかった。

ウクライナ危機は領土紛争ではないことを明確にしておきたいと思います。ロシアは国土面積において世界最大の国であり、我々はこれ以上の領土を征服することに興味はありません。シベリア、東シベリア、ロシア極東を適切に発展させるために、私たちはまだやるべきことがたくさんあります。

これは領土紛争ではなく、地域の地政学的バランスを確立しようとする試みでもありません。この問題はより広範かつ根本的なものであり、新しい国際秩序の基礎となる原則に関わるものです。

永続的な平和は、誰もが安全で安心していると感じ、自分たちの意見が尊重されていることを理解し、たとえそれが矛盾しているとしても、覇権国の意のままに生きることや行動することを一方的に他者に強制したり強要したりすることができない世界のバランスが保たれている場合にのみ可能となるでしょう。人々や国の主権、真の利益、伝統、習慣などです。

このような取り決めでは、主権という概念自体が単純に否定され、それはゴミ箱に捨てられることになります。

明らかに、ブロックベースのアプローチへのコミットメントと、世界を「私たち対彼ら」の対立の継続的な状況に追い込む推進は、20世紀の悪い遺産です。それは西洋の政治文化の産物であり、少なくともその最も攻撃的な現れです。

繰り返しになりますが、西側諸国、少なくとも西側の一部のエリート層には、常に敵が必要です。

軍事行動と軍事拡大の必要性を正当化するには敵が必要です。しかし、彼らはまた、まさにこの覇権国の特定のシステム内、および NATO やその他の軍事政治ブロックのようなブロック内で内部統制を維持するための敵も必要とします。全員が「リーダー」の周りに結集するには、敵が存在する必要があるのです。

他の国がどのように生活を営むかは私たちには関係ありません。しかし、多くの国々の支配層エリートたちが、国民、あるいは少なくとも、かなりの数の人々、一部の国では大多数が受け入れたがらない規範や規則を受け入れることを社会に強制している様子が私たちには目に見えています。

しかし、当局は絶えず自らの行動の正当化をでっち上げ、増大する内部問題を外部原因に帰し、存在しない脅威をでっち上げたり誇張したりする。

ロシアはこうした西側エリートの政治家たちにとってお気に入りのテーマです。

もちろん、私たちは歴史の過程でこれに慣れてきました。しかし彼らは、こうした西側​​エリート集団に盲目的に従うことを望まない人々を敵として描こうとしします。

彼らは中華人民共和国を含むさまざまな国に対してこのアプローチを使用しており、特定の状況ではインドに対してもこれを行おうとしました。

私たちは、彼らがアジアで利用しているシナリオを認識し、見ています。こうした試みは無意味だと思いながらも続けられています。

また、彼らはアラブ世界を敵として描こうとしている。彼らは選択的に行動し、正確に行動しようとしますが、結局のところ、これ(現在の状態)が結果です。彼らはイスラム教徒を敵対的な環境として見せようとさえします。

実際、独立して自分の利益のために行動する人は誰でも、すぐに西側のエリートたちから排除されるべき障害者とみなされます。

人為的な地政学的な関連付けが世界に強制され、立ち入りが制限されたブロックが作られています。私たちはこれが、何十年にもわたって積極的な NATO 拡大政策が追求されてきたヨーロッパ、アジア太平洋地域、そしてオープンで包括的な協力体制を破壊しようとしている南アジアで起こっているのを目の当たりにしています。

ブロックベースのアプローチは、スペードをスペードと呼ぶなら、個々の国の権利を制限し、独自の道に沿って発展する自由を制限し、義務の「檻」に追い込もうとします。

ある意味、これは明らかに主権の一部の剥奪に相当し、多くの場合その後、安全保障分野だけでなく他の分野、主に経済分野でも独自の解決策を強制することになりますが、これが現在、米国とヨーロッパの両国の関係で起こっている。

これについては今さら説明する必要はありません。

これらの目標を達成するために、彼らは国際法を、それが何を意味するにせよ「規則に基づく秩序」に置き換えようとしている。これらがどのようなルールなのか、誰が考案したのかは明らかではありません。それはただのくだらないことですが、彼らはこの考えを何百万もの人々の心に植え付けようとしています。

「ルールに従って生きなければなりません」と。

それはどのようなルールなのですか?

