2020年5月以来、Googleさんに嫌われてしまったのか、「検索除外」のような状態となっていまして、In Deepは、通常の検索では、まともに検索されないかもしれないですので、直接ブックマーク(Windowでの方法はこちらMacでの方法はこちらiPhoneでの方法はこちら)していただければ幸いです。

2019年からの世界 アメリカの憂鬱 日本の未来

何だか放射能レベルの上昇がアメリカ全土に及んでいるのですが…。それと日本も何だか…

投稿日:

2019年11月11日の日本列島の放射能上昇レベルマップ


Nuclear Emergency Tracking Center




 

理由はまったくわからないですが

先日、以下のふたつの記事を連続で投稿させていただきました。

アメリカの「謎の放射能レベルの急上昇」についての記事です。

アメリカで何が起きている? 西部一帯で放射能レベルが急激に上昇中

アメリカの放射能レベルの急上昇から連想する、サンアンドレアス断層に沿う原子力発電所のことや史上最悪の山火事のこと

その時は、11月3日から 4日に、アメリカの「特に西部」で、放射能レベルが場所により大きく上昇していることが、アメリカ原子力緊急事態追跡センターのリアルタイム・マップで示されているということを取り上げました。

先ほども示しましたが、こちらがアイコンの区分です。

 

これを今日見てみましたら、また大きく変化していたのです。

11月4日と、今日 11月11日のマップを並べてみますね。

11月04日のアメリカの放射能レベルの上昇

netc.com

基本的には、11月4日前後は、アメリカの西部に集中していました。そして、今日のマップは以下のようになっていました。

11月11日のアメリカの放射能レベルの上昇

netc.com

明らかに東部にも拡大しているように見えるのですが・・・。

アメリカ全土に放射能レベルの急上昇が拡大しているように見えなくもないような。

数の変化を見てみますと、以下のように増えていました。

・警報レベル5 → 1から0に減少

・警報レベル4 → 2から3に増加

・警報レベル3 → 13から16に増加

・警報レベル2 → 14から26に増加

もちろん、これは時間によって、どんどん変化していくものですが、それにしても、「まったく状況が落ち着かない」というのは、どういうわけなのかなあと。

以下の記事で取りあげましたけれど、今アメリカは大変寒いのですが…それはさすがに関係ないでしょうしね。

https://earthreview.net/historical-cold-snap-hit-america-october-2019/

この「原子力緊急事態追跡センター」のデータは大体、以下のようなものです。

原子力緊急事態追跡センターについて

・アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)のリアルタイムモニター装置と、独自の監視ネットワークによる。

・現在は、米国と日本に約 300の放射線監視ステーションがある。

ここにあるように、日本にも監視ステーションがあり、それを見て見ますと、何だか日本も、福島と九州で、やけに放射能レベルが上昇していました。

以下は、11月11日の午後のものです。

11月11日の日本の放射能警戒レベルの変化

netc.com

何でしょうかね。

こういう放射能警戒レベルの変化というものが、仮に「ごく普通のこと」であるならば、日本の他の地域にも表示されると思うのですが、福島と、そしてなぜか九州が突出しているのです。

「何か起ころうとしてるのかなあ…」というような気もしたり、あるいは、そういうことではないのかもしれないとも考えますが、よくわかりません。見守るしかないようです。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

5

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

6

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

7

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-2019年からの世界, アメリカの憂鬱, 日本の未来
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.