地球最期のニュースと資料

In Deep

「 未来の地球 」 一覧

地球の植物は、予測されていたより「500倍の速度で絶滅し続けて」いる。そのような大量絶滅局面の中で「人間の最大の共生者としての植物」を振り返る

2019年6月11日の科学メディア「ライブサイエンス」より ・livescience.com   人類の最大の共生者である植物は今 今はいろいろな生物が絶滅していっていまして、昆虫も両生類も ...



史上初めてとなる「過去400年間のエルニーニョ現象の状況」を調査する研究で、エルニーニョはほんの過去十数年で頻度も強さも急激に上昇していたことが判明

2019年5月7日の米メディア「ザ・カンバセーション」より ・The Conversation   エルニーニョは21世紀直前の十数年間に信じられないほど激しくなった 昨日(5月7日)、科学 ...

プラスチック・カタストロフの世界で、イスラエルの科学者が「微生物の働きにより2ヶ月ほどで生分解されるプラスチック」の発明に成功

2019年1月18日の米メディアの記事より ・forward.com   スーパーマーケットで学ぶ「カタストロフの世界」 私は、若い頃から「スーパーに行くのがとても好き」という人間で、毎日一 ...



「若者がアルコールから離れたのは《遺伝子上の進化》の可能性が浮上」:世界中の人類の中に「忽然と」アルコールを拒絶する遺伝子が出現していることが米国の研究者たちにより見出される

2018年2月21日の英国インディペンデントの記事より ・independent.co.uk Sponsored Link   最近「体がアルコール代謝を拒否している」ことに気づいた時に偶然 ...

太陽活動はさらに沈静化し、世界中でミニ氷河期的状況の拡大が進む中で、「太陽の変動が地球の気候に与える影響について」のアメリカ国家レベルの大会議の記録を読む

12月16日 前例のない降雪量(3m)に埋もれるドイツ・ブロッケン ・Keraunos‏ 12月15日 韓国最大の河川が異常に早く凍結したことを報じるニュース ・KBS NEWS Sponsored ...



太陽が暗くなってきている

・NASA 思えば、あと2週間ほどで今年も終わるということに今日気づきまして、何というあっという間の1年だったのだろうと驚きます。 今回の記事は、今にして初めて知ったことについて簡単にご紹介させていた ...

ノア級の洪水の原因…? : 「南極の氷床がイエローストーン級巨大火山の熱によって内側から溶かされている」とNASAが発表。なお、南極の氷が全部溶けた場合、世界の海水面は今より60メートル上昇

南極の氷床の崩壊に気温は関係ないことがわかり、そして「南極の氷はいつでも全溶解する」可能性が浮上 2017年11月10日のロシアRTの報道より ・'This is crazy': Antarctic ...



「人間がいなくなった地球に起きること」:もしかすると繰り返されているかもしれない新しい地球の誕生

  YouTube に、先月アップロードされて以来、500万回以上視聴されている動画に、「人類が消えたら、何が起きるのだろう ( What Would Happen If Humans Di ...

人工知能が「悪魔に変わった時」に彼らは地球と人類に何をするのか、あるいは何もしないのか

科学系メディア「ニューサイエンティスト」の記事より ・New Scientist   少し前の記事、 ・イギリス政府機関の推計資料 : これからの地球は「億単位」の人命の消滅と共に、文明に対 ...



世界で再び始まった「鳥の大量死」の連続から思い至ったこと。それは、「現在の異常な動物の大量死は自分たちの現在と未来を見ている」に過ぎないということ

アメリカの「国鳥」ハクトウワシ13羽がメリーランド州で謎の集団死 ・13 Bald Eagles Died in Mysterious Incident   また鳥が落ち始める日 10日くら ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.