地球最期のニュースと資料

In Deep

「 アメリカ 」 一覧

近代の歴史上初めてとなる「国土全体の停電が6日間以上続いている」ベネズエラのあまりにも奇妙な事象は、これからの地球の何かの予兆的なものなのかどうか

2019年3月8日の英ガーディアンの報道より ・Guardian 現代社会ではあり得ないことが起きている今のベネズエラ 今、南米のベネズエラに、おそらくは、 「近代の文明史上、最悪の大停電」 が起きて ...



アメリカ全土で発生源不明の「悪臭や異臭」の事例が立て続けに発生中。その原因はもしかすると、本格的な変化と関係するものかも…しれない

2019年3月5日の米メディアの記事より ・mysteriousuniverse.org 発生源不明の異臭悪臭に包まれている今のアメリカ 数日前に、冒頭にあります、 「原因不明の不思議な匂いが、世界中 ...

ロシアが構築した「世界終末核装置」。ポセイドンという名のその報復兵器の破壊力は、広島に落とされた原爆の5000倍…

2019年2月11日の米国ビジネス・インサイダーより ・Business Insider 終末兵器の決定版「ポセイドン」 今日、海外の報道を見ていましたら、 「ロシアが構築した海中で作動する終末兵器」 ...



アメリカで何が起きているのか : 全米で「謎の爆発音」と、それに伴う「謎の光のフラッシュ」現象が続く。原因はわからず

謎の閃光と衝撃音についての特集を組んだ米CBSニュースの番組 ・CBS 今年の 1月の終わり頃から、アメリカのかなり広い範囲で、「大きな衝撃音を伴う爆発音と、それと同時に空が光り輝く」という現象が続い ...

西洋社会で次々と合法化されていくドラッグ。そして、オピオイド地獄が「大量死事象」へと発展している地獄そのものの今のアメリカ。その裏にチラ見えするCIAのスレイブ製造計画「MKウルトラ」の成果

2019年2月5日の米サイエンス・アラートより ・sciencealert.com ジャック・アタリ著『未来の歴史の概要』(2006年)より 《麻薬の合法化》 大衆は、不安定で無意味な生活から逃れるた ...



2019年最初の「赤い月」はスーパーブラッドムーン。そしてその皆既月食の血の色はアメリカだけを照らした

2019年1月21日 米アーカンソー州で撮影された皆既月食 ・Kayla Dowdy   スーパー・ブラッド・ムーンの日に思い出すこと 日本ではちょうど今日(1月21日)の日中にあたる時間に ...

「911の真実が公開される可能性」 : アメリカ同時多発テロ事件に関連する膨大な量の機密文書がハッカーによって盗難され、ビットコインで身代金を払わなければ公開すると企業を脅迫

2019年1月1日の米国ゼロヘッジより ・zerohedge.com 2018年から2019年へ移行する中で起きたこと 2018年の大晦日、アメリカで「 2019年の雰囲気を彷彿させる出来事」が起きま ...



ジ・エンド・オブ… : アメリカの若者たちにのしかかる「絶望の米国社会システム」。しかしそれは日本も同じだということもまたわかっていて

・fortune.com   先日、アメリカでの薬物危機が制御不能なところにまで来ているということを以下の記事で取りあげさせていただきました。 「地獄の完成」 : アメリカ人の薬物での死者数 ...

「地獄の完成」 : アメリカ人の薬物での死者数の増加は究極的な段階に。その中でアメリカ当局は「モルヒネの1000倍強力な鎮痛剤」を承認するという地獄の上塗りも

12月2日の米国ゼロヘッジの記事より ・zerohedge.com 11月4日の米NBCニュースの報道より ・FDA OK painkiller 1,000 times more powerful t ...



高血圧の基準が140/90から130/80に下げられることに。このアメリカの新ガイドラインに欧州の医学界は「無意味」と反論するも、何となく日本でも浸透しそうな

11月27日の医学メディアの報道より ・No benefits from new U.S. blood pressure guidelines, according to study いわゆる「高血圧 ...

全部が「まっぷたつ」になる寸前の世界で : 感染症のように伝染していく対立と分裂の中で、人々はどこまで割れていくのだろう

11月18日の報道より ・eastasiaforum.org 新約聖書「マタイによる福音書」 24章 06節 民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。 しかし、これらはすべて産 ...



そこで何かが進行しているのか? : アメリカのサンアンドレアス断層上で「1日に39回連続した地震」が発生。同時に「断層上を移動するシンクホール」という不思議な事象が出現中

・theeconomiccollapseblog.com   今年 2018年は、このブログを始めてからのどの年よりも「サンアンドレアス断層とカスケード沈み込み帯」での地質的な事象が多い年で ...

「いつ死ぬかの予測」が現実化する : 私たちの遺伝子に「死期を示す、エピジェネティクス的な《寿命の時計》が存在する」ことが判明

医療機関や保険企業から「寿命を宣言される時代」が来る可能性も 米マサチューセッツ工科大学のテクノロジー・レビューより ・MIT Technology Review   今回は、アメリカのマサ ...



アメリカの子どもの間で大流行しており、そして日本でも拡大する可能性のある「全身が麻痺したままとなる原因不明の急性疾患」。その背後にあるものは

原因不明の疾患のアメリカでの拡大を伝える報道 ・Cases of rare polio-like illness affecting children reported in 16 states 今か ...

太陽観測施設「アメリカ国立太陽観測所」が、理由不明のまま突然の謎の閉鎖に。同時に周辺地域にFBIから「退避命令」も発令。それに対して広がる様々な憶測

アメリカ国立太陽観測所の「謎の閉鎖」について報じる9月11日の報道 ・ABC7 KVIA Sponsored Link   何が起きているのか想像さえできないFBI絡みのミステリアス事象 さ ...



9.11同時多発テロで対応にあたった警官や消防士たちが「ガンなどの疾患で今に至るまでずっと3日に1人の割合で死亡している」という事実から思い出すアメリカと核計画

9月3日の米国メディア記事より ・Gov’t Said the Air Was Safe, Now Thousands of 9/11 First Responders Have Cancer Spo ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.