[皆様へ]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないため、直接ブックマークしていただければ幸いです。以下ではキーワードでの記事検索ができます。なお、すべての記事の転載や引用は全部OKです。

2022年からの世界 人類の未来 人類の覚醒と真実 日本の未来 軍事的カオス

ノルドストリームへの攻撃の周辺で起きていること。そしてどうやら「北から来る」模様

投稿日:




 

ノルドストリーム事案は「破壊工作」だと各国で一致。しかし誰が?

前回の記事を書いている途中で、ロシアからの天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」で原因不明の破損とガスの流出が起きていることを知りました。

その時点では、原因はわかっていなかったのですが、今日になり、以下のように報じられていました。ロイターの報道です。太字はこちらでしています。

ノルドストリームガス漏れ、破壊工作か 欧州が原因究明急ぐ

ロイター 2022/09/28

ロシアから欧州に天然ガスを送る海底パイプライン「ノルドストリーム1」と「ノルドストリーム2」で発見されたガス漏れについて、ドイツ、デンマーク、スウェーデンは27日、破壊された可能性に言及した。ただ、不明な点が多く、欧州は原因究明を急いでいる。

ドイツのハーベック経済相は、ガス漏れはガス管を狙った攻撃によるもので自然現象や消耗が原因ではないことは確かだと述べた。

デンマークのフレデリクセン首相とスウェーデンのアンデション首相は意図的な行為によるもので、恐らく破壊工作との認識を示した。ポーランドのモラウィエツキ首相は、証拠を示さずに破壊工作と断言した

ロシアはウクライナ侵攻を巡る西側諸国の制裁に反発し、ノルドストリーム経由のガス輸出を削減してきた。両パイプラインは現在稼働していないが、冬が到来する前にノルドストリーム1が欧州へのガス供給を再開するとの期待は失われるとみられる。

ロシアも破壊工作の可能性があるとの見方を表明し、ガス漏れで欧州のエネルギー安全保障が損なわれたと指摘した。

……デンマーク・グリーンランド地質調査所は、地震とは異なる活動が検知され、爆発で通常記録される活動に類似していると分析した。

スウェーデンのウプサラ大学国立地震学センターは、2回目の大きな爆発が「100キログラム以上のダイナマイトに相当する」とし、爆発は海底下ではなく水中で起きたと説明した。

 

仮に破壊工作だったのなら、無人機によるものである可能性があるようですが、ヨーロッパの一部に致命的な影響を与えるこのようなことを「誰がやったのか」ということがあります。

普通に考えれば、これは「誰にも利益がない」ことであり、少なくともロシアにはまったく利益がありません(供給を停止し続ければいいだけですので)。米ゼロヘッジが、今年、2月の米国 ABC ニュースにバイデン大統領が記者会見で語っていた興味深い「発言」を取りあげていました。

以下のような内容で、映像は今も、ABCニュースのツイートに残っています。

2022年2月8日のバイデン大統領の発言より

記者会見でのバイデン氏 : 「もしロシアが侵略を開始すれば、ノルド・ストリーム2はもはや存在しなくなるだろう。我々はそれを終わらせることになる」

記者 : 「しかし、どうやってそれを行うのですか? このプロジェクトはドイツの管理下にあるのでは?」

バイデン氏 : 「約束する。私たちはそれを成し遂げることができるだろう」

ABC

このように、ノルドストリームの破壊を「予告していた指導者」は、今のところ、アメリカのバイデン大統領だけで、まあ、これから半年以上経っていますので、大統領本人はもうすっかり忘れているかもしれないですが、その準備はされていたのかもしれません。

また、ポーランドの元国防相であるラデク・シコルスキーさんという方が、昨日、

「ノルドストリームを破壊したのはアメリカだ」

と明言したことが伝えられています。

共に、ドイツのシュピーゲル紙が、アメリカの CIA が数週間前にドイツ政府に破壊工作の可能性について警告したと述べたことを報じたことにもふれています。

その後、この元ポーランド国防相は、以下のような、日本人などにもわかりやすいツイートを投稿しました。

「ありがとう、米国」とだけ書かれたシコルスキー元国防相の投稿

Radek Sikorski

 

さらに面白いのは、ノルドストリームの2本のパイプラインが攻撃された「その日」に、ヨーロッパでは以下のようなことがおこなわれていました。

「新しいパイプラインの開通」

です。

ユーロニュースの報道から一部抜粋します。

バルト海のパイプライン:ノルウェーとポーランドのガスパイプラインが開通し、これは、ロシアへの依存を削減するための重要な動きとなる

Baltic Pipe: Norway-Poland gas pipeline opens in key move to cut dependency on Russia
euronews.com 2022/09/27

