「 崩壊 」 一覧

どのみち「2020年に世界は壊れる」ことを企業トップたちは予測していた。2020年1月だけで219人の米国のCEOが突然の辞任。2019年にも米国史上最大となる1480人のCEOが辞任していた

・新型ウイルスによる死者数が最も多くなったイタリアに、今からほぼ 1年前に出現した光。indeep.jp   パニックは進む 昨日、「東京都で週末の外出の自粛を要請」という報道に続いて、本日 ...



絶滅へと進む私たち : 英国の大規模研究で、カリブ海のサンゴ礁はあと15年で、アマゾンの熱帯雨林の生態系はあと50年で「消滅」する可能性があることを発表。そして、中国共産党の「特撮」にも酔う

・canberratimes.com.au   新型コロナウイルスは、WHO により、あまり意味がありそうもないパンデミック宣言がなされましたが、混乱は拡大しています。 今回は、直接、新型コ ...

「中国の崩壊」に備える

2002年に中国貴州で発見された2億7千万年前の石。文字のように見えるものは自然現象と結論 ・Epoch Times   現代史上で最大のカオスとは 先日、以下の記事で、中国の北京に本拠を置 ...



福祉国家スウェーデンの福祉が崩壊するとき

・politicalbullpen.com   崩壊の局面にあるスウェーデンの福祉構造 スウェーデンといえば、非常に高い「福祉」が設定されている国として著名であり、年金や教育、各種福祉が充実 ...

来たるべくリーマンショック以上のクラッシュ後の世の中は… : 世界中のスーパーリッチたちが「2020年の株式市場の劇的な崩壊」への準備を進めている

・ZeroHedge   このバブルの結末は 世の中の景気が良いというようには、どうも見えないのですが、世界の株式市場は、大変なバブルの渦中で、以下のような報道にありますように、アメリカは史 ...



医療費の支払いでの破産が全体の60パーセントを超える「アメリカの地獄の病院システム」を見て、健康保険制度が破綻した後の日本を想像する

2019年9月10日の米国「エンド・オブ・ジ・アメリカンドリーム」より ・endoftheamericandream.com   二時間の点滴で60万円以上が請求されるアメリカの現実 アメリ ...

終焉に近づくビッグバン理論 : 「145億年前の惑星の存在」と「2つ存在する宇宙の年齢」という矛盾を理論で打破できない科学界が再考するフレッド・ホイル博士の主張

天文学上の発表に関しての2019年8月4日の報道より ・The Nation UAE 計算的な矛盾が増し続ける現代宇宙モデル 今日、ビッグバン理論についての英語の記事があり、それを見ていましたら、記事 ...



いったい何が世界中のミツバチを殺している? ロシア、アメリカ、ヨーロッパ … 全世界でミツバチの黙示録的な大量死と大量消失の拡大が止まらない

昨年ネオニコチノイド系農薬をすべて禁止にしたフランスもミツバチの状況は変わらず ・france24.com   世界中で進行するミツバチの「大消失」 ・nuscimag.com ミツバチの大 ...

「地球の磁場の急速な崩壊」と「北極の移動の超加速」が止まらない。地球の磁場と磁極のポールシフトを巡る状況はすでに緊急事態の渦中なのかもしれない

米国メディアの「地球の磁場の急激な弱体化」の記事をまとめた米記事より ・The Economic Collapse   強烈な加速度で進行する地球の磁場の崩壊   最近、アメリカの ...



地球の大気の流れに何が起きているのか : 北半球の「風力」が過去40年間で最大70パーセント近くも「弱くなっている」ことが中国科学院の大規模調査で判明

中国科学院の研究を報じるロシアのメディア ・mirvokrug 本日、メルマガの第21号を発行させていただきました。タイトルは「パニック障害や、あらゆる心の不調や苦悩を治癒する方法の根幹」というもので ...

かつて地球に「250年間の寒冷化」をもたらした原因となった「大西洋の海流の崩壊」が正式に確認され、少なくとも欧州と北米は、いつミニ氷河期に突入しても不思議ではない状態に

11月30日の米国ゼロヘッジの記事より ・Scientists: Weak Ocean Circulation Could Signify Incoming Mini Ice Age   昨 ...



中国で投資用に購入されたマンション「5000万戸数」が空室となっている。これが中国の争乱と、リーマンショックどころではない世界経済崩壊への「時限爆弾」だと人々は言う

11月9日のブルームバーグの記事 ・A Fifth of China’s Homes Are Empty. That’s 50 Million Apartments   アメリカのブルームバ ...

アメリカで混乱を引き起こしている「鳥たちの衝突」に「地球磁場の崩壊が進行している」ことを思いつつ、そして、虫も鳥もクジラもいなくなるこの世を考える

米国ミネソタ州での鳥の衝突を報じるCNN ・CNN 本日 10月12日に、In Deep メルマガの第8号を発行させていただきました。タイトルは「《数に支配される》過去2000年の人類史は、うお座の時 ...



「ノンカロリーのダイエットドリンクを飲めば飲むほど肥満が進むメカニズム」:人工甘味料は肥満抑制物質GLP-1と、各種の肥満抑制腸内細菌を殺す

腸内細菌群と肥満の関係についての科学記事より ・rdmag.com   肥満が伝染病のように現代社会に、たった数十年で広がった理由 先日、低カロリーやノンカロリーの甘味料が「腸内細菌のバラン ...

地球の上層大気層「熱圏」が異常な寒冷化により、さらなる「崩壊」の傾向を見せていることをNASAが確認。過去に例のないこの大規模な異変は何を引き起こす?

9月28日のスペースウェザーより ・The Chill of Solar Minimum   聞き慣れないかもしれないですが、熱圏というものがあります。 あ違った。熱圏です。 この熱圏という ...



[特報]ダーウィンの進化論が崩壊 : かつてない大規模な生物種の遺伝子検査により「ヒトを含む地球の生物種の90%以上は、地上に現れたのがこの20万年以内」だと結論される。つまり、ほぼすべての生物は「進化してきていない」

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.