[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2020年からの世界 アメリカの憂鬱 人類の未来

奴隷制度「廃止」のために活動した人たちの彫像までも次々と破壊されるカオスの中で、アメリカは「なんでもかんでもやっちまえ」状態に

投稿日:

6月11日 19世紀に奴隷制度廃止のために闘ったマティアス・ボールドウィン像の姿

Rioters in Philly deface a statue of Matthias Baldwin




 

カオスUS

アメリカで暴動というのか反乱というのか内戦というのかわかりませんが、混乱が発生して半月以上となりましたが、もともとは、

「黒人男性への暴行に対しての抗議デモ」

というような名目で始まったために、たとえば、歴史上で奴隷制度に関わったような人物の彫像が破壊されたりするということが起き得ることは理解できました。

たとえば、奴隷商人として財を成したコロンブスのような人物の像が破壊されたりすることはわからないわけではないわけです。

6月10日 斬首された米ボストンのコロンブス像

NBC

やや無念げなコロンブスの首のほう

WBZ-TV

しかし、実際には、現在のアメリカで行われている「破壊」は、完全なカオスとなっているようでして、「破壊対象の理由の整合性が失われている」のです。

たとえば、6月7日の記事「パンデミック、経済崩壊、そして完全な社会的崩壊」では、アメリカの首都ワシントンのインド大使館にある「ガンジー像」が、ペンキで「この人種差別主義者め!」と書かれて汚損されたことを取り上げたことがあります。

6月4日 攻撃されたガンジー像

Indian Embassy US staff reporting vandalism of Gandhi statue

冒頭のマティアス・ボールドウィンという人は、19世紀のアメリカの蒸気機関車の発明家であり、奴隷制度の廃止のために活動した人物でしたが、この写真のように攻撃を受け続けています。

このあたりから「ああ、こりゃもう事態は単にカオスだ。整合性なんてありゃしない」と気づいてくるわけで、もちろん、そこには何らかの「背後の意図」が存在するのかもしれないですが、方向性や指向性を持たせずに、

「とにかく社会を混乱させる」

という一種の純粋破壊理念がアメリカ中に広まっているようです。

以下はこの数日で破壊、汚損されたアメリカの彫像の数々です。実際にはこの何倍もあります。

まずは、アメリカ合衆国の第 3代大統領で、奴隷制廃止論者であったトーマス・ジェファーソンさんの彫像は、6月14日に台座から外され破壊されました。

6月14日 米ポートランドにあるジェファーソン高校にて

Thomas Jefferson Statue Pulled Down

ボストンには「ショー記念碑 (Shaw memorial)」というメモリアル彫像があります。これは、アメリカの南北戦争で奴隷制度の廃止のために戦ったすべてのアフリカ系黒人の兵士たちへ捧げる記念碑で、アメリカで初めて黒人兵士の部隊を讃えるためにつくられたものでした。

それも以下のように破壊されて、落書きされまくり。

6月12日 南北戦争の黒人部隊を讃えたボストンのショー記念碑

BLM protestors vandalised the Shaw memorial

写真中央部に一部モザイクがかかっていますが、これは「アメリカのメディアでは載せられない単語」がそこに書かれてあるということだと思いますので、容易に想像できます。

以下の写真には、おそらく上の写真でモザイクが入れられていた文字が書かれています。

これは、奴隷制度に反対する活動を行っていた 19世紀のアメリカの詩人ジョン・グリーンリーフ氏の像です。

6月15日 カリフォルニア州ウィッティアにあるジョン・グリーンリーフ像

BLM protestors vandalized a statue of John Greenleaf in Whittier, CA

このジョン・グリーンリーフ彫像の写真右側に青いペンキで描かれている上段の単語が先ほどモザイクがかけられていたものだと思われます。

緑のペンキで描かれている BLM というのは、今回の一連の行動の象徴とされる「 Black Lives Matter 」という標語の頭文字です。

Black Lives Matter = 黒人の生命は重要だ、というような意味ですが、その名の行動の下で、アメリカの歴史で奴隷制度の廃止のために活動した人々や、それどころか、黒人兵士を讃える記念碑そのものが攻撃されているということになります。

ムチャクチャでしょー。

このような行動は世界中に広がっています。

 

 

ヨーロッパでも

イギリスでは、1970年代から 1980年までイギリスで活動したジャマイカ生まれの劇作家であり俳優の黒人男性であるアルフレッド・ファゴン (Alfred Fagon)氏の彫像が、何らかの腐食性の液体で攻撃されました。

6月12日 液体で攻撃された英ブリストルのアルフレッド・ファゴン像

'Bleach attack' on Bristol actor's statue shocks community

アルフレッド・ファゴン氏(1937 - 1986年)

alfredfagonaward.co.uk

もともと、この1週間ほどの間のイギリスでは、「人種差別主義者たちの彫像を破壊せよ」という運動が起きていまして、イギリスの元首相のウィンストン・チャーチル像とか、18世紀のイギリスの奴隷商人であるロバート・ミリガン像など次々と破壊されていました。

6月14日 倒されマスクをつけられた英スケッグネス市のチャーチル像

lincolnshirelive.co.uk

6月9日 英ロンドンのロバート・ミリガン像

Calls grow to pull down racist statues

英国 SUN の報道によれば、活動家たちは、「イギリス全土で 60の彫像が破壊されなければならない」としているそうで、記事にはそのリストも載せられています。

アメリカだけではなく、全体として、「なんでもかんでもやっちまえ」という方向性にもなっている感じもないではないです。

ニュージーランドでは、オークランドにある元首相ジョージ・グレイ卿の彫像がペンキで攻撃されました。

6月15日 オークランドの元首相像

A statue of Sir George Grey in Auckland's Albert Park was vandalised

他にも、検索していますと、おびただしい「彫像への攻撃例」が見られますので、欧米の主要国全域で起きていることなのかもしれません。

それでも、他国と比べてもアメリカの攻撃の「無分別」性は抜きんでており、革命や内戦というよりも、今や確かに、「無分別な反乱」というイメージのほうが強そうですが、しかし、ここまで整合性を失った動きとなっていることには、やはり背景がいろいろとありそうです。「無分別な反乱を装う」という行動は可能なことです。

以前、以下の記事で、アメリカのカオスは、すべてが「仕掛けられている」とするアメリカの心理戦とサイバー戦の専門家の主張をご紹介したことがあります。

アメリカの現在のカオスは自然でも偶然でもなく、「作戦計画」として仕掛けられ続けている。そのアメリカの行く末は国家の完全な分裂かそれとも…
In Deep 2018/06/30

アメリカで起きることは「常に意図的である可能性が高い」ということに言及しているのですけれど、今回の破壊的カオスもそうなのでしょうかね。

いずれにしましても、まだまだこの混沌とした状態は続いていきそうです。

 

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下のバナーからご登録できます。
Photo

In Deep は» 人気ブログランキングに登録しております。よろしければクリックなどしていただけると幸いです。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-2020年からの世界, アメリカの憂鬱, 人類の未来
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.