地球最期のニュースと資料

In Deep

「 ガン 」 一覧

9.11同時多発テロで対応にあたった警官や消防士たちが「ガンなどの疾患で今に至るまでずっと3日に1人の割合で死亡している」という事実から思い出すアメリカと核計画

9月3日の米国メディア記事より ・Gov’t Said the Air Was Safe, Now Thousands of 9/11 First Responders Have Cancer Spo ...



ポジティブ思考が「病気の人たちを殺し続けている」という現実に気づいたその日から

昨日、鼻から正体の知れない液体のようなものがスーッと流れてきていることに気づき、「こ……これは……まさか、オーストラリアで大流行している体内が溶けていってしまうというあの恐ろしい細菌による……」とアセ ...

なぜ私たち日本人は、いつまでも羊のように「自分の人生を慈悲のない他人に丸投げする」ことをガン治療において続けているのか

最近国内のニュースは、読むと暗い気持ちになるものが多かったり、あるいは理解できないものなども多くなっていることもあって、まったく見ない日も多いです。 ところが、今日何となくクリックしたニュースを読んで ...



テロの黙示録 vs ガンの黙示録

・vk.com   最近は、少し前にイギリスでテロがあったり、まあ、いろいろと物騒なことは頻繁に起きていますけれど、たとえば、どこの国ということではなく、もうずっと「テロとの戦い」というよう ...

金環食の日の「医療異端者の告白」の補足。そして、ベンゾジアゼピンと最新医療に滅ぼされていく人たちに祈りを捧げたく思い

チリで観測されたピンクの金環日食 2017年2月26日 ・Liberty Global   2月26日は、南米からアフリカまでの北緯 33度線をまたいで金環食が観測されるという大変に不吉な一 ...



文明と医療と人々の健康知識が進んだ国であればあるほど…

・WHO   今日、別の記事を書こうとしていた時に、ふとネット上で、あるランキングデータが目に入ったのです。 それは何となく意外性のあるランキングでした。   Sponsored ...

なぜ、地球は「病気の王国」になったのか : 現代社会を蝕んでいる病気たちの「正体」は、この地球を支配しているシステムと同列の中にあるものなのかもしれないし、そんなことはないのかもしれないし

・collective-evolution.com 地球の「システム」の正体はわからないながらも コレクティブ・エボリューション(Collective Evolution)というサイトがあります。冒頭 ...



人間が病気になる「基本的なメカニズム」(2): すべての疾患への扉となり得ている「多様化を失った」現代文明社会下でのストレスの本質

前記事:人間が病気になる「基本的なメカニズム」(1):交感神経・副交感神経の働きと「ストレスが引き起こすこと」の関係がぼんやりと理解できた日に ・spiritual evolution   ...

人間が病気になる「基本的なメカニズム」(1):交感神経・副交感神経の働きと「ストレスが引き起こすこと」の関係がぼんやりと理解できた日に

  ・Lymphocyte   今回、こんなタイトルの記事を書いているのには、いろいろな理由はあります。 たとえば、最近、25年以上の知り合いの人で、私より 10歳ほども年下の人が ...



カナダの大学が突き止めた「ガン腫瘍を最大80パーセント縮小させた物質の正体」を知り、人間の体の中には「病気をおこす物質と、治す物質」があらかじめ組み込まれていることを再認識する

2015年11月30日のカナダ・トロント大学のニュースより ▲ 左から、研究を行った、ヨシヒト・カノ博士と、マイケル・オー医学部教授。University of Toronto News より。 &n ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.