「 ワクチン 」 一覧

国立感染症研究所の報告、あるいはビオンテック社CEOの発言からわかる「すでに ADE (抗体依存性増強)の時期に達している」可能性。日本は11月頃から?

  いつまでも終わらないことを示唆する国立感染症研究所の報告 最近、国立感染症研究所の速報レポート「新型コロナワクチン接種後に新型コロナウイルス感染症と診断された症例に関する積極的疫学調査」 ...



どうせもう終わらないとはいえ… : ワクチンとマスクがコロナ感染をさらに拡大させる上に、人の免疫を根底から破壊するメカニズム

2021/07/27    , ,

vaccineimpact.com ワクチンには何もない。免疫剥奪効果以外は イスラエルの研究で、デルタ株だとか呼ばれている変異種に対してのファイザー社ワクチンの感染予防効果が 39%にまで下がったと ...

CDC内部告発者による「mRNAワクチンでのアメリカでの実際の死亡報告数は 4万5000人」を見て、それでも個人的に想定する「数十万人を超える死」の考えを払拭できない理由

2021/07/26    , ,

avert.org   アメリカの実際のワクチン有害事象での死亡報告数 まあ、日本では今のところ、厚生労働省によると、「コロナワクチンが直接の原因と見られる死亡事例はゼロ」ということになって ...



機械になっていく人間の社会を見つめながら

Così fan tutti 1916年4月4日のルドルフ・シュタイナーのベルリンでの講義より 西暦 2000年がカレンダー上で過ぎてから長くはかからないでしょう。 それは、アメリカから始まり、直接的 ...

「結局、ワクチン接種が進んだ国でだけ感染が爆発している」 : mRNAワクチンの世界最初の発明者が自身の懸念を表明。そして日本にもやってくる究極のカオス

  感染が爆発的に拡大しているのはワクチン接種の優等国ばかり 以前、世界で最初に、遺伝子ワクチン(DNAワクチンを1988年に発明)したロバート・マローン (Robert Malone)博士 ...



カルトからカタストロフへ : フランスで強制ワクチン接種が開始される中、変異種とワクチンと人々の自然免疫の喪失がもたらす未来社会は

times   デルタ株とワクチンの関係を見てみると 今朝、世界の感染確認数や死者数などをそれなりの国々で見ていて、やや驚きましたのが、「アジアがえらいことになってる」ことでした。 いくつか ...

近づくADE。ワクチンを接種した人たちは、迫り来る中期的リスクである ADE にどのように対処すればよいか

2021/07/13    , ,

hourglass   ADE (抗体依存性増強)の懸念の時期が近づいている 前回の以下の記事で、ゲイツ財団の元ワクチン開発局長だったヴァンデン・ボッシュ博士がコロナワクチンの使用を停止する ...



大量のワクチン接種が抑制できないモンスターウイルスを生み出す理由。そして、世界的にさらに壊滅的な事態が発生する前兆はすでに起きている

plague.info   パンデミックの「本番」がやや見えてきた時期に なんかこう、コロナの新たな感染確認事例が増えていましてですね。 国や地域によっては「パンデミックが始まって以来の多さ ...

幻のワクチン : ADE (抗体依存性増強)を誘発しないコロナウイルスワクチンが現行のファイザー社ワクチン以前に存在したことを明らかに示す厚生労働省の特例承認報告書

2021/07/07    , ,

  ADEが発生するほうが選ばれ 前回の以下の記事で、 > 要するに、「今は戦時だ」ということがお伝えできていれば幸いです。 と書きました。 厚生労働省発表の「コロナワクチンが原因の日本の死 ...



厚生労働省発表の「コロナワクチンが原因の日本の死亡者はゼロ」の資料を見て思う「戦時下感」。そして、中国軍の生物兵器開発の公式資料に思うその現実感

2021/07/06    , ,

  「コロナワクチンが原因で亡くなった人は一人もいません」 厚生労働省のウェブサイトでは、定期的にコロナワクチンの「副反応疑いの報告」というものを掲載しています。 その会の正式名称は、当事者 ...

ワクチンが不妊と流産をもたらすもうひとつの要素「ヒト絨毛性ゴナドトロピンへの影響」。そしてなぜ副作用として女性の不正出血が多いのかもこのあたりに

pxhere.com   増え続ける妊娠と出産の問題の中で 前回、mRNAワクチンが、少なくとも妊娠初期に対して壊滅的な影響を与えることについて、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ ...



流産率 82% : 医学誌に掲載されたmRNAワクチンによる妊婦さんの流産率の調査に見る「妊娠初期の母体と赤ちゃんへの壊滅的な影響」

2021/07/01    , ,

lifesitenews.com アメリカの論文データが示す妊娠状態への影響 カトリック系のサイト経由で知ったのですが、最近、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)に、m ...

自然のコロナスパイクタンパク質にも、そしてワクチン由来のスパイクタンパク質にも漂うHIVの気配

avert.org   今日「タンポポの抽出成分が、スパイクタンパク質を効率的にブロックする」という内容の論文を知りました。以下の記事で論文などをご紹介しています。 ドイツの研究で「タンポポ ...



次のターゲットは赤ちゃん

  今月からアメリカで販売される赤ちゃん用ワクチン 前回、以下の記事で、モデルナ社の「 RSウイルス用 mRNAワクチン」というものに少しふれました。 その特許開示文書はこちらにありますが、 ...

厚生労働省の医薬品部局による「コロナワクチン特例承認」書類で知る「闇」(というか本当に黒い部分が多いので)。蒙昧なその内容を皆様もご覧ください

pmda.go.jp   日本の歴史上でも珍しい承認の顛末が公開されている文書に 灯台もと暗し、というような表現がありますが、灯台はもともとは暗かったという意味だったでしょうか(違うわ)、と ...



「検査そのものをワクチン化させる」ことも可能かもしれないジョンスホプキンスと米国防高等研究計画局の素晴らしいテクノロジーを知る

写真はそれぞれ米ジョンスホプキンス大学のニュースリリースより。hub.jhu.edu   スロバキアの国民全員強制コロナ検査の「本当の理由」は 今回の話はわりと面白いと思うのですが、きちんと ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.