In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 ジカウイルス 」 一覧

ブラジルで進行しているいくつかのこと : 致死率20%超の豚インフルエンザ。ブラジル史上最大の2兆円破綻……。数ある懸念の中でオリンピックは近づく

・Brazil Not Prepared for Olympics 離脱ブームの中で 今日はね(もういいっつーの)、イギリスの EU からの離脱に関しての住民投票で離脱派が勝利したことで、市場はムチャ …

「複合パンデミック」の予兆:ジカウイルスに続き、WHOが黄熱病の世界的流行に対しての緊急事態宣言を検討中

・The Week 写真のザ・ウィークの報道タイトルは「次のパンデミック」の意味。この記事によれば、「近現代人類史の中の最悪の大量死事象」は、すべて感染症によるものだったとあり、それは、スペイン風邪、 …

アメリカがジカの脅威に直面しつつある中、デンバーの街中に次々と浮かび上がる「ピンクの赤ちゃん」。そして、そのデンバーにある国際空港の中の「死の象徴」

デンバーの街のあちこちの壁に赤ちゃんの顔が出現し続けていることを報じる米国UPIの報道 ・UPI 昨日、ニュースを見ていたときに、「変なニュース」を見かけました。それが上の「ピンク色の顔の赤ちゃんの顔 …

ジカ戦争:ジカウイルスは変異し続けている? そして、軍事的目的でウイルスが使用される可能性に言及するロシア

アメリカ軍が2012年に開発したメカの「蚊」 ・Secret Insect Spy Drones 南米から始まり、次第に世界的な規模の拡大を見せているジカウイルスですが、これが懸念されるのは、妊娠した …

あらかじめ予定されていたかもしれない十の災い : 69年前から「オンライン販売されていたジカウイルス」

米国の生物資源バンク「ATCC」でオンライン販売されているジカウイルス ・ATCC [関連記事] ・2016年の十の災い(1):米国、そして欧州と全世界に拡大しつつあるジカウイルスが蚊だけではなく「性 …

前年より「数十倍」の規模で押し寄せる難民の人々。そして、突如として始まったヨーロッパの異常な暖冬とWHOの緊急事態宣言が示唆する「近い未来」

ギリシャのレスボス島に到着し安堵の表情を見せる難民の人たち ・Daily Mail   待ち受けるヨーロッパの人たち(上:英国 / 下:スロバキア) ・mashable   ・AF …

2016年の十の災い(2): イナゴで農作の壊滅がささやかれるアルゼンチンの状況などから振り返る「現代に繰り返されるそれらの厄災」

  昨日の、 ・2016年の十の災い(1):米国、そして欧州と全世界に拡大しつつあるジカウイルスが蚊だけではなく「性行為で感染する可能性」に感じる憂鬱  2016/01/27 という記事を書 …

2016年の十の災い(1):米国、そして欧州と全世界に拡大しつつあるジカウイルスが蚊だけではなく「性行為で感染する可能性」に感じる憂鬱

今回は、下の3つの報道をそれぞれご紹介します。 見出しだけでも、どのようなものかはおわかりになるかと思います。 2016年1月27日のロシア・トゥディより ・Zika virus spreading …

世界も個人的にも波乱含みの2016年の年初:売却禁止の期限があと3日となった中国株、アメリカに近づくジカウイルス。そして、私は療養の準備中

2015年12月30日にベラルーシのミンスクに出現した光柱 ・tech.onliner   年末は各地でいろいろな「光の現象」が起きていたようで、上の写真はベラルーシの首都ミンスクに昨年 1 …

「クリスマス・カオス」:広大な地域に気象による非常事態宣言が出され続けるアメリカ、黙示録的な大洪水に見舞われつづけるイギリスと南米

12月28日の英国ガーディアンの報道より ・Gurdian   自然災害による非常事態宣言が次々と発令される年末のアメリカ この年末にきて、世界中の気候がなんだかムチャクチャな様相を呈してき …

世界に広がるかもしれない「誰も妊娠してはいけない」状態 : 赤ちゃんに影響を及ぼすジカウイルスでのブラジル非常事態宣言から思う来年

2015年12月24日の米国報道より ・Daily Beast   クリスマスイブの報道の衝撃 クリスマスイヴの日に、上のような衝撃的なタイトルの報道を目にしたのですが、少し調べると、これは …