地球最期のニュースと資料

In Deep

人類の覚醒と真実 健康の真実

「本人」とは? : 骨髄移植の後、移植を受けた人の血液のDNAがドナーのDNAに完全に置換されることが判明。特に「精子」は100パーセントがドナーの遺伝子となっていた

投稿日:


NY Times




 

人間の「本人性」とは?

アメリカのニューヨーク・タイムズで極めて興味深い記事を読みました。

それは、

「骨髄移植の後、本人の DNA が、ドナー(提供者)のものに置き換えられる」

ということがわかったというものです。

特にショッキングなのは、血液が完全にドナーの遺伝子であることに加えて、精子の DNA がすべてドナーの DNA になっていたということです。

自分の中に流れる血液は「自分の遺伝子が含まれない血液」であり、そして、自分の遺伝子を継ぐはずの子どもを作る「精子」が、「すべて他人の遺伝子」だということになっているようなんですね。

うーん・・・。

人間の遺伝子と本人の関係って何なのだろうと思いますが、そのニューヨーク・タイムズの記事をご紹介します。


When a DNA Test Says You’re a Younger Man, Who Lives 5,000 Miles Away
NY Times 2019/12/07

DNAテストで「あなたのDNAはあなたのものではなく、他の男性のものです」と言われるとき

白血病の男性は、治療のための骨髄移植の後、骨髄を提供した男性の DNA が彼の体の予期しない部分に移動したことが発見された。現在、犯罪研究所がこの出来事を研究している。

米ネバダ州リノに住むクリス・ロング氏は、白血病の治療のために骨髄移植手術を受けた。骨髄移植から 3か月後、ロング氏は、「自分の血液中の DNA が変化している」ことを知った。

ロング氏の血液中の DNA がドナー(骨髄提供者)の DNA に置き換えられていたのだ。提供者は 5000キロ離れたドイツに住む知らない男性だ。

彼がそのことを知ったのは、彼が働いていた保安官事務所の同僚から自分の血液を検査するように勧められていたことで、その検査によって、ロング氏の血液中の DNA が他者のものに変化していたことがわかったのだ。

ロング氏が、骨髄移植を受けたのは今から 4年前のことだが、影響を受けたのは、血液だけではなかった。唇と頬の組織には、ロング氏本人の DNA が含まれていたが、ドナーの DNA も含まれていた。

ロング氏と犯罪研究所の職員たちにとって、さらに驚いたのは、ロング氏の「精液」の中の DNA がすべてドナーの DNA となっていたことだった。

彼はこのように言う。

「私の精子から私が姿を消したのです。そして、他の誰かがそこに現れていることを知り、信じられないと思いました」

ロング氏はキメラ(同一の個体内に異なる遺伝情報を持つ)になった。キメラとは、異なる 2種類の DNA を持つ希少な人を示す言葉だ。

医学の世界では、特定の医療処置が人々をキメラに変えることについては長い間知られていたが、血液以外で他者の DNA が現れることについては、ほとんど研究されていない。

しかし、今回の件で「精子の DNA がすべてドナーの DNA に置き換えられる」ことが示されたのだ。

血液ガンや白血病、リンパ腫や、その他の血液疾患の治療のために毎年何万人もの人々が骨髄移植を受けている。彼らのいずれかが犯罪の加害者または被害者になる可能性は低いとしても、ワシュー郡保安官局のロング氏の同僚たちは、このことに強い興味を持っている。

 

DNAはどこへ行くのか

今年 9月に行われた国際的な科学捜査会議で発表されたロング氏のこの事象の意味は、ネバダ州をはるかに超えて、 DNA 分析官たちの関心を集めた。

一般的な医師は、ドナーの DNA が患者内のどこに存在するかを知る必要はないと考えている。その理由は、このタイプのキメラ現象が有害である可能性が低いと考えられているためだ。

また、骨髄移植の後に、人間そのものが変わるわけではない。つまり、人格が変化したり、脳の状態が変化したりはしない。

骨髄移植を受けた男性の患者で、ドナーが女性の場合、男性と女性の染色体を併せ持つことがあったり、あるいは女性の中に男性の染色体が流れることはあるが、「医療的にはそれは問題ではありません」と、米スタンフォード大学医療センターの骨髄移植ユニットの医療ディレクターであるアンドリュー・レズヴァニ医師は述べる。

しかし、医療現場ではこれは問題にならなくても、法医学者や科学捜査官たちにとっては非常に大きな問題となる。犯罪現場から採取される DNA の証拠は、彼らにとって最大の証拠のひとつだ。

