地球最期のニュースと資料

In Deep

「 キリスト教 」 一覧

バチカンと少女失踪の関係が調査される中で、教皇庁施設から「身元が特定できない多数の人間の骨」が無造作に放置されているのが発見され、いろいろな曝露はさらに進みそうな気配に

2019年7月19日のカトリック系の報道メディアより ・Catholic News Agency バチカンをめぐる「異様な事象の曝露」はまだまだ続く 最近、またバチカン(ローマ教皇庁)が、報道によく登 ...



スリランカの爆破テロとノートルダム大聖堂の火災とキリスト教の受難が続く中でも、西側諸国は「誰も宗教という言葉を口にしない」理由

2019年4月21日の米ニューヨークタイムズより ・Sri Lanka Bomb Attacks Targeting Christians Kill Hundreds 世界のキリスト教徒の状況を報告す ...

ユダヤ教の最重要祭事「過ぎ越し」と、キリスト教の最重要祭事「復活祭」が重なった日に : 南アでは教会の崩壊で13名が死亡。パキスタンではキリスト教会が爆破されて150人以上が死亡。あるいは…

2019年4月20日のアフリカ・ニュースより ・Africa News   黙示録的といえる1日の背後には 冒頭のニュースは、南アフリカにある「教会」の建物が崩壊して、中にいたうちの 13名 ...



パリ検察庁がノートルダム大聖堂の火災に対して「鎮火のはるか前に放火ではないと断定」した理由。バチカンやヨーロッパ当局は一体何を恐れているのだろう

ノートルダム大聖堂が焼失した2日後のアメリカのニュースより ・Hal Turner Radio Show ノートルダム大聖堂の火災のすぐ後、米ニューヨークの主要な観光地の一つとなっている「セント・パト ...

世界中での「聖母マリアの受難」が示す21世紀という今の時代

2019年4月10日 米ボストンの教会で破壊され赤いペンキをかけられた聖母マリア像 ・Dorchester Post   2018年のフランスでの教会への攻撃件数は「1062件」だった 先日 ...



フランス全土でキリスト教会への攻撃と悪魔的冒瀆が連続して発生し続けている中、意味が「聖母マリア」であるノートルダム大聖堂が焼け落ちる

フランスでカトリック教会への「攻撃」が続いていることを報じる米ニューズウィークの記事 ・Newsweek   今のフランスでは、毎日のように、礼拝所と十字架が破壊され冒瀆され、聖餐のパンがゴ ...

カトリック司教が「レイキ治療は悪魔の道への扉だ」とレイキを悪魔払いの対象とした出来事を見て思う「完全に本来の意図から逸脱したキリスト教」という存在

10月10日のアイルランドの報道より ・independent.ie   今日は体調が今ひとつです。寒気などもしまして、もしかすると、ずいぶんと引いていないカニを引いたのかも……ああ違う、風 ...



「聖書が集めて焼かれ、7000以上の十字架が破壊され…」 : 中国政府によるキリスト教への弾圧が極大化する中で「終末の日のクリスチャンへの迫害が始まった」と語る西洋の信徒たち

中国政府のキリスト教への弾圧を報じる9月10日の米FOXニュース ・foxnews.com Sponsored Link   最近の欧米のいくつかの報道などで、現在、中国で「異常なほど、キリ ...

メジャーメディアを巻き込み繰り広げられ続ける終末陰謀論者と正統派キリスト教徒の「この世の終わり」を巡る聖戦。次の終末は4月23日

4月11日の米国クリスチャン・トゥディの記事より ・christianitytoday.com Sponsored Link   世界はいつも終わっている 昨年、以下のような記事を書いたこと ...



ポケモンGOをめぐる宗教的、陰謀的、社会的な熱狂とカオスから、フェイク予言者クリズウェルが語った「人類の未来」を思い出す

2016年7月21日のデンマークのメディアより ・dr.dk   クリズウェルを思い出させる最近のこの世の光景 本日 2016年7月22日、先日の「非リアルのリアルへの介入…」という記事で少 ...

多くの人々が「永遠の天国」と「永遠の地獄」を信じているアメリカ人たちの未来

米国シンクタンク「ピュー研究所」のニュースリリースより ・Pew Research Center 前回の記事、 ・アメリカ人たちの憂鬱 : エイリアン大統領候補 vs ゾンビ大統領候補の中で浮かび上が ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.