そして実際、私に言わせれば、私たちの西側の「同志」、特に米国出身の人々は、これらのルールを恣意的に設定するだけでなく、ルールに従う方法や全体的に他の人がどのように行動するべきかを他の人に教えています。

これらはすべて、あからさまにマナーが悪く、強引な方法で行われ、表現されています。これも植民地精神の現れです。私たちはいつも、「しなければならない」、「義務がある」、「私たちはあなたに真剣に警告している」という言葉を聞きます。

そんなことするその人々は何なのですか?

その人々には他人に警告する権利があるのでしょうか?

これは本当にすごいことです。おそらく、これらすべてを言う人々は、傲慢さを取り除き、その目的と利益を完全に理解している国際社会に対してそのような振る舞いをやめ、この植民地時代の考え方を捨てるべきなのではないでしょうか?

私は時々彼らにこう言いたいです。「目覚めなさい、この時代はとうの昔に過ぎ去り、二度と戻ることはないのです」と。

もっと言いますが、何世紀にもわたって、そのような行為は、大規模な戦争という一つのことの再現につながり、これらの戦争を正当化するためにでっち上げられたさまざまなイデオロギー的および準道徳的な正当化が行われました。

今日、これは特に危険です。ご存知のとおり、人類は地球全体を簡単に破壊する手段を持っており、信じられない規模で継続的な精神操作が現実感覚の喪失につながっています。この悪循環から抜け出す方法を模索する必要があるのは明らかです。

友人や同志の皆さん、これが、皆さんがヴァルダイ・クラブの会場でこれらの重要な問題に対処するためにここに来た理由です。

ロシアの外交政策概念では、我が国は独自の文明国家として特徴付けられています。この文言は、私たちが自国の発展だけでなく、国際秩序の主要原則をどのように理解しているかを明確かつ簡潔に反映しており、それが普及することを望んでいます。

私たちの観点からすると、文明はさまざまな解釈が可能な多面的な概念です。かつては、「文明化された世界」が他の世界のモデルとして機能し、誰もがその基準に従うべきであるという、表面上は植民地時代の解釈がありました。

同意しない人々は、「啓発された」主人の警棒によってこの「文明」に強制的に参加させられることになっていました。先ほども言ったように、こうした時代は今や過去となり、文明に対する私たちの理解はまったく異なります。

まず、多くの文明があり、どれが他の文明より優れているか劣っているということはありません。

各文明は、それぞれの文化、伝統、人々の願望を独自に表現しているため、それらは平等です。たとえば、私の場合、それは私の部下の願望を体現しており、幸運なことに私もその一員であることができています。

文明に基づくアプローチの概念を支持する世界中の優れた思想家たちは、概念としての「文明」の意味について深く熟考してきました。それは多くの要素から構成される複雑な現象です。ここでは適切ではないかもしれませんが、哲学をあまり深く掘り下げることなく、現在の発展に当てはまるように実践的に説明してみましょう。

文明国家の本質的な特徴には多様性と自給自足が含まれており、これらは 2つの重要な要素であると私は確信しています。

今日の世界は画一性を拒否し、各国家と社会は文化と伝統に根ざし、古代と現代の地理と歴史的経験、そして人々が持つ価値観に根ざした独自の発展の道を発展させようと努めています。これは、独特の文明共同体を生み出す複雑な総合です。その強さと進歩は、その多様性と多面性にかかっています。

ロシアは何世紀にもわたって、多様な文化、宗教、民族の国として形作られてきました。ロシア文明は単一の共通点に還元することはできませんが、精神的にも文化的にも豊かな単一の存在として繁栄しているため、分割することもできません。このような国家の団結を維持することは、非常に困難な課題です。

私たちは何世紀にもわたって厳しい課題に直面してきました。私たちは常に、時には多大な犠牲を払いながらもやり遂げてきましたが、そのたびに私たちは将来への教訓を学び、国民の団結とロシア国家の一体性を強化してきました。

私たちが得たこの経験は、今日では本当に貴重なものです。世界はますます多様化しており、その複雑なプロセスはもはや単純な統治方法では処理できないのですが、私たちが言うように、「すべての人を同じ筆で描く」ということを特定の国家が依然としてやろうとしているのです。

