[皆様へ]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないため、直接ブックマークしていただければ幸いです。以下ではキーワードでの記事検索ができます。なお、すべての記事の転載や引用は全部OKです。

2022年からの世界 人類の未来 軍事的カオス

ロシアが、特別軍事作戦から「正式な宣戦布告」に移るときに懸念される「限定的な」核紛争

投稿日:


RT




 

懸念する専門家たち

9月10日、ウクライナからロシア軍の一部が唐突に撤退したことが報じられていました。

これは日本語でも伝えられています。以下のロイターの報道です。

(報道) ロシア軍、ウクライナ東部要衝から撤退 元司令官「大きな敗北」 (ロイター 2022/09/12)

 

しかし、せっかくですので、ロシア自体の報道の一部をご紹介します。ロシア RT の報道です。

ロシア軍がウクライナのいくつかの地域から撤退

Russian troops withdraw from several settlements in Ukraine – media
RT 2022/09/10

ロシア軍とドネツク人民共和国およびルガンスク人民共和国の連合軍は、9月10日、イジュム市からの退去を命じられたと、紛争地域に配備された複数の記者が語った。

イジュムとクピャンスクからの撤退は、ウクライナ軍の攻撃の最中に行われた、とロシアの特派員は言う。

伝えられるところによると、ウクライナは、西側の支援者から供給された武器を使用して、大規模な反撃作戦を実施している。

州都ハリコフの南東約 120 キロに位置するセヴェルスキー・ドネツ川沿いに位置するイジュム市は、激しい戦闘の末、4 月にロシアに占領された。

ロシヤ 1 チャンネルの特派員イヴァン・ポドブニー氏は、この撤退はロシア軍が包囲されるのを防ぐために必要な措置であると説明した。

 

この撤退の報道の後、

「これはまずいことになるのではないか」

という声が専門家などから出され始めています。

1938年からある米国のシンクタンク「アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所(AEI)」のシニア・フェローであるマイケル・ルービン博士 (Michael Rubin)は、このロシア軍の撤退の翌日、国家安全保障系メディア「1945」に、

「ロシアの突然のウクライナ撤退は、戦術核兵器攻撃が来ることを意味するのか?」

というタイトルの文章を寄稿していました。

また、政治活動家というのか何というのかわからないですが、ニュージーランドのキム・ドットコム氏は、やはり 9月11日に、以下のように投稿していました。

 

(キム・ドットコム氏のツイッターへの投稿)

> 米国の代理戦争としてのロシアのエスカレーションが近いうちに予想される。 NATO 兵器による反撃は、ロシアのプーチン大統領に圧力をかけている。 これにより、現在の「特別軍事作戦」の状態から、「宣戦布告」に変更され、より攻撃的なアプローチが使用される可能性があるKim Dotcom

 

キム・ドットコム氏は、今年 6月の「人類史上最悪の「あらゆるものの崩壊」はいつ起きるのか」という記事でもふれたことがあります。

それはともかく、これらの文章などが発表された 9月11日というのは、21年前に同時多発テロが起きた日ですが、あの日を思い出してみても、

「どんなことでも突然起きる」 (あるいは突然起きたように見える)

ことを思い出します。

それだけに、2001年9月11日はショッキングだったわけですが、ショッキングなことというのは、たいていは予測されていなかった(ように見える)ことによるもので、それがショックを誘発するのかもしれません。

あの時は、私もかなりのショックを受けました。

 

まずは、先ほどのアメリカン・エンタープライズ公共政策研究所のシニア・フェローであるマイケル・ルービン博士の寄稿文をご紹介します。

太字は、この記事を引用していた米ゼロヘッジの太字修飾に倣っています。




 


ロシアの突然のウクライナ撤退は、戦術核兵器攻撃が来ることを意味するのか?