ポーランド、ノルウェー、デンマークの指導者たちが、新しいバルト海パイプの開通を記念する式典に出席した。これは、ロシアの天然ガスから、ポーランドとヨーロッパを引き離すための重要な段階だ。

このパイプラインは、天然ガスをノルウェー棚からデンマーク経由で、バルト海を通ってポーランドに輸送する。これは、2月にロシアがウクライナに侵攻し、世界的なエネルギー危機が引き起こされる何年も前に始まった、ロシアから離れて多様化するというポーランドの戦略の中心的存在だ。

液化ガスターミナル経由の供給とともにノルウェーからの流れは、ポーランドの計画の中心だ。同国は、ルーブルでの支払いを拒否したとして、4月にロシアのガス供給から切り離された。

ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相は、ポーランド西部のブドノでの就任式で、「ガス分野におけるロシアの支配の時代、脅迫、恐喝によって特徴づけられた時代は終わりに近づいている」と述べた。

ノルウェーのエネルギー大臣は、これは「ロシアのエネルギーからのヨーロッパの独立への重要な道の重要な一歩である」と述べた。

デンマークのメッテ・フレデリクセン首相は、「ロシアの権力の道具としてのエネルギーを排除するために、できる限りのことをしなければならない」と付け加えた。「一緒にプーチンを打ち負かしましょう」と付け加えた。

この就任式は、デンマークとスウェーデンの当局が、ロシアが運営するノルドストリーム・パイプラインで複数のガス漏れを特定し、破壊工作の懸念を引き起こした後に行われた。

デンマークのシステム オペレーターである Energinet は、デンマークでの作業が順調に進んでいるため、このバルト海のパイプは、予定より 1か月早くフル稼働できる可能性があると述べた。これにより、予定日が 1月 1日ではなく 11月末に繰り上げられる。

 

この新しいバイブラインは、

> 天然ガスをノルウェー棚からデンマーク経由で、バルト海を通ってポーランドに輸送する。

とありますが、最近、「ノルウェー沖で起きている不穏なこと」を思い出させてもくれます。5日ほど前に、以下の記事で取りあげました。

 

[記事] ノルウェーの北欧最大の石油開発事業者の石油とガス基地の周辺に「正体と目的が不明の無人機」が出現し続けている
 地球の記録 2022年9月23日

 

北欧最大の石油および天然ガスの供給企業であるエクイノール社の「基地」の周辺に、正体不明、あるいは目的不明のドローンが飛行し続けているという報道です。

このドローンの目的と正体? ……とかいっても、わかりようがないのですが、最も重要なことは、

「今、戦争中である」

ということになりますでしょうか。戦争中には戦争中らしいことが、いつどこで起きても不思議ではありません。

 

 

ランド研究所の文書を思い出す

ノルドストリームを破壊したのが誰かはわからないですが、バイデン大統領が「約束を果たした」あるいは、ポーランドの元国防相が言うように「ありがとう、アメリカ」というようなことがあるのならば、それはそれで、以下の記事で書きました「アメリカの希望」とも一致します。

 

[記事] 米シンクタンク、ランド研究所から漏洩したとされる文書は「ヨーロッパを滅ぼすことを計画した主体はアメリカである」ことを示す。スウェーデンの新聞が特報として報じる
 In Deep 2022年9月18日

 

その「アメリカの希望」とは、ここで示された文書によれば、

「ヨーロッパの没落」

です。

少なくとも、この文書では、ヨーロッパの完全な衰退あるいは滅亡を望んでいます。

 

ちなみに、このスウェーデンの報道の内容は、その後、ただちにファクトチェックが動き始めた」ということで、ずいぶんと信憑性が増しています

とるに足らない下らない内容なら、フェイスブックを始めとして、世界で一斉にファクトチェックは開始されません。

このスウェーデンの日刊紙ダグブラデットの最近の記事によれば、英国のロジカリー社 (Logically)という事実調査会社が、この内容を現在精査しており、ダグブラデット紙によれば、

「ファクトチェックより真剣な精査を行っており、じきにレビューが公開されるだろう」

とありました。

ちなみに、フェイスブックは、このランド研究所の文書に関しての情報に対して大規模な検閲を開始していまして、このランド研究所の文書、あるいは、ダグブラデットの最初の記事等にフェイスブック上でふれた場合、「虚偽」として警告されると通告しています