これに付け加えなければならない重要なことがあります。

真に効果的で強力な国家システムは、外部から押しつけられるものではありません。それは国や民族の文明的ルーツから自然に成長しており、この点において、ロシアはそれが実際に生活の中で実際にどのように起こるかを示す一例です。

文明に依存することは、現代世界で成功するための必要条件です。残念ながら、今は、その方向性を失った無秩序で危険な世界ですが、ますます多くの国がこの結論に達し、自国の利益とニーズ、機会と限界、自国のアイデンティティと周囲の世界との相互つながりの程度を認識するようになってきています。

私は、人類が、対立するセグメントへの断片化、動機が何であれ新たなブロック間の対立、あるいは新たなグローバリゼーションの魂のない普遍主義に向かっては進んでいないと確信しています。

それどころか、世界は文明国家、大空間、それを認識するコミュニティの相乗効果に向かって進んでいます。

同時に、文明は普遍的な構造ではなく、1つですべてに対応するものではありません。そのようなものは存在しません。

それぞれの文明は異なり、文化的に自給自足しており、イデオロギーの原則や価値観は独自の歴史と伝統に基づいています。自分自身を尊重するということは、当然、他者を尊重することから生まれますが、同時に他者からの尊敬も意味します。

だからこそ、文明は誰にも何も押し付けないが、自分自身に何かを押し付けることも許さないのです。誰もがこのルールに従って生きれば、私たちは国際関係において調和のとれた共存と、誰もが創造的な交流の中で生きていくことができます。

もちろん、文明的な選択を守ることは大きな責任です。それは外部からの侵害への対応であり、他の文明との緊密で建設的な関係の発展であり、そして最も重要なこととして、国内の安定と調和の維持です。私が指摘したように、残念ながら今日の国際環境は不安定で、非常に攻撃的であることは誰でもわかります。

もう 1つ重要なことがあります。誰も自分たちの文明を裏切ってはなりません。これは普遍的な混沌への道です。それは不自然であり、うんざりしたことと言えます。

私たちとしては、あらゆる側面の利益を考慮したソリューションを提供するために常に努力し、努力し続けています。しかし、西側諸国は、合理的な自制、妥協、そしてすべての側に都合のよい結果を達成するという名目で譲歩する意欲などの概念を忘れているようです。

いや、そうではない。彼らは文字通りただ 1つの目標に執着しています。それは、今ここで自分の利益を押し進め、どんな犠牲を払ってでもそれを実行することです。これが彼らの選択であれば、それがどのような結果をもたらすかがわかります。

逆説のように聞こえますが、明日には状況が変わる可能性があり、それが問題です。たとえば、定期的な選挙が国内政治の舞台に変化をもたらす可能性があります。

今日、国はどんな犠牲を払ってでも何かをすることを主張できますが、明日には国内の政治状況が変わる可能性があり、異なる考え、時には反対の考えを押し進めるようになるかもしれません。

顕著な例はイランの核開発です。米国政権は解決策を推し進めたが、後継政権は問題をひっくり返しました。このような状況でどうやって働くことができるのでしょうか?

ガイドラインとは何でしょうか?  私たちは何を信頼できるのでしょうか? 保証はどこにありますか? これは彼らが私たちに伝えている「ルール」なのでしょうか? これはナンセンスで不合理です。

なぜこのようなことが起こっているのでしょうか?

また、なぜ誰もがそれに満足しているように見えるのでしょうか? その答えは、戦略的思考が、国や国家でさえも、後続の影響力のあるグループの短期的な利益に取って代わられたということです。これは、冷戦時代の観点から判断すれば、恐怖と恥をすべて捨て、自分たちは無罪であると考えている政治的エリート集団の信じられないほどの無責任を説明するものです。

文明的アプローチは、国家と国民の基本的で長期的な利益、つまり現在のイデオロギー状況によってではなく、そのアイデアの基礎となる過去の歴史的経験と遺産全体によって決定される利益に基づいているため、これらの傾向に立ち向かうことができます。それにより調和のとれた未来が残ります。

