[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2021年からの世界 ディストピアへようこそ 人類の未来 人類の覚醒と真実 日本の未来

従順が浸透した世界の中で「ワクチンは世界規模で失敗した」という記事を読む

投稿日:




 

永遠の段階…

この「ワクチンは世界規模で失敗した」というのは、米国ゼロヘッジが引用していた記事のタイトルなんですが、やたらと閲覧数が多かったので見てみました。

内容は目新しいものではなく、見出しは、「シンガポール、そしてオランダ、アイスランド、米バーモント州まで。そして、すぐにアメリカの北半分全体にそれは来る...」というものでした。

ここにあるような国では、明らかにワクチン政策は失敗していることがはっきりとしているのに……と言いたいようです。

そして、今はブースターショットだと、事態はそちらの方向ばかりに進んでいることを嘆いているようなものでした。

内容をご紹介したいと思いますけれど、オリジナルの記事にあるグラフはやや見づらいものですので、いつもの慣れた Our World in Data による米ジョンス・ホプキンス大学の集計を数値化したものなどと替えておきます。




 


世界中でワクチンは失敗している

Worldwide Vaccine Failure
Alex Berenson 2021/11/13

シンガポール、そしてオランダ、アイスランド、米バーモント州…。そして、すぐにアメリカの北半分全体にそれは来る…。

これらの数値やグラフが示していることは、本来「ワクチンによって、このようになってほしかった」という状態とはかけ離れている。

たとえば、以下は、世界最高率の接種率を誇るシンガポール(人口の 85%が二度の完全なワクチン接種をしている。成人ではなく全人口に対してだ)での「コロナ死者数」の推移だ。シンガポールは新たな死者数の記録を更新し続けている。


ourworldindata.org

(※ 訳者注) シンガポールは、パンデミックが始まった 2020年3月以来、1年半ほど「死者がゼロの日がほとんど」で、その期間には、1日の最大の死者数は 2人だったものが、10月の始めから 1日の死者が 10人を超える日が続き、10月20日には 1日の死者が 18人に達し、現在まで同じような状態が続いています。

 

そして、人口の 70%(12歳以上の接種率は 82%)が完全にワクチン接種しているオランダでは、また新たなロックダウンが課された。

[報道]

オランダ、ロックダウンを一部再導入 コロナ感染者急増

時事 2021/11/13

オランダのルッテ首相は12日、新型コロナウイルス感染封じ込めのため、部分的なロックダウン(都市封鎖)を13日から少なくとも3週間実施すると発表した。1日当たりの新規感染者数が1万6000人を超え、過去最高水準に達していることを受け、規制復活に踏み切る。

ルッテ氏は記者会見で「コロナ危機の初期の措置に戻るのは避けられない」と強調した。飲食店に加え、スーパーなど生活必需品を扱う店舗は午後8時に閉店し、それ以外の店の営業は午後6時までとする。自宅への訪問者数は1日4人までに限定。ワクチン証明の適用範囲拡大も進める。

オランダでは12歳以上のワクチン接種完了率が82%を超えているが、ドイツなど欧州の一部諸国同様、感染者は再び増加している。

 

(※ 参考ブログ記事)全部の国がほぼ直線グラフ : アルファ変異株が優勢のヨーロッパの国々の信じられない感染数の急増
地球の記録 2021年11月15日

 

そして、完全なワクチン接種率 82%のアイスランドでは、以下のニュースだ。

[報道]

アイスランドのコロナ状況 : 感染の急激な増加に続いて行動制限が再び厳しく

icelandreview.com 2021/11/12

アイスランド保健大臣は、COVID-19の急速な蔓延を抑えるために、感染予防の制限を大幅に強化することを決定した。規制は 11月12日深夜に発効する。

集会は通常 50人に制限される。レストランとバーは午後 10時までの営業となり、スイミングプール、スキーリゾート、ジムは 75%の容量で運営される。規制は12月8日まで有効だ。

1メートルの社会的距離が必要となり、その距離を保つことができない場合は、マスクの着用が必要となる。

アイスランドの感染状況 (9月中旬から一直線に伸びて、11月は過去最大を日々更新中)

ourworldindata.org

(※ 参考ブログ記事)世界最高峰のワクチン接種率を誇るアイスランドが再び感染者数過去最大を大幅に更新
 地球の記録 2021年11月11日

 

