[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2021年からの世界 ディストピアへようこそ 人類の未来 健康の真実

やや衝撃的な研究: mRNAコロナワクチンは「プリオン病などの神経変性疾患と関連し、脳を進行的に退化させる」可能性について述べられた論文の行方

投稿日:


Pixabay




 

ターゲットは常に「脳」

新型コロナウイルス、あるいは「そのスパイクタンパク質自体」を体内に生じさせるコロナワクチンというものが、どこまで見ていっても、その副産物(なのか「副」ではないのかはわからないですが)として、

「人間の脳と生殖機能を攻撃し続けている」

という可能性があることを昨年以来、次々と知りました。

その後もさまざまな医学論文などの存在を知るうちに、それは「間違いないこと」として自分の中では固定化しています。

そのあたりをある程度まとめて書いたものに以下の記事があります。

なぜこれほど「脳と生殖機能への攻撃」が執拗に続けられるのか
投稿日:2021年2月28日

この中でこのような懸念を書きました。

判明してきた新型コロナウイルスへの懸念

・脳を集中的に攻撃する(数々の研究により確定事項)

・逆転写により遺伝子に入りこむ(という可能性を示した研究が複数ある)

・自己免疫疾患を作り出す(という可能性を示した研究が複数ある)

このうちの「脳を攻撃する」というのは、今回の本題とも関係するものでもあるのですが、それ以前にも、先ほどリンクした記事で、新型コロナのスパイクタンパク質が、

「血液脳関門 (BBB)から脳に入り脳の領域全般に広がる」

ということなどを書きました。

これは、そのスパイクタンパク質を自らの体内で作り出すメカニズムであるコロナワクチンでも同様だと考えられます。

他のふたつの、

・逆転写により遺伝子に入りこむ
・自己免疫疾患を作り出す

に関しては、上の記事の中では、論文のリンクを提示していないことに気付きましたが、それぞれ代表的なものは以下のような論文です。

新型コロナウイルスの RNA は「逆転写(情報は DNA → RNA と流れるが、その「逆」が起きること)により、DNA へ流れる」ということについては、以下の論文にあります。

米ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)の科学者による新型コロナウイルスに関するプレプリント論文です。 アメリカ国立衛生研究所の国立医学図書館データベースにあります。

SARS-CoV-2 RNA reverse-transcribed and integrated into the human genome
SARS-CoV-2 RNAは逆転写され、ヒトゲノムに組み込まれる

「自己免疫疾患との関連」については、以下の論文でふれられています。

SARS-CoV-2 vaccines and autoimmune diseases amidst the COVID-19 crisis
COVID-19危機の中での SARS-CoV-2 ワクチンと自己免疫疾患

この論文では、結論として、

> ワクチンによる自然免疫および獲得免疫に対する mRNA の作用からの全体的な結果を予測することはできない。

とあり、曖昧となっていますが、懸念の「火種」はこの論文にも見られます。

基本的には、コロナワクチンに対して「全面的に賞賛している」という医学論文は少ないようですが、まあ、医学者と科学者という「立場」上、どうしても、

「いろいろと問題がありそうだけれど、これ以上はノータッチにしたい」

という感じのものが多いようには見受けられます。

そういう方々の立場はとてもよくわかります。

というのも、現状では、「ワクチンに反対の意見」を表明する医師や科学者は、軒並み、メジャーグラウンドから排除され、それまで大きな貢献があった人でさえ、「陰謀論者」として、キワモノ扱いされる現実を見ていますと、「自分はあのようにはなりたくない」と思う気持ちは十分にわかります。

以下の記事でご紹介しました、「それまでイギリスで非常に著名だった医学者のひとり」が、コロナワクチンに反対の声明を表明した途端に、名誉を失いました。

「コロナワクチンは大量破壊兵器であり、人類を一掃する可能性がある」:英国の著名医学者の提言を「意味のわからない各国の対策」の中で聞く
投稿日:2021年4月10日

記事ではふれていませんが、この医学者は、ワクチン反対を表明した後、「ウィキペディアの項目まですべて書き換えられ、単なる陰謀論者とされてしまった」と嘆いていました。

医師になるにも、そして名声を得るためにも大変な努力と苦労が必要なわけで、それを失いたくはないという気持ちは理解できます。

それでも多くの医学者たちは「ヒント」的に断片を出してくれていらっしゃいます。

そのように提供された論文から「真実の断片」を見出すのは、むしろ私たちのような素人の作業なのだとも思います。

論文そものものは、査読済みであろうと、そうでなかろうと、その多くがネットで公開されているわけですから、個人個人がそれを読み、それを自分自身で「いろいろな方向に理解する」分には問題がないことです。

世界中の多くの医学者たちが、せっかく「ヒント」をくれているのですから。

 