Could Russia’s Sudden Ukraine Retreat Mean A Tactical Nuclear Weapons Strike Is Coming?
1945 2022/09/11

 

ウクライナの状況がさらに危険になる可能性

ウクライナの反撃が数日間衰退した後、ロシア国防省は、ウクライナのハリコフ地域の 2つの地域から軍隊を撤退させると発表した。これを受けて、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ビデオ声明の中で、「最近のロシア軍は、背中を見せている」と冗談を述べた。ウクライナ人たちは、この撤退を祝った。

ロシアの報道官は、ロシア軍は新たな攻撃に先立って「再配置」していると述べたが、現場の記者たちは、このような声明に疑問を投げかけた

それは、ロシアがキエフへの進撃を断念したというロシアの声明を反映しているという理由と、ロシア軍が「非常に急いで撤退した」ため、多くの武器と装備を置き去りにしたままであるためだ。

当然のことながら、西側当局者はこの撤退を喜んでいる。

NATO 事務総長イェンス・ストルテンベルグ氏は 9月9日の記者会見で以下のように述べた。

「このウクライナの進歩状況は、ウクライナ軍の勇気、手腕、決意を示しており、私たちの支援が戦場で毎日違いを生み出していることを示しています」

アンソニー・ブリンケン国務長官は、最近のウクライナ訪問を振り返り、同じ記者会見で、「プーチン大統領は今年の夏の初めにウクライナに対してできる限りのことをしたにもかかわらず、ウクライナはその打撃を吸収し、現在は抵抗している」と述べた。

ロシアの敗北を祝うのは正しいかもしれないが、この戦争は、はるかに危険な段階に入っている可能性がある

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が消耗にうんざりし、戦術核兵器の使用を決定したとしたら、ロシア軍のこの行動(迅速な撤退、さらには重要な装備を置き去りにさえしている)はどのようになるだろうか。

バイデン政権は、戦争の最初の数週間、ウクライナ軍が必要としていた武器の提供を自制し、制限するために、ロシアの核兵器への恐怖を許容した。幸いなことに、ウクライナの忍耐力を背景に、彼らは、恐怖と弱さに支配された政策がいかにふさわしくないかを認識していた。

しかしそれは、米国とNATOが、ロシアによる核兵器の使用を阻止し、プーチンが一線を越えた場合に核兵器の使用に対応するための緊急時対応計画を持ってはならないということを意味するものではない。

ホワイトハウスと米国の諜報機関は、プーチン大統領が戦術核兵器の配備を命じた場合、事前に警告を受けると確信しているかもしれない。ホワイトハウスは、衛星写真、信号情報、および人間の知性が鮮明な画像を提供すると確信しているかもしれない。

しかし、知性の本質は、疑いと欺瞞が常に存在することにある。

アルカイダの故指導者ウサマ・ビン・ラディンがメールや携帯電話ではなく、昔ながらのメッセンジャーを使っていたように、ロシアの中心的な司令官もそうかもしれない。

2006年のイスラエルとの戦争中、ヒズボラは長距離ミサイルを隠蔽する能力を首尾よく実証した。これは、発見されるように設計された迂回と他の地下施設の両方のおかげであり、これらはすべて北朝鮮の技術者によって建設された。もちろん、これはウクライナに対する北朝鮮の角度を示唆するものではない。

また、プーチンが戦術核弾頭の使用を事前に隠そうとするというのは必ずしも真実ではない。

2012 年、バラク・オバマ大統領は「レッドライン」を引いた。これは、シリアでの化学・生物兵器の使用についてのものだった。その後、シリアのバシャール・アル・アサド大統領の軍隊がダマスカス郊外に対して化学兵器を使用したとき、オバマは辞任した。

その後、パシリアの抵抗勢力はレッドラインの存在に疑問を呈した。これは実際に不誠実だった。当時、オバマの高官たちは、オバマがレッドラインについてどれほど真剣に考えているかを表明するために、シンクタンカーやオピニオン・リーダーへのバックグラウンド・プレス・コールで報道を補完していたからだ。