そして、次はアメリカだ。

アメリカで最もワクチン接種率が高いバーモント州(全体の 71%が完全なワクチン接種)はこれだ。

ワクチン接種率全米ナンバー1のバーモント州の状況

CDC COVID Data Tracker

リバウンドは悪化しているように見える。

でも心配は無用だ

ブースターショットがすべてを解決するだろう。


 

ここまでです。

こういう短い記事なのですけれど、言いたいことは、以下の In Deep の記事のタイトルと同じような感じがいたします。

つまり、

「いったい世界は何をやってんだ?」

と。

全世界は一体何をやっているのか? 世界最悪の感染状況に陥るワクチン優等国イギリスと、成人の接種率ほぼ100%のシンガポールの泥沼に漂う史上最大の不条理
投稿日:2021年10月31日

 

私のような素人や一般の方なら普通、誰でも「何やってんの?」と思うと思うのですが……。

しかし、「専門家の方々」は、

「これで正常なんだ」

と言います。

 

そうか? おい。 最初の大義名分は何だった?

 

まあともかく、感染者数がどうだとか、重症率がどうだとか、そんなことはともかく、例えば、オーストリアでは、

「ワクチン未接種者だけに外出禁止令が発令された」

と報じられています。

オーストリア、ワクチン未接種者に外出制限 EUで初

時事 2021/11/15

オーストリアのシャレンベルク首相は14日、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了していない人を対象に、15日から外出制限を実施することを発表した。

対象者は12歳以上の接種を終えていない人と、コロナ感染からの回復を証明できない人。生活必需品の購入や通勤などの目的以外での外出は制限される。

事実上のワクチン未接種者に対しての「外出禁止令」となっています。

ワクチン未接種者を対象にするのは構わないとしても、そのワクチンの成果が、先ほどのシンガポールでありオランダでありアイスランドであり、あるいは、ヨーロッパで初期に非常に先鋭的なワクチン展開をしたドイツなんかも現在感染数は棒上げ状態です。

専門家ではない私から見たら、

「何やってる?」

以外の言葉は出ないわけですが、これらが悪意に基づいていないのなら、単に信じられないほど愚かだし、しかし、人はここまで馬鹿にはなれないわけで、どちらかというと、悪意を感じます。

 

ともあれ、言いたいこととしては、

「今後、どこでもヨーロッパと同じになる可能性が高い」

と。日本もです。

対象年齢のワクチン接種率が 90%を超えたお隣の韓国にも迫っています。

韓国は、制限措置を導入するかどうかは、感染者数ではなく「重症者」を基準としています。重症者用病床にいる患者をさします。

重症者が「 500人を超えると新たな行動制限」に入ると政府は決めていますが、

「現在、重症者が 483人に達している」

ことを韓国の報道は伝えています。

 

> 11月14日午前0時時点で入院中の新型コロナ重症者は483人で、前日(485人)より2人減ったものの、500人に迫っている。

> 政府が現在の医療対応水準で安定的に対応できる重症者数は500人だが、あと17人しかないということだ。重症者数は今月1日の343人からほぼ毎日増え、10日に460人と過去最多を記録したのに続き、10日から13日までの4日間連続で増え、14日は一息ついた。 chosunonline.com 2021/11/15)

 

なお、韓国の 18歳以上のワクチン接種率は「 90.4%」です。

これ以上どうしろと?

 

まあ……先ほどの記事にありましたように、「ブースターショットがすべてを解決してくれる」のかもしれないですね。

それは根本的な解決に至ってしまうのかもしれないですが。

つまり「感染しようにも人類そのものがあまり存在しなくなってしまう」という解決法…。

 

そこまでやるつもりなのですかね。

そして、それでもなお、多くの専門家の方々は、

「これが正常なんだ」

と主張し続けるのかなと。

日本が現在のヨーロッパと同じようになった場合も、結局、オーストリアと同じような感じになるのかもしれません。

そして、日本を含めて、わりと全世界に共通していることのひとつはほとんどの国民が従順に従うと。

欧米ではたまにデモなども聞きますけれど、人口から見れば、全体の 0.0001%とかの率です。

本来ならば、こんなに何の意味もなさなかったワクチン政策により世界的に犠牲とされた自由や健康に対して、世界で数十億人などが不服従でも不思議ではない状況に至っているとも思うのですけれど。

デモとかではない「単純な不服従」ですね。でも、ほとんどの方々が服従する。不思議でたまらないですが、次の時もそうなるのでしょうかね。

人類は本当に従順になったとつくづく思います。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2021年からの世界, ディストピアへようこそ, 人類の未来, 人類の覚醒と真実, 日本の未来
-

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.