「 寒冷化 」 一覧

エネルギー危機が今後「経験したことのない過剰死」に直結する予測が。これがジェノサイドの次章となる可能性も

  ただでさえ低下し続ける免疫を持つ社会に襲いかかる寒波の中で この冬は、食糧の問題も国や地域によっては強く発生するようには思いますが、何より「エネルギー」の問題がかなり大きくなりそうで、仮 ...



人類史で最大だったインドネシア・トバ火山の巨大噴火の後、地球は長い寒冷期に「入ってはいなかった」。火山の冬という概念は地球には存在しない

・iflscience.com   人類が絶滅の危機を迎えたトバ・カタストロフ理論はなかった 最近はとても火山の噴火が多く、今後もさらに巨大な火山の噴火が発生する可能性が考えられていますが、 ...

米ハーバード大学による「高層大気に大量の微粒子を噴霧し、太陽を暗くする」という狂気の実験が、ビル・ゲイツ財団からの莫大な資金提供の中でついに始まる

2019年8月3日の米ゼロヘッジより ・zerohedge.com 史上最大の気象介入実験がもうじき始まる段階に アメリカで「地球を寒冷化に導くための空中エアロゾル散布プログラム」が、名門ハーバード大 ...



全世界に「極端な夏の寒波」が到来。そして、アメリカ海洋大気庁の予測からは、秋からの日本はさらに平年より寒くなっていく可能性が浮上

世界中に広がる「夏の寒波」を報じる海外メディア ・electroverse.net   全世界を覆いつつある異様な寒気 少し前、以下の記事で、ヨーロッパの気温が「熱波から一転して、記録的な寒 ...

アメリカのイエローストーンが過去と同じ規模の噴火を起こした場合、「地球上で50億人が死亡する」とポーランドの地質学者が警告

20世紀最大の噴火である1991年のピナトゥボ山の噴火 ・The June 12, 1991 eruption column from Mount Pinatubo (※)このピナトゥボ火山の噴火も激 ...



ミニ氷河期のささやかな予兆? 4月の終わりに世界各地で大雪。米国シカゴでは観測史上の記録を作る

シカゴの記録的な春の雪を伝える2019年4月28日の英国デイリーメールより ・dailymail.co.uk 4月の終わりのスペインの雪を伝える欧州気象サイト ・skymetweather.com & ...

本格的にミニ氷河期の予兆が地球各地に出現する中で、世界中に広がる「気候変動は国連による陰謀」だという主張

2019年2月23日時点の北極の海氷面積の過去の年との比較 ・NSIDC 予兆 以前は、北極や南極などの氷の量の推移のデータをよく見ていたのですけれど、最近はあまり見ていませんでした。 数日前、米国の ...



世界各地の異様に早い大雪と大凍結の到来の状況に「ミニ氷河期が近づく足音」をほんの少し感じる今

観測史上初めて10月に雪が降ったと思われるモロッコについての報道 ・fr.le360.ma   ウォーキングというような立派なものではなく、単なる散歩として毎朝 1時間くらい歩くことは数年前 ...

NOAA(アメリカ海洋大気庁)の全地球気温図での「奇妙なデータの欠落」を修復してみてわかる「陸地の寒冷化の進行」と「海水温度のさらなる異常」

米国「アメリカ海洋大気庁」(以下、NOAA)は、毎月、その前月の地球の気温や気象に関する多くのデータを提供してくれています。 それは地球の気象の状況を知る上でとても役に立ち、利用できることに感謝させて ...



地球の気流がさらに崩壊中 : 北極上空の大気「極渦」が真っ二つに分断して北半球上空を進行中という異常事態が発生。日本への影響は不明

ジェット気流の崩壊(2016年)、準2年周期振動の崩壊(2015年)に続き、地球を寒冷化に導いている極渦もカオスの仲間入り   2018年2月15日の米国ウェザーチャンネルより ・weath ...

温暖化の最大の原因だと考えられていたメタンの海底からの噴出が「強力な寒冷化」と関係するという衝撃的な調査結果が発表される。……ということは「メタンの海底大爆発が近い」とされる現在から未来はどうなる?

・Scientists Found A ‘Totally Unexpected’ Source Of Climate Cooling Sponsored Link   国際科学者チームが北極 ...



北極で何かが起きている : 夏なのに北極海の氷面積が急激に増加に転じ、ニューファンドランド島には突如として「氷河」が誕生。そして、太陽活動はさらに低下を継続中

  ・Science Matters   北極を中心として、奇妙なことが起きています。 今は、地球の北半球は季節としては夏に向かう時ですので、北半球の極である北極も夏に向かいます。 ...

太陽黒点数が「0」となった2016年6月からの世界は

活動を縮小させている太陽ですが、2016年6月3日、ついに黒点が太陽の表面から完全に消えました。 2016年6月3日の太陽 ・Spaceweather   少しずつ減ってはいたのですが、6月 ...



2016年2月に激増を見せている世界の火山噴火から、6世紀の地球を巻き込んだ「過去2000年で最大の気候変動」が招いた小氷河期による社会変動と「これからの世界」の関係を改めて振り返ってみる

・125-year mini ice age linked to the plague and fall of empires   ディヴィッド・キース『西暦 535年の大噴火』より 資料、 ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.