「ディストピアへようこそ」 一覧

「殺害された 300,000人のアメリカ人に対して、誰が責任を問われるのだろうか?」という医療メディアの記事

2023/05/06    

  怒りではないにしても 先日のメルマガで、エド・ダウドさんの最近のインタビューの一部をご紹介させていただきました。 エド・ダウドさんは、元々は世界最大の資産運用会社のブラックロックのポート ...

妊婦のマスク着用は「死産、催奇形性、胎児の脳神経の損傷」と関係するとした最新のドイツの研究。それらの赤ちゃんの損傷は「不可逆的」

2023/04/26    

  「なかったこと」にはできない問題 少し以前に、マスク着用に関して、 「長期のコロナ後遺症と呼ばれているものの大部分が、マスク着用による副作用」 だとする調査を述べた論文をご紹介したことが ...

ファイザーワクチンの「最も有害なロット」は全体の4.2%だということを示したデンマークの研究。…しかし、本質的な問題はここではないかもしれない

2023/04/20    

  最近、デンマークの研究者たちが発表した論文についてご紹介したいと思います。 デンマークの保健当局に報告されたワクチン有害事象報告数の「ロットによる差」を調査したもので、その結果、 「全体 ...

アストラゼネカ社コロナワクチンの開発者が新たなマラリアワクチンを開発。その舞台に出てくるのは優生学のオールスターズ…

  ガーナ政府は「臨床試験前」であるにも関わらず承認 今朝、以下の日本の報道を見ました。内容が何も伝わらない報道ですが、調べるほどに趣深いものであることを知りました。 マラリア新ワクチン世界 ...

狂気三年目にして知る、「長期のコロナ後遺症の一部は、マスク誘発性疲労症候群の可能性が高い」とする最新の論文

あらゆる面から進む脳破壊 日本でマスクの着用が自主判断になって、どのくらい経つのでしたかね。 その時間的推移が全然わからない理由は、「風景が全然変わっていないから」です。以前と同じように「みんなマスク ...

血液脳関門が破壊されると、どうなってしまうのか

2023/04/13    , ,

  単に通過するのではなく「破壊」する 前回の記事で取り上げさせていただきましたドイツの研究は、実に素晴らしいもの…という表現は変ですが、スパイクタンパク質の「脳への影響」について、非常に納 ...

死に絶える信仰:聖書の礎をすべて信じるアメリカの若者の率が「1%」にまで低下。それに加えて「神の遺伝子の消失」が相次いでいるかもしれない今後の世

2023/04/09    , ,

faithwire.com   アメリカの聖書への信仰は絶滅の一歩手前に 先日、キリスト教系のメディアだと思いますが、その記事を読みました。 タイトルは、 ・研究者は「聖書の有神論はアメリカ ...

アメリカでは「最も裕福な人たち」も次々に亡くなっている可能性があることが、米財務省の「遺産税」歳入データで判明。そして、全体の「死の波」もまったく収まっていない模様

2023/04/04    

  すでに遺産税歳入額は2022年全体を上回っている 日本でも、今はどこでもそうなんでしょうけれど、著名人などの訃報、あるいは体調不良などの報道は、ポツポツと、しかし延々と続いていますが、ア ...

パンデミック政策(あるいはワクチン自体)が招いた「人間の本来の感情と感動の死」

愛国心が消滅しつつあるアメリカの話を読み 昨日、「何もかも同じになった世界」について書いていた記事をご紹介させていただきました。 「みんな同じなクローン社会に生きる」  In Deep 2023年4月 ...

「みんな同じなクローン社会に生きる」

2023/04/02    , ,

インスタグラムへの「異なる人たちによる」それぞれ別の投稿 クローン世界へようこそ 今回ご紹介する記事は大変に長いものですので、すぐに翻訳に入りたいと思うのですが、最初のエピソードを読んで、とても興味を ...

そして5Gと子どもたちとお腹の赤ちゃんたちの脳

2023/03/28    , ,

  脳と携帯電磁波の関係の研究を振り返ってみる 前回、米国 CDC が、アメリカで、自閉症の子どもの割合が 36人に 1人となったことを発表したことについて書かせていただきました。 米国CD ...

米国CDCが、アメリカ人の子どもの「36人に1人が自閉症」と発表。やや過大な数である気がしつつも、日本も子どもの神経とメンタルの状態が今後著しく悪化すると確信できる理由

2023/03/27    

  過去50年のすさまじい上昇率 最近、アメリカの CDC (疾病予防管理センター)が、週次レポート上で、2020年の時点で「アメリカの 8歳の子どもの 36人に 1人が自閉症」であると発表 ...

なぜ、日本の「死産数」は、接種開始から2年目にして、急増に転じたのか

  日本の出生数と死産数 そんなに何か意味のあることを書こうとしているわけではないのですが、前回の記事でも少しふれました、厚生労働省の人口動態統計(速報)で、まず驚いたのは、 「婚姻数が人口 ...

フッ素…スパイクタンパク質…脂質ナノ粒子…。なぜ(特に子どもの)脳の破壊ばかりが繰り返されるのかを考えた一日

2023/03/23  

  以前は最大の悪だったフッ素も今や脇に ウィーヒック (酔ってんのかよ) いえ、違いますよ。ただ、事態の詳細は控えたいと思います(なんだよ)。 今日、「フッ素と IQ の低下」の関係に関す ...

ワクチン接種キャンペーン以降のアメリカの「欠勤率」と「休業率」が衝撃的な高さを記録。そして思う今後…

  著書「爆発的な突然死の流行」の作者の最新の調査 世界最大の資産運用会社であるブラックロック社の元ポートフォリオマネージャー兼アナリストであるエド ・ダウド (Ed Dowd)さんという方 ...

[重大局面]ファイザー社ワクチンが、DNAで汚染されていたことが見出される……。これにより「永遠のスパイクタンパク質生産」という厳しい概念が浮上。確率は推定3分の1

  なぜ時間の経過と共にむしろ過剰死が増加していくのか 最近、ジョン・キャンプベル博士 (Dr. John Campbell)という方の動画を知りました。 それは、「世界30カ国で超過死亡が ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.