その言葉遊びがうまくいかなかったとき、レッドラインを強制することに反対する多くの人が方針を変え、爆弾の犠牲者の観点からは、彼らの死がガスによるものか爆発物による損傷によるものかはほとんど問題ではないと主張した。

結局、結果は同じだった。失われたのは、化学兵器に関連するスティグマの終わりが将来の戦争に何を意味するかについての認識だった。

プーチン大統領は、戦術的核攻撃の余波で、化学兵器禁止令後の議論を復活させるための強力な反応を恐れている支持者を当てにするかもしれない。彼は、ワシントンと EU が行動を起こさなくなる理由、またはエスカレートしなくなる理由を探すだろうし、そうするために論理的な宙返りを喜んで行うだろうと計算するかもしれない。

簡単に言えば、プーチンは、報復の危険がなくなるまで、ワシントンが麻痺するだろうと計算するかもしれないということだ。

ホワイトハウスと NATO が、このようなことが機能しないことを前もって明確にする必要があるのは、このためだ。ロシア軍の撤退がウクライナ軍と都市に対する戦術的核使用の前兆である場合、ロシアが被る苦痛を詳述する必要がある

そのような痛みには、表面的な中途半端な措置ではなく、真に壊滅的な制裁を含めるだけでもなく、バ​​ルト海から太平洋まで、ロシア全体に敵対地域を拡大するウクライナの能力を強化することも含まれるべきだ。

彼らはまた、ウクライナと、放射能被ばくの風下にあるすべての国、およびロシアの非公式帝国によって長い間被害を受けてきた国々に対して、最終的に負わなければならない財政的および領土的賠償を詳述する必要がある。

自由世界は、最初のロシアの侵略の前にホワイトハウスからの避難勧告を拒否したことに対して、ゼレンスキー氏に感謝の意を表している。バイデン氏は、その過ちを克服し、ウィンストン・チャーチル以来、悪に直面して自由と民主主義を守るために、ウクライナの大統領に多くのことをすることを許した。ゼレンスキーはノーベル平和賞に値する。

現在バイデン氏に迫っている政策決定は、同様に素晴らしいものかもしれないが、プーチン大統領が人力では達成できなかったものを核兵器で達成しようとするなら、お祝いは時期尚早かもしれない。

今は沈黙を守るために、ロシアが戦術核兵器を使用するかもしれないという脅威を軽視するか、第二次世界大戦後のリベラル秩序の終焉を意味する政策を支配する恐怖に任せるか。

ウクライナ戦争が重要な新たな段階に入った今こそ、抑止力を強化し、ロシアがウクライナで初めて核兵器を使用した後に何が起こるかを計画する時だ


 

ここまでです。

ちょっとわかりにくい部分もあるのですが、いずれにしましても、マイケル・ルービン博士は、ロシアが、戦術核兵器を使用するかもしれないという懸念をかなり高く持っているようです。

実際には、この数日前に、ウクライナ軍の最高司令官であるワレリー・ザルジニ将軍が、メディアに、

「ロシアと西側の間の限定的な核戦争は無視できないと警告」

したことがアメリカで報じられていました。

もう少し正確に書けば、以下のように述べていました。

 

(ウクライナ軍最高司令官ワレリー・ザルジニ将軍の言葉)

「特定の状況下では、ロシア軍による戦術核兵器の使用の直接的な脅威がある。また、第三次世界大戦の可能性がすでに目に見えることになる「限定的な」核紛争に、世界の主要国が直接関与する可能性を完全に排除することは不可能だ」 msn

 

なお、現在のウクライナでは、ザポリージャ原子力発電所の発電が完全に止まり、また、ロシア軍の攻撃により、9月11日から、ウクライナの南東部が、大規模な停電に見舞われているようです。