このこともあり、ワシュー郡保安官事務所の捜査官は、骨髄移植を受けた同僚であるロング氏にテストを勧めたのだ。

ロング氏は、検査に同意した。彼は、急性骨髄性白血病と骨髄異形成症候群を発症し、骨髄移植を受けている。どちらも健康な血液細胞の産生を損なう疾患だ。

骨髄移植から 4年後、ロング氏は寛解(ほぼ病状が治まること)し、仕事に戻った後、犯罪研究所の同僚たちの助けを借りて、ロング氏の DNA 検査が続けられた。

DNA テストは骨髄移植の直後から続けられたが、骨髄移植後 4か月以内に、ロング氏の血液はドナーの血液に置き換えられた。

唇、頬、舌から採取された組織にも、ドナーの DNA が含まれていた。収集されたサンプルのうち、ドナーの DNA の影響を受けていなかったのは、胸と頭髪だけだった。

しかし、最も予期しなかったことは、骨髄移植から 4年後、ロング氏の精液中の DNA は、すべてがドナーのものと完全に置き換えられたことだった。

保安官事務所の犯罪研究者は、このように述べる。

「精子の DNA がこのように骨髄移植によって書き換えられるということは、たとえば、その人が犯罪を犯した場合など、科学捜査官に誤った証拠を与える可能性があります」

過去に実際にそのような事例が起きている。

2004年、ある暴行事件の捜査の際、アラスカの研究者たちは、精液から抽出した DNA プロファイルを犯罪者の DNA データベースと照合した。そして、それは容疑者の可能性があるとされた一人の人物の DNA と一致した。

ところが、問題があった。容疑者の可能性がある男は、暴行事件の時には刑務所に入っていたのだ。そして、彼は骨髄移植を受けていたことが判明した。ドナーは男の兄弟だったが、最終的にその人物は有罪判決を受けた。

同様のシナリオは、加害者の捜査だけではなく、被害者の身元の確認を混乱させる可能性もある。

実際、2008年には、韓国のソウルにある国家法医学サービスで、交通事故の犠牲者を DNA から特定しようとした際に、その犠牲者は男性の外見なのにも関わらず、「血液中の DNA は女性」だったのだ。

最終的に、この犠牲者は自分の娘から骨髄移植を受けていたことが判明した。

しかし、ロング氏のテストで初めてわかった「精子がすべてドナーの DNA に書き換えられる」という事実は、避けられない質問を提起する。

それは以下の問題だ。

「ロング氏が、子どもを作った場合、その子の遺伝子はどうなるのか」

子どもは、実の父親であるロング氏の DNA を引き継ぐことができるのか、あるいは、子どもは「すべてドナーの DNA 」で構成されることになるのか。

実際には、ロング氏にはすでに2人の子どもがおり、その後、精管切除術を受けているために、この答えはわからない。

しかし、骨髄移植を受けている人たちは数多くいる。

その他の人たちはどうなのだろう。

本人の遺伝子の行方はどのようになるのだろう。
 


 

ここまでです。

なお、骨髄移植というのは、全国骨髄バンク推進連絡協議会のウェブサイトによれば、「骨髄移植をするには、患者と提供者のHLA(白血球の型)が適合しなければならない」とあります。

しかし、肉親以外では、以下のように適合する人はとても少ないようです。

HLA型の適合率は、兄弟姉妹で4人に1人(25%)と言われており、血縁関係がないと数百万人から数万人に1人の確立とされています。

数百万人から数万人に 1人では、そう簡単に巡り会えるものではなさそうですが、そのために、髄バンクなどで適合する人を照合するということになるようです。

ロングさんが移植を受けたドナーが 5000キロ離れた場所に住む見知らぬドイツ人男性だったというのも、そういう事情がありそうです。

今回の記事を読みまして、「本人っていう概念って何なのだろうなあ」と考えます。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

2

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

3

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

生物学の科学誌 BioRxiv(バイオアーカイヴ)に発表された論文より ・Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike pro ...

6

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

7

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

8

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

9

・LA Times   最強のウイルスの特性 先日、親戚のお葬式に出席しました。 105歳で大往生した方の葬儀で、悲劇性はないものです。お通夜と告別式の両方に出席したのは久しぶりでした。 日 ...

10

世界最大級の学術データベース「サイエンスダイレクト」に掲載された論文 ・sciencedirect   関東なども、すっかり朝晩が寒くなり、「1カ月くらい前まで暑いとか言ってた気がするのに」 ...

-人類の覚醒と真実, 健康の真実
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.