「ディストピアへようこそ」 一覧

mRNAワクチンとはまったく関係ない話ですが、「遺伝子操作されたタンパク質により遠隔操作で脳と行動をコントロールすることに成功した」という2016年のネイチャーの論文をご紹介します

Max Headroom 科学の進歩に酔いしれる。そして悪酔いも 最近は、ワクチンの話が多いですが、今回は少しワクチンを離れて、科学の話をさせていただきたいと思います。 「遺伝子操作されたタンパク質に ...

バチカンのビガノ大司教の「グレートリセットへの宣戦布告」声明の内容。そして、同司教が語る25年前の「人類の脳破壊計画」

  「汝らは悪魔から出てきた者だ」 バチカンのカルロ・マリア・ビガノ(ヴィガノ)大司教といえば、昨年からずっと現在の世界の政策について批判し続けていまして、最近では以下の記事で取りあげさせて ...

ワクチンがチンチンくんを攻撃している(この表現はいい加減にしろ)。そして、 5Gもまた相乗して不妊と脳の破壊をもたらしているかもしれない

2021/05/23    , ,

  今後、世界は ED の嵐に包まれるのかもしれない 最近は、どうもワクチンの話ばかりとなってしまいまして、もう少し楽しい話題も書きたいのですが、しかし現在の状況は、一義的に考えますと、どう ...

マスク…統制…娯楽の剥奪…。弱い者から集中的に社会から削除するパンデミック政策のメカニズム

2021/05/19    , ,

Pinterest   T4作戦下なら粛正される側だった幼児から見て 昨年、パンデミックによる「対策」が始まった時、いちばん最初に瞬間的に拒否感が爆発したのが、「マスクの事実上の義務化」でし ...

「これはその時代すべての女性を不妊にする」 - CDCにワクチン接種の即時の停止を要請した科学者の声明

Massive Attack - Teardrop   不妊とシンシチン 今日は、良いニュースと悪いニュースがあります。 まず良いニュースですが……あー……あれ? 何を思いだしているのかわか ...

これまでで最も大規模なマスクの副作用に対してのドイツでのメタ研究は「新型コロナ感染症より長期のマスク着用のほうがはるかに健康に有害」と結論付ける。特に児童には壊滅的

MCCS 過去最大の包括的なマスクの影響についての調査研究 ドイツの 8人の科学者と医学者たちにより、最近、医学誌エンバイロンメンタル・リサーチ・アンド・パブリックヘルス(Journal Enviro ...

コロナのスパイクタンパク質が「人間に長期的な遺伝子発現の変化をもたらす」可能性が米国の研究で突き止められる。…とすると体内にスパイクタンパク質を生成するワクチンの影響は…

OffGuardian   スパイクタンパク質「単体」こそが長期の後遺症の原因である可能性が強くなる 昨日、以下の記事を書かせていただきました。 人類の大量死につながる可能性を否定できない ...

人類の大量死につながる可能性を否定できない ADE (抗体依存性増強)についてのメカニズム。そしてそれを避ける方法は「永遠のワクチン接種のループ」しかないという絶望

times   再び世界の感染数がピークを超えたときに 報道というのは、ある程度は仕方ないとはいえ、目立ちやすい部分を特別誇張するという面はありまして、それは新型コロナ以前からどんなことでも ...

アストラゼネカ社のワクチンが血栓を引き起こすメカニズムをドイツの科学者たちが解明。そして、ファイザー社のワクチンも昨年12月に米国の医師協会が血栓のリスクについての警告を発表していたことが判明

ft.com   コロナワクチンによる血液障害発生のメカニズム 世界のワクチン接種回数が、 9億5000万回に達したことが示されていますが、その中で、英アストラゼネカ社のコロナワクチン等で「 ...

未来世紀カナダ:「家の外にいるだけで逮捕される」という世界で最も厳しい外出禁止が発令されたオンタリオ州の現実は自由党員の漏洩メール通りの展開に

4月の下旬に雪に見舞われているカナダのオンタリオ州トロント。 FWN   来たるべき未来世紀 昨日、ハードディスクに保存している映画を適当にテレビ画面に流していましたら、1985年のアメリカ ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.