「ロシアの攻撃」の後、ウクライナは大規模な停電に見舞われる

ウクライナ南東部の複数の地域で、9月11日遅くに電力不足と停電が発生した。

ゼレンスキー大統領は、国の複数の地域のエネルギー不足を確認した。

大統領は、原因はモスクワによる「重要なインフラ」へのミサイル攻撃であると述べた。

完全な停電がハリコフとドネツク地域を襲ったとゼレンスキー氏はソーシャルメディアで述べ、大統領によると、スミ、ドネプロペトロウシク、ポルタヴァ、ザポリージャ、オデッサの各地域は部分的な停電に見舞われており、この事件は「ロシアのテロリスト」のせいだと述べた。

ロシア政府はこれまでこの問題について沈黙を守っており、その関与に肯定も否定もしていない。それでも、この事件に先立って、黒海とカスピ海に配置されたロシアの船からの複数の巡航ミサイルの発射が報告されている。 RT 2022/09/11)

 

なお、この報道はロシアの報道ですが、ロシア側からのミサイル攻撃が確認されているということで、意図的にウクライナに停電をもたらしているようです。

 

 

核をめぐるいろいろ

なお、「核」といえば、北朝鮮が、9月8日に、

「核保有国であることを公式に宣言」

しています。

以下は日本語版 BBC からの抜粋です。

北朝鮮が「核保有国」を公式に宣言 法令を採択、「不可逆的」と金正恩氏

BBC 2022/09/09

北朝鮮の最高人民会議は8日、核兵器保有国だと公式に宣言する法令を採択した。核兵器の使用条件なども盛り込まれている。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が9日に報じた。

金正恩朝鮮労働党総書記は、この決定は「不可逆的」だとし、非核化交渉の可能性を排除した。この法令では、自国を守るために先制核攻撃を行う権利についても明文化されている。

 

この「不可逆的」というのは、「この決定が今後永久的にくつがえることはない」という意志を示していると思われます。

北朝鮮の核といえば、2018年の2月に「ナショナル・インタレスト」というアメリカの外交専門誌に、

「北朝鮮が東京を核攻撃する可能性はおそらくはある」

というタイトルの記事が掲載されたことを思い出します。

以下の記事で、全文を翻訳してご紹介しています。

 

[記事] 「東京が北朝鮮からの核攻撃で壊滅的な被害を被る可能性が高まった」というアメリカの外交専門誌の記事を中国とロシアの大手メディアが報道し続ける世の中で
 In Deep 2018年2月28日

 

思えば、ブログで、「核攻撃への対処」というような物騒なタイトルの記事(海外の記事の翻訳)をご紹介したのは、今から 12年前の 2010年でした。

 

[記事] 核攻撃を受けた際の対処法
 In Deep 2010年11月01日

 
なお、ロシアの核使用に関しては、2020年8月4日にプーチン氏が「先制核攻撃に関する新たな議定書」を承認したことが、アメリカ国土安全保障省の「 EMPの脅威」という文書に記されています。

以下の記事に、EMP の説明と共にこの文書の一部を翻訳しています。

 

[記事] ロシアのEMP開発の歴史が60年に及ぶことを知り、そしてディーガルの壊滅的な人口動態予測を米国議会報告「EMPは90%のアメリカ人を殺す」で思い出す
 In Deep 2022年3月15日

 

コロナからのこの2年半も十分に(それはもう信じられないほど)狂気の社会でしたが、日本社会などもここまでになってくると、むしろリセットの時期なのかなと思う時もあります。

太陽にしても戦争にしても、「過去最大の惨事」というようなことになるのかもしれませんが、思えば、現状で十分に過去最大の惨事が日常の中で繰り広げられているわけですし、それほど差はないものなのかもしれません。

ワクチンと戦争とマスクのどれが最も非人道的なものかということは、今の私には選択できなくなっています。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2022年からの世界, 人類の未来, 軍事的カオス
-

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.