こうなってきた場合、コロナワクチンのことを思い出せばいいのですが、

「ほぼ真実」

ということだと思われます。

なお、フェイスブックは、最近、記事とアカウントの削除をさらに加速させていまして、以下は今日の報道です。


偽記事掲載の1662アカウント削除 メタ

アメリカのIT大手・メタは 27日、ロシアによるウクライナ侵攻をめぐり偽のニュース記事を掲載したとして、ロシアのウェブサイトにつながるフェイスブックなどのアカウント 1600以上を削除したと発表しました。

メタの報告書によりますと、削除されたのはフェイスブックとインスタグラムのあわせて1662アカウントで、ロシアを拠点とする 60を超えるウェブサイトの偽のニュース記事などを掲載していたということです。

偽の記事は、ヨーロッパの報道機関になりすましウクライナ難民を非難し、ロシアへの経済制裁を批判したものなどで、主にドイツやイタリア、ウクライナなどの人に拡散する狙いだったとみられています。 ytv news

 

しかし……こんな削除を続けていれば、単にユーザーが減るだけだと思うのですがねえ。

ヨーロッパが対ロシア制裁でエネルギー自爆したのと同様に、こういう SNS も、次第に、「ファクトチェック自爆」で衰退していくだけのような。

ザッカーバーグが米国の富豪トップ10から脱落、11兆円の資産減」というフォーブスの記事などもありましたし。

さらにいえば、ワクチンの時もそうでしたけれど、

「検閲されて初めて真実に気づいた人たちが世界中にたくさんいる」

ということがあります。

ファクトチェックと検閲は、そういう人を生み出しているだけでは? と思うこともあります。個人的には、ファクトチェックは、ワクチンを調べている中では、ただただありがたかったのですけどね。探せなかった論文とかリンクしてくれますし。

 

ワクチンとは異なり、現在のロシアの戦争についての「真実」ということは、わからないですし、今後もずっとわからないのかもしれないですが、しかし、「戦争としての現実」として、事態はさまざまに進行しているようでして、パイプラインの爆発もそうですけれど、最近は、

「アラスカ沖で、米国沿岸警備隊の船が、中国とロシアの海軍艦艇と遭遇した」

と報じられていました。

その報道をご紹介して締めさせていただきます。

これは、9月27日に報じられたのですが、遭遇したのは、9月19日とあり、なぜ報道にそんなタイムラグが出たのかは不明です。

なお、この報道によれば、ロシアも中国も北極の開発を進めているようで、北極に数百の軍事基地を開設したようです。

北から来る」という感じですかね。




 


沿岸警備隊がアラスカ島沖で中国とロシアの海軍艦艇を発見

Coast Guard spots Chinese, Russian naval ships off Alaska island
AP 2022/09/27

ベーリング海で定期巡回中の米国沿岸警備隊の船が、中国からの誘導ミサイル巡洋艦に遭遇したと、当局者は 9月26日に述べた。

しかし、9月19日にアラスカのキスカ島の北約 86マイルを航行したときに遭遇した巡洋艦は一隻ではなかった。

沿岸警備隊のカッター・キンボール号は後に、他に 2隻の中国海軍艦艇と、駆逐艦を含む 4隻のロシア海軍艦艇がすべて 1つの編隊を組んでいることを発見した。

ホノルルを拠点とする 418フィートの船である沿岸警備隊のキンボール号は、艦船が編隊を崩して分散するのを観察した。

「フォーメーションは国際的な規則と規範に従っていましたが、アラスカ周辺の海洋環境における米国の利益に混乱がないように対応します」と、第17沿岸警備地区の司令官である海軍少将ネイサン・ムーア氏は語った。

引き続きこの地域は監視される。

この件について、沿岸警備隊は、AP通信からの事件に関する質問にすぐには応答しなかった。

この中国とロシアの展開は、NATO のイェンス・ストルテンベルグ事務総長が、中国の北極への関心と、北極でのロシアの軍事力増強について警告した 1か月後に行われた。

ストルテンベルグ氏は、ロシアが新しい北極司令部を設置し、深海港や飛行場を含む数百の新しい旧ソ連時代の北極軍事基地を開設したと述べた。

中国は自らを「北極に近い」国家と宣言し、世界最大の砕氷船を建設する計画であると事務総長は述べた。

「また、中国政府とロシア政府は、北極での実際的な協力を強化することを約束しています。これは、私たちの価値観と利益に挑戦する戦略的パートナーシップの深化の一部を成しています」と、事務総長はカナダ北部を訪問した際に語った。

中国海軍の艦船がアラスカ近海を航行したのはこれが初めてではない。2021年9月、ベーリング海と北太平洋の沿岸警備隊は、アリューシャン列島から約 80km 離れた海域で中国の軍艦と遭遇している。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2022年からの世界, 人類の未来, 人類の覚醒と真実, 日本の未来, 軍事的カオス
-

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.