もし誰もがこれに導かれたら、世界の紛争ははるかに少なくなり、紛争を解決するアプローチはより合理的になるだろうと私は確信しています。

なぜなら、私が言ったように、(現在は)すべての文明がお互いを尊重していないことを変えようとしないからです。誰でも自分の概念に基づいています。

今日の会合のためにヴァルダイ・クラブが作成した報告書を興味深く読みました。現在、誰もが未来のビジョンを理解し、想像しようと努力していると書かれています。これは自然であり、特に知識層にとっては理解できることです。

私たちが慣れ親しんだ世界が崩壊しつつある急激な変化の時代において、私たちがどこに向かっているのか、どこに行きたいのかを理解することは非常に重要です。そしてもちろん、未来は今、私たちの目の前だけでなく、私たち自身の手によって創造されています。

当然のことながら、このような大規模で非常に複雑なプロセスが進行中の場合、結果を予測することは困難、または不可能ですらあります。

私たちが何をするにしても、人生は調整を加えます。しかし、いずれにせよ、私たちは自分が何を目指しているのか、何を達成したいのかを実現する必要があります。ロシアではそのような理解があります。

第一に、私たちは、人々のコミュニケーション、創造性の充実、繁栄に人工的な障壁を置こうとする人が誰もいない、オープンで相互につながりのある世界に住みたいと考えています。私たちは障害物のない環境を作り出すよう努める必要があります。

第二に、私たちは世界の多様性が維持され、普遍的な発展の基盤となることを望んでいます。いかなる国や国民に対しても、どのように生きるべきか、どのように感じるべきかを押し付けることは禁止されるべきなのです。真の文化的および文明的多様性だけが、人々の幸福と利益のバランスを保証します。

第三に、ロシアは最大の代表を表します。誰も、他人のために、他人に代わって世界を統治する権利や能力を持っていません。未来の世界は、最も効果的なレベルで、特定の問題の解決に大きく貢献できる真の能力を持つ人々によって集団的な意思決定が行われる世界です。

一人の人間が全員のために決定するわけではありませんし、全員がすべてを決定するわけでもありませんが、この問題またはその問題によって直接影響を受ける人々は、何をすべきか、そしてそれをどのように行うべきかについて合意する必要があります。

第四に、ロシアは、大国から小国に至るまで、あらゆる者の利益の尊重に基づいて築かれた普遍的な安全保障と恒久的な平和を擁護します。重要なことは、国際関係をブロックアプローチや植民地時代と冷戦の遺産から解放することです。

私たちは何十年もの間、安全保障は不可分であり、他の者の安全を犠牲にして一部の者の安全を確保することは不可能であると主張してきました。確かに、この分野での調和は実現可能です。

傲慢さを脇に置き、他人を二流のパートナー、のけ者、野蛮人として見るのをやめる必要があるだけです。

第五に、私たちはすべての人のための正義を支持します。二度言いましたが、搾取の時代は過去になりました。国や人々は自らの利益と能力を明確に認識しており、自らを信頼する用意ができています。そしてこれにより彼らの強さが増します。誰もが今日の世界の恩恵にアクセスできるようにすべきであり、いかなる国や国民に対してもそれを制限しようとする試みは侵略行為とみなされるべきです。

第六に、私たちは平等とすべての国の多様な可能性を支持します。これは完全に客観的な要素です。しかし、同様に客観的な事実は、誰ももう命令を受け入れたり、自分の利益やニーズを誰かに、とりわけ富裕層やより権力のある人に依存させたりすることはないという事実です。

これは国際社会の自然な状態であるだけでなく、人類の歴史的経験全体の真髄でもあります。

これらは私たちが守りたい原則であり、友人や同志全員に参加を呼びかけます。

同志たち!

ロシアは、これまでも、現在も、そしてこれからもこの新しい世界システムの基礎の一つであり、平和と繁栄を求めるあらゆる人々と建設的な交流を行う準備ができていますが、同時に、独裁と暴力の原則を公言する人々に対しては厳しい抵抗をする準備ができています。

私たちは、現実主義と常識が普及し、多極化された世界が確立されると確信しています。

最後に、いつものように基礎的かつ適格な準備をしていただいたフォーラムの主催者に感謝するとともに、この記念会議にご参加いただいた皆様にご注目いただきましたことにも感謝いたします。

どうもありがとうございます。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2023年からの世界, 人類の未来, 人類の覚醒と真実
-

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.