地球最期のニュースと資料

In Deep

2019年からの世界 アメリカの憂鬱 日本の未来

何だか放射能レベルの上昇がアメリカ全土に及んでいるのですが…。それと日本も何だか…

投稿日:

2019年11月11日の日本列島の放射能上昇レベルマップ


Nuclear Emergency Tracking Center




 

理由はまったくわからないですが

先日、以下のふたつの記事を連続で投稿させていただきました。

アメリカの「謎の放射能レベルの急上昇」についての記事です。

アメリカで何が起きている? 西部一帯で放射能レベルが急激に上昇中

アメリカの放射能レベルの急上昇から連想する、サンアンドレアス断層に沿う原子力発電所のことや史上最悪の山火事のこと

その時は、11月3日から 4日に、アメリカの「特に西部」で、放射能レベルが場所により大きく上昇していることが、アメリカ原子力緊急事態追跡センターのリアルタイム・マップで示されているということを取り上げました。

先ほども示しましたが、こちらがアイコンの区分です。

 

これを今日見てみましたら、また大きく変化していたのです。

11月4日と、今日 11月11日のマップを並べてみますね。

11月04日のアメリカの放射能レベルの上昇

netc.com

基本的には、11月4日前後は、アメリカの西部に集中していました。そして、今日のマップは以下のようになっていました。

11月11日のアメリカの放射能レベルの上昇

netc.com

明らかに東部にも拡大しているように見えるのですが・・・。

アメリカ全土に放射能レベルの急上昇が拡大しているように見えなくもないような。

数の変化を見てみますと、以下のように増えていました。

・警報レベル5 → 1から0に減少

・警報レベル4 → 2から3に増加

・警報レベル3 → 13から16に増加

・警報レベル2 → 14から26に増加

もちろん、これは時間によって、どんどん変化していくものですが、それにしても、「まったく状況が落ち着かない」というのは、どういうわけなのかなあと。

以下の記事で取りあげましたけれど、今アメリカは大変寒いのですが…それはさすがに関係ないでしょうしね。

2019年10月のアメリカは「歴史的な低温」に見舞われていたことがアメリカ海洋大気庁のデータで判明。そして、11月はさらなる記録的な低温となることが確実に

この「原子力緊急事態追跡センター」のデータは大体、以下のようなものです。

原子力緊急事態追跡センターについて

・アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)のリアルタイムモニター装置と、独自の監視ネットワークによる。

・現在は、米国と日本に約 300の放射線監視ステーションがある。

ここにあるように、日本にも監視ステーションがあり、それを見て見ますと、何だか日本も、福島と九州で、やけに放射能レベルが上昇していました。

以下は、11月11日の午後のものです。

11月11日の日本の放射能警戒レベルの変化

netc.com

何でしょうかね。

こういう放射能警戒レベルの変化というものが、仮に「ごく普通のこと」であるならば、日本の他の地域にも表示されると思うのですが、福島と、そしてなぜか九州が突出しているのです。

「何か起ころうとしてるのかなあ…」というような気もしたり、あるいは、そういうことではないのかもしれないとも考えますが、よくわかりません。見守るしかないようです。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

2

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

3

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

生物学の科学誌 BioRxiv(バイオアーカイヴ)に発表された論文より ・Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike pro ...

6

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

7

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

8

・LA Times   最強のウイルスの特性 先日、親戚のお葬式に出席しました。 105歳で大往生した方の葬儀で、悲劇性はないものです。お通夜と告別式の両方に出席したのは久しぶりでした。 日 ...

9

世界最大級の学術データベース「サイエンスダイレクト」に掲載された論文 ・sciencedirect   関東なども、すっかり朝晩が寒くなり、「1カ月くらい前まで暑いとか言ってた気がするのに」 ...

10

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...

-2019年からの世界, アメリカの憂鬱, 日本の未来
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.