先ほどふれましたように、「コロナの周辺」というのは、人間の「脳」への攻撃が著しいという特徴があることには以前からふれていました。

今回ご紹介するのは、その決定版ともいえるような、

「 mRNA コロナワクチンが、脳のプリオン病と関連している可能性がある」

という論文の存在を知り、それについてのものです。

正確にいえば、「そのような論文が以前あった」ことを知りました。

 

 

またも「ファクトチェック」に助けられる

それを最初に見たのは、インドの地政学サイトの記事で、そのタイトルは、「衝撃的な研究は、mRNACOVID-19ワクチンがプリオン病からあなたの脳を進行的に退化させるかもしれないことを明らかにする」というものでした。

その冒頭は以下のようになっています。

衝撃的な研究により、mRNA コロナワクチンが、プリオンベースの病気を誘発し、脳を徐々に退化させるという恐ろしい危険性を持つことが明らかにされた。

人間の長期記憶はプリオン様タンパク質によって維持されるため、mRNA ワクチンによって誘発されるプリオンは神経変性疾患を引き起こす可能性がある。

この研究は、mRNA ベースのワクチンが ALS、前頭葉変性症、アルツハイマー病、およびその他の神経変性疾患を引き起こす可能性があると結論付けている。 greatgameindia.com

プリオン病というのは、クロイツフェルト・ヤコブ病が知られていますが、以下のような脳神経細胞の疾患です。

脳に異常なプリオン蛋白が沈着し、脳神経細胞の機能が障害される一群の病気は、プリオン病と呼ばれます。クロイツフェルト・ヤコブ病は、その代表的なもので、急速に進行する認知症を呈します。

プリオン病には、このクロイツフェルト・ヤコブ病のほかにゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群と致死性家族性不眠症があります。難病情報センター

ワクチンを打っただけで、将来的に、何に署名しているのかわからない状態になるのは好ましいことではないな」と思い、その論文を探したのですけれど、ところが、その論文そのものをいくら探しても見当たらないのです。

そこから考えられるのは、自主撤回というあたりのことなのではないかと思われますが、よくわかりません。ともかく、何らかの状況下で、「現在はない」と。

しかし、多くの SNS でこの論文のスクリーンショットはシェアされていることも知りました。しかし、小さなスクリーンショットでは、その内容を直接読むことはちょっと難しく、また全体の内容もわかりません。

論文のスクリーンショット

Rachel LeBert Cox

論文のタイトルは、以下のようなものです。

COVID-19 RNA Based Vaccines and the Risk of Prion Disease
RNAベースの新型コロナウイルスワクチンとプリオン病のリスク

それで、この論文のタイトルで検索していましたら、検索上位に表示されるのは、「軒並みファクトチェック」なのでした。

私は「キタコレ!」と喜びながら、それらの記事を読み、ファクトチェック記事により、この論文の内容を知ることができたのでした。

以下の記事で、ファクトチェックの有効活用について述べましたが、またも助けられました。

ファクトチェックを使ったワクチン情報サバイバル
投稿日:2021年3月21日

今回は、検索されたファクトチェック記事の中の最大手メディアである USA トゥディのファクトチェックをご紹介します。ここで「否定されていること」が「論文の主題」と思ってよろしいかと思います。

難しい論文を読まずして、その内容を簡潔に教えてくれるファクトチェックには感謝の気持ちしかありません。

ここからです。




 


ファクトチェック : COVID-19ワクチンは神経変性疾患と関連しない

Fact check: COVID-19 vaccine not associated with neurodegenerative disease
usatoday.com 2021/03/31

主張「COVID-19ワクチンはプリオン病に関連している」の検証

COVID-19ワクチンの展開が 1日平均約 277万回の投与で進んでおり、12月にワクチン接種が開始されて以来、着実に増加しているが、最近発表された研究論文は、ソーシャルメディアでのワクチンの安全性に対する懸念を引き起こしている。

それは、「Covid-19ワクチンはプリオン病に関連している」というものだ。

SNS で展開されている大胆な主張の背後にある情報源は、J・バート・クラッセン氏によって書かれた「 RNAベースの COVID-19 ワクチンとプリオン病のリスク」というタイトルの論文だ。

ワクチンで使用されるメッセンジャー RNA、または mRNA が異常な形のタンパク質を誘発すると SNS では伝えられている。プリオン病は、ALS (筋萎縮性側索硬化症) または、アルツハイマー病やルーゲーリック病などの神経変性疾患の原因となると言われる。

1月に最初に公開されたクラッセン氏の論文は、Facebook等で共有され続けている。

USAトゥデイは、現在、クラッセン氏にさらなるコメントを求めている。

プリオン病は、異常に折りたたまれたタンパク質によって引き起こされる稀な神経変性障害群で構成されている。プリオンタンパク質は、接触した正常なタンパク質を誤って折りたたむことがある。

