地球最期のニュースと資料

In Deep

「 腸内環境 」 一覧

自殺の多くは腸内環境の改善で防ぐことができる可能性

うつ病発症をコントロールする2種類の腸内細菌が特定された ・smithsonianmag.com   自殺率においての圧倒的な男性の多さ 世界中のさまざまなデータをグラフ化して紹介してくれる ...



原因不明とされてきたパーキンソン病の発症の原因が「抗生物質による腸内環境の破壊」である可能性がフィンランドの研究で判明

・news18.com   パーキンソン病もまた腸内環境の変化で発症している可能性 これまで、「抗生物質によって引き起こされている可能性がある疾患」については、いくつかご紹介したことがありま ...

抗ガン剤は「腸内細菌環境を破壊」し、「脳に炎症を起こす」ことが米国の大学での研究で初めて判明。これが化学療法のすべての副作用のメカニズムである可能性

米オハイオ州立大学の研究で使われた抗ガン剤「パクリタキセル」 ・Paclitaxel   抗ガン剤で副作用が出る当然過ぎるメカニズムが判明 抗ガン剤については、「副作用があって当然」というよ ...



胃潰瘍や逆流性食道炎に幅広く処方される胃薬「プロトンポンプ阻害剤」は胃ガンのリスクを最大で8倍にまで上昇させる可能性。そして腸内細菌環境を破壊する示唆も

・sciencealert.com プロトンポンプ阻害剤「タケプロン」の効用説明より タケプロンは国内で2番目のプロトンポンプ阻害薬(PPI)です。この系統は、他のどの薬よりも、強力に胃酸の分泌をおさ ...

「盲腸は腸内細菌環境を保護する重要な器官である可能性」が臓器進化の観点から示される。さらに、虫垂を切除した人はパーキンソン病の発症率が著しく高いことが大規模な調査で判明

私たちの体に不要なものはひとつもない可能性がさらに高まる 2017年1月の米タイムの記事より ・TIME   虫垂は腸内細菌環境を守る最前線だった 今日、アメリカの医学系メディアを見ていまし ...



「子どもに抗生物質を使ってはいけない」 : デンマークで行われた世界最大規模の調査により、幼少時の抗生物質の使用は若年時の精神疾患と強く関係することが明確に

2019年2月22日の米メディア「カンバセーション」より ・How childhood infections and antibiotics may increase risks of mental ...

狂気じみていた2018年から、確定的なカオスの時代の2019年へ

ロシア・ダゲスタン共和国のマハチカラで撮影された光柱 ・David de Zabedrosky   街の風景からお正月らしさはどんどん消えていっていますけれど、それでも 12月31日というの ...



アーユルヴェーダの重要ハーブ「トリファラ」を3ヵ月飲んで良かったですので、医学論文を検索してみると、腸内環境改善、ダイエット、ガンの予防といろいろと

トリファラの自らの体験と学術論文をご紹介します アメリカ国立衛生研究所内の国立医学図書館データベースより ・NCBI トリファラの原料の三種類のハーブ(アマラキ、ビビタキ、ハリタキ) ・banyanb ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.