「2023年からの世界」 一覧

モデルナ社CEOがダボス会議で語った言葉。「現在 30種類以上のmRNAワクチンを開発しています」……そして……「使用する脂質は、すべてコロナワクチンと同じです」……ふぅ

モデルナ社 CEO ステファン・バンセル氏へのインタビュー動画より Moderna CEO: We're preparing our FDA filing for our RSV vaccine &n ...

ノロウイルスとの対話で少しだけ確信し始める「感染の真実」

ウイルスの主張 昨日の夜、急速に胃のあたりがムカムカとしてきて、尾籠な話ですが、まあ戻してしまいまして。 普通はそういう場合、それで吐気というのは収まるものなんですが、まったく収まらず、結局、胃の中の ...

悪魔的世界を変えるのは結局ひとりひとり…

2023/02/14    

  やや潮目にはあるのだけれども遅々とはしており 確かに世界ではいろいろと変化は出ているようです。 先日、以下の記事で、タイのパッチャラキッティヤパー王女の昏睡を受けて(倒れた正確な原因は公 ...

遺伝子変化後の人間時代

2023/02/13    

  意志や精神はどこから来るのか 先日、こちらの記事の後半で、「こういう症状が長くないのであれば大丈夫」かもしれない、というようなことを書きました。 心臓の問題とか、そのあたりのことを書かせ ...

太陽の変化と「暴力と病気の時代」への突入

2023/02/12    , ,

嶋中雄二著『太陽活動と景気』(1987年)より 太陽活動や地磁気活動は、ヒトの精神活動を乱すことが知られており、統合失調症の患者数は、約 10年の周期的変化を繰り返していることがわかっている。 また、 ...

太陽で信じられないような異常な現象が起きていることが発覚

2023/02/11    , ,

  科学者たちが誰一人とした見たことのない「磁場の極渦」 なんだかこの 1週間ほど、いわゆるめまいと同時に起きるとされている眼振という現象があるんですが、それがどうも強くてですね。 昔から自 ...

接種者の方々へのエール。今、問題が何もないなら、きっと大丈夫

2023/02/08    

  昨年以来、最も恐れていたこと この冒頭部分は、今回の記事を書き終えた後に加えているのですが、いろいろと長くなってしまったので、最初に書いておきますが、今回の記事はタイトルの通りで、 「コ ...

苛酷な氷点下の中のトルコ地震の被災地を見ながら、そして、そのあまりにも不思議な巨大震源域を見ながら思う、太陽の変化…そして宇宙の変化…

  トルコ地震被災地は、最低気温「氷点下5℃」の場所も トルコ南部の震源で、2月6日に発生したマグニチュード 7.7の地震の被害の実態は現状ではあまりわかりません。 2月7日のお昼過ぎの日本 ...

ところで、中国の気球の目的はEMP攻撃なのか生物兵器攻撃なのか? 「ふ号計画」80年後に思ういろいろ

2023/02/06    , ,

2015年1月の米国公共ラジオ放送の記事「日本の風船爆弾に注意」より NPR   どちらかのテストの模様です 中国の気球のことが話題になっていたりしました。 あれが偵察装置だという報道を見た ...

タイ王室から発出するかもしれないファイザー社への世界最大の攻撃

2022年12月7日の王室式典でのパッチャラキッティヤパー王女。倒れられた1週間前です。prachachat.net   王女の昏睡を受けて、タイ政府最高顧問がバクディ博士と接触 タイの王女 ...

言論統制下の戦時の生き方。そして新しい戦場の常識

  戦場 本題とは少し異なる話なのですが、以前、元アメリカ海兵隊の情報将校であったスコット・リッター氏という人の文章を取りあげたことがあります。 湾岸戦争の作戦中にペルシャ湾で活動し、イラク ...

世界最大規模のマスクに関するコクランのメタ分析で、「コロナに対してもインフルエンザに対してもマスクはほぼまったく何の感染予防効果がない」ことが査読済み論文で示される

2023/02/02    

  史上最大規模のマスクの有効性の分析 最近発表されたコクランレビューで、 「マスクはコロナ、インフルエンザ共に、ほぼ、あるいは、まったく感染予防効果がない」 とする論文が発表されていました ...

ニューズウィークの「私たち科学者は間違っていた」という論説を読みながら「今さら謝罪しても二重思考の世界はもう変わんないんだよ」と思うだけで

2023/02/01    

  赦しはしても謝罪は受けない 私の部屋のベランダは、その先が駐車場になっていて、ついたてがありますので、お互い見えないのですが、駐車場からの声は聞こえます。 同じ建物には、お子さんのいらっ ...

ウィズコロナ死の中で整然と敷かれた導線に愕然とする

2023/01/30    

  あ、そうだったのかぁ(軽ッ) 最近、また夢に変なジイサンが出てくるんですよ。 何のことかおわかりにならないかと思いますが、10年以上前とか、たまにブログ等で書かせていただくようなこともあ ...

ドイツのジャンクと交換されるのは、それは核攻撃か、それとも偽りの平和か

2023/01/28    , ,

1945年5月10日 ベルリン陥落後に交通整理をするソビエト軍女性兵士。 halaljew   時計はさらに 前回、以下の記事で、ドイツ外相の狂気ともとれる言動について、少しふれました。今回 ...

ドイツ外相のロシアへの宣戦布告を聞きながら、全体集団催眠の中で目覚める場所は天国か、それとも地獄か

2023/01/26    

The Annunciation   世界はあと1秒 2020年から、主要国はずっと一種の集団催眠、最近の言葉では「マスフォーメーション(集団形成)」という状態になっているのですけれど、昨年 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.