「 中国 」 一覧

歴史上最悪の食糧危機の「最期のトリガー」を引くのは「中国」。それが故意か故意ではないかは別として

ひ   新たに承認されたコロナワクチンの成分からさえも漂う食糧危機 メルマガの号外で、4月19日に日本で 4例目に承認された米ノババックスのコロナワクチン(販売名「ヌバキソビッド筋注」)の「 ...



中国のロックダウンは「第三次世界大戦の延長」かと。目的は「西側の食糧、エネルギー供給と流通システムの混乱による経済の崩壊」

  数字から見る上海ロックダウンの架空性 現在、中国で非常に厳格なロックダウンが行われていますが、その規模は、野村ホールディングス傘下の香港の企業調査によれば、以下のようになっています。 & ...

「中国はこのオリンピックを通じて別の出血熱ウイルスを展開した」 : パンデミック初期に新型コロナがラボで作成されたと論文発表した後にアメリカに逃亡した中国人女性科学者の発言に世界がショックの渦中

2022/02/15    , ,

theglobeandmail.com コロナ人工説を超えて 思えば、2年以上前、まだ日本国内ではコロナの感染が基本的に起きていなかった頃ですが、コロナに向けられた焦点のひとつに、 「それが自然発生か ...



中国での本当のコロナ死者数は何人なのか。アメリカの研究は、実際の死者数は政府発表の366倍(17000%)であると結論する

2022/01/17    , ,

  17000% アメリカのエポックタイムズが、以下のようなタイトルの記事を出していました。 「中国の真のコロナ死者数は公式の数字より366倍高いとアナリストは言う」   上の「 ...

結局スパイクタンパク質を用いる治療・予防薬は開発中の国産を含めて「すべて」良くないのかもしれないと、中国での後遺症らきしものの報道を見て思う

  中国で実際に起きていることはわからないながらも 今日、日本の報道というか記事で、以下のようなタイトルのものを見ました。書かれたのは、中央大学 政策文化総合研究所客員研究員の北村 豊さんと ...



第三相試験が始まる「中国製 mRNA ワクチン」…。これもまた ADE を起こさないものである模様。パンデミックが終わった国と、これから始まる国の差はおそらく広がるばかり

コロナ制圧の業績での中国「人民英雄」国家栄誉称号の授賞に臨むチェン・ウェイ少将。 新華社 RBD特化を貫く いやまあ、前回以下のような記事を書いたんですね。それで今回は、「昨日の今日」という感じのお話 ...

中国ワクチンは、スパイクタンパク質の中和抗体部位の標的に特化した「ADE(抗体依存性増強)を引き起こさないもの」であることを今にして知る…。積み重なる「やられた感」…

ああ……生物戦かあ…… 今日、ちょっとショックなことを知りましてね……。 もともとは、コロナワクチン(ファイザー社)の世界で最速最大の接種を進めていたイスラエルの感染状況が悪くなっていると共に、 「ワ ...



厚生労働省発表の「コロナワクチンが原因の日本の死亡者はゼロ」の資料を見て思う「戦時下感」。そして、中国軍の生物兵器開発の公式資料に思うその現実感

2021/07/06    , ,

  「コロナワクチンが原因で亡くなった人は一人もいません」 厚生労働省のウェブサイトでは、定期的にコロナワクチンの「副反応疑いの報告」というものを掲載しています。 その会の正式名称は、当事者 ...

米中生物戦争はこのように始まっていた……のかもしれない。トジナメランとコミナティ筋注という名のmRNAワクチンの周辺を見ながら想像する

「ワクチンがお守り下さる」と落書きされたブラジル、コルコバードのキリスト像。ifesitenews.com   トジナメラン? コミナティ筋注? タイトルの中に「トジナメラン」とか「コミナテ ...



中国政府が武漢ウイルス研究所でのコロナウイルスの感染実験を含むデータと論文300以上を完全に消去し、もはや閲覧できない状態に。そして1年前を思い出す

gosanangelo.com   武漢というキーワードが出現してから1年 1975年に発売され大ヒットした都はるみさんの「北の宿から」には、 ♪あなた変わりはないですか  日ごと寒さがつの ...

中国の国家は疲弊しきっているけれど、市民による「死者への崇拝の祭事」は平年通りにおこなわれていることに軽いショックを受けて

9月2日 中国武漢で行われた年に一度死者を崇拝する「鬼节 (幽霊節)」の行事 ・NTD   疲弊する国で 中国語メディアを見ていましたら、複数の報道で、9月3日に北京で行われた「抗日戦争勝利 ...



イナゴの大群がアメリカに向かっている

・1874年 数兆匹のイナゴの襲来を受けたアメリカ timeline.com   150年ぶりの「十の災い」は防げるか イナゴ(主にサバクトビバッタ)の被害が世界的に拡大して久しいですが、最 ...

中国の洪水 :三峡ダムと繋がる中国最大の淡水湖が決壊し、もはや被害規模が把握不能の史上最悪級の事象に。そしてその地には世界最大の人工降雨装置があり…

・7月10日 冠水した武漢の公園でマスクをつけて遊ぶ少女。bloomberg.com   三峡ダムにつながる巨大な淡水湖が次々と過去最高水位に 中国で少なくとも過去 100年程度の中では、最 ...



庚子年の中国の今 : 降り止まない雨による歴史的な洪水、各地で発生し続けるイナゴ、そして、もしかすると風前の灯火かもしれない三峡ダム

7月8日 中国江西省上饒市。洪水で流される家屋 ・Bright Future   混乱と近い60年に1度の年に 現在の中国の混乱は・・・というか、まあ、混乱は中国だけの問題ではなく、何となく ...

またも中国から…。パンデミックの可能性を持つ新型のH1N1豚インフルエンザ株が確認される

中国で発見された新型豚インフルエンザ「G4」の電子顕微鏡写真 ・A New Swine Flu Strain With 'Pandemic Potential' Has Been Identified ...



中国南部で続く史上最悪の大洪水の中、数億人に影響を与える可能性のある「三峡ダムの決壊」は起きてしまうのか?

・6月23日。史上最悪の洪水に見舞われている重慶市。NTD   近代史上最大の災害になると言われる懸案が浮上 中国南部で観測史上最大レベルの豪雨が続いていまして、中国語の報道によりますと、中 ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.