これらの根本的な理由はさまざまだ。致死性不眠症(FI)や特定の種類のクロイツフェルトヤコブ病などの一部のプリオン病では、それは遺伝的だ。 「狂牛病」として一般に知られている牛海綿状脳症(BSE)のような場合では、感染した動物製品を食べることによっての感染もある。

プリオンによる病気は脳から始まる。誤って折りたたまれたタンパク質が蓄積し凝集して、記憶障害、人格の変化、運動の困難を引き起す。

プリオン病には既知の有効な治療法は存在しないが、症状を遅らせる可能性のある治療法がある。 1990年代から 2000年代初頭に BSE が発生して以来、牛の取り扱いと給餌の方法に関する規制により、動物から人間への感染が大幅に防止されてきた。

 

プリオン病とCOVID-19ワクチン

しかし、クラッセン氏の主張のように、mRNA ワクチンがプリオン病やアルツハイマー病のような他の神経変性疾患を引き起こす可能性があることを示唆するエビデンスは存在しない。

USAトゥディは、数万人のボランティアによる臨床試験を含む、ファイザー社とモデルナ社のワクチンの両方に関するアメリカ食品医薬品局の試験評価レビューを検証したが、そのような(神経変性疾患に関する)言及は見つけられなかった。

同様に、アメリカ連邦政府のワクチン有害事象報告システム(VAERS)への報告でも、神経変性疾患様態に関する症例はない。

CDC の広報官は、以下のように語っている。

「 CDC のワクチン有害事象報告システムでは、COVID-19のワクチン接種後の、プリオン関連疾患、アルツハイマー病、または筋萎縮性側索硬化症(ALS)の報告は受けていません。これまでのところ、COVID-19ワクチンとこれらの状態との因果関係を示すエビデンスはありません」

ジョージタウン大学のウイルス学者アンジェラ・ラスムッセン博士は、クラッセン氏の論文には「科学的な重みがない」と述べた。

ウェイン州立大学医学部の外科および腫瘍学の教授であるデビッド・ゴルスキー博士は、2月22日のブログ投稿でラスムッセン博に同調した。

「この論文は、実際の分子生物学の科学者たちが納得する必要のある厳密さのレベルとは遠いもので、どこにおいても説明されていない方法論に基づくあいまいな関係の発見であり、これはあくまで推測からの全体像だ」

このように、我々の研究では、COVID-19ワクチンがプリオンやその他の神経変性疾患を引き起こす可能性があるという主張は誤りだ。

この主張は、ワクチンの mRNA 成分がプリオン病を引き起こすと主張する論文に由来している。どちらも mRNA ベースのワクチンを製造しているファイザー社もモデルナ社も、プリオンやその他の神経変性疾患の症例を報告していない。

したがって、コロナワクチンの mRNA 成分がプリオン病を引き起こすという主張は「間違い」である。


 

ここまでです。

この中の、

> ワクチン有害事象報告システム(VAERS)への報告でも、神経変性疾患様態に関する症例はない。

という部分は、なかなかのものです。

CDCのワクチン有害事象は、基本的に接種直後から、長くて数週間程度の間の事象についての報告であり、どう考えても、そのような短いスパンで進行するものではない神経変性疾患を、ワクチンのアレルギー反応などと同じスパンで括るというのは、書いている USA トゥディの記者の方も「無理があるかなあ」とは思われていたとは思います。

いずれにしましても、コロナワクチンの mRNA が、プリオン病を誘発するというのは「間違い」だとファクトチェックは断じてくれていますので、安心ということになりますでしょうか。

まあしかし、安心は安心として、論文を書かれた科学者の方は、「どのようなメカニズムで、 mRNA がプリオン病を誘発する」というような主張に至ったのかということには興味はあります。

探しますと、ワクチンとは関係のないものですが、2019年の論文に以下のような「 RNA 」と「プリオン病」という単語がタイトルに含まれているものがありました。しかし、これは難解すぎてよくわかりません。

RNA editing alterations define manifestation of prion diseases
RNA編集の変更はプリオン病の症状を定義する

プリオン病というものは、RNA の何らかと関係があるような感じらしいのですが、具体的にはこの論文からはわかりません。

ともあれ、コロナワクチンの影響を見るには、ADE (抗体依存性感染増強)に関して、秋から冬くらいまでなどの期間だとして、あと数カ月から半年、自己免疫疾患なら、およそ数カ月から数年、ガンとか神経変性疾患は時間的推移に個人差もありすぎて、期間を述べられるものではないですが、さらに長い期間の後になるのかもしれません。

コロナワクチンが時限爆弾となってしまうのかどうかは、実際には今はわかりません。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2021年からの世界, ディストピアへようこそ, 人類の未来, 健康の真実
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.