「ディストピアへようこそ」 一覧

ファイザーワクチンから検出されたのは「ミドリザルのDNA」だと知り、思う観念的戦争

2023/06/12    

  免疫弱体化の問題は世界的に拡大している 中国の報道や情報は、どこから出たものであっても、その信憑性というのか具体性が判断しにくいものですが、最近出されている報道では、 「中国で、新型コロ ...

子どもや若者たちの現在の「極端な免疫低下」は、どこかで止まるのか、それとも止まらないのか

2023/06/10    

  免疫が崩壊した社会 最近の日本の報道で、毎日出てくるものとして、 「若い人たちの季節外れのインフルエンザやその他さまざまな感染症の集団感染」 についてがあります。 特に内容を紹介するまで ...

最後の茶番の行方 : あまりのダーティさに辟易するにしても、事態が終末に向かい続けていることは確か

2023/06/07    

11年前の2012年7月。真っ赤に染まったウクライナ南部の内海アゾフ海。In Deep   「最終手段」 ウクライナ南部の水力発電所のダムが、破壊により決壊したというニュースがありました。 ...

ワクチン禍の時代が教えてくれた「これからの医療受診への心構え」[その2]

2023/06/04    , ,

現代医学を構成する医者、病院、薬品、医療機器の9割がこの世から消えてなくなれば、人々の体調はたちどころによくなるはずだ。これは私の確信である。 - ロバート・メンデルソン医師 Robert Mende ...

ワクチン禍の時代が教えてくれた「これからの医療受診への心構え」[その1]

2023/06/03    , ,

現代医学を構成する医者、病院、薬品、医療機器の9割がこの世から消えてなくなれば、人々の体調はたちどころによくなるはずだ。これは私の確信である。 - ロバート・メンデルソン医師 Robert Mende ...

欧州医薬品庁から漏洩したとされるファイザー社の「2021年6月までの有害事象報告リスト」の内容がひたすら非道い

  ブースター接種率世界一の日本が行き着く先 弁護士リサ (LAWYER LISA)さんという方が、ファイザー社自身による「接種展開後」の有害事象データがまとめられている書類を、サブスタック ...

国民の半数が慢性疾患を持ち、若い世代の40%が慢性疾患であるアメリカの「不健康危機」。同様のことが日本も含めて今後どれだけ拡大するのだろうかと

  そして、この3年でさらに不健康は加速した アメリカのヘルスケア関係の報道メディアが、現在のアメリカの慢性疾患の状況について概説していまして、それを米エポックタイムズが紹介していたのですが ...

アメリカの病院から「死産が急増している」というメール内容が流出したという記事を読んだ後、日本の厚生労働省のデータを詳しく見てみると意外な事実が…

2023/05/30    

死産の増加を伝えるアメリカの昨年の報道より。NTD   死産の劇的な増加を伝えるメールの流出 米カリフォルニア州にある病院の職員のメールが流出したことが伝えられていました。 流出は昨年のこと ...

奴隷制に向けて : 「彼らは、人類の大多数に対する冷酷な戦争の最終段階を開始した」という記事

2023/05/29    

  頭部の問題 カナダのグローバルリサーチの記事を読んでいましたら、わりといい感じの記事がありました。 超富裕層がいかにして私たちの心を破壊するか How the Super-Rich De ...

問題はAIの人間化ではなく、均質化された意識に基づく人間の機械化

2022年に米コロラド州の美術賞を受賞したAIプログラムで描かれた絵画。 asahi.com   人間狩り 今回は、読者様から教えていただいた海外の記事から抜粋してご紹介させていただこうと思 ...

「霊的洗礼」の中で中国の文化大革命は続く:ディストピアの末にたどりついた「世界一幸福な国」で進む毛沢東時代への回帰

2023年5月10日 視察中の最高指導部の全員がマスクを着用している光景 マスクとサングラスを着用をして視察する習近平主席(右)と李強首相(右から三人目)。 epochtimes.com   ...

イギリスで体調不良による労働力の喪失や離職が、経済に影響が出る深刻なレベルに。ちなみに、急増したのはパンデミックが始まった2020年からではなく「なぜか」2022年から

2023/05/22    , ,

  さて、その原因は イギリスの高級紙テレグラフが、英国の労働力の喪失が著しいことを伝えていました。 報道のタイトルは、「メンタルヘルスの病気休暇が英国経済にどのような影響を与えているか」と ...

アメリカの250万人の子どもの調査で、5歳以下の乳幼児の言語発達の遅れの壊滅的な状況が明らかに

2023/05/21    

児童発達の専門メディアの記事「幼児の学習における顔の重要性」より 乳幼児たちは生後 1年の間、人々の顔に集中的に注意を向け続ける。 この注目の高まりにより、乳児たちは人の顔が提供しなければならない微妙 ...

人類は悪魔に負けてしまったのだろうか?シュタイナー氏が述べていた「闇の精霊たちとの戦争」の現在の状況を冷静に考えてみる

2023/05/18    

  「もう終わっちゃったのかな」…「まだ始まってもいねえよ」 先日、夕食のときに、戸棚から DVD がふいに落ちてきて、拾ってみると、北野武監督の『キッズ・リターン』(1996年)でした。 ...

消毒剤に使われる第四級アンモニウム塩は、通常の使用でも「先天性異常と神経の欠損」を誘発する。実験では異常は二世代にわたり続いた

  子どもたちの体内で進行しているかもしれない大きな代償 思い出しますと、ワクチン以前、最も「困った社会になってしまった」と感じたのが、日常的なマスク着用と、過剰な消毒でした。 あれは 3年 ...

「心筋炎はワクチン接種後6ヵ月でも80%の人たちが回復していなかった」という論文を読んで起こる疑問。20%は心筋の損傷が修復された? …それは…ないような…

  永続的な影響であることがさらに明確に 数日前に、科学誌サイエンスに掲載された、米国イェール大学の研究者たちなどにより発表された論文について、アメリカの著名な心臓専門医であり、疫学者である ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.