「 ワクチン 」 一覧

「目的が世界の人口を減らすことだった場合、それは機能しています」:査読付み論文を600以上発表している世界的な心臓専門医がワクチンを語る

2022/12/03    

  完ぺきなワクチンを学んだこの二年間 今回のタイトルの「目的が世界の人口を減らすことだった場合…」のフレーズは、最近の米エポックタイムズの記事のアメリカの内科医であり心臓専門医であるピータ ...



もう子どもへの推奨はやめやがれ! 

2022/08/13    

  悪魔とレギオンたちに惑わされないために Yahoo ニュースなどのコメントを見ていると、かなり多くの人が、ワクチン推奨、特に「子どもへの接種の推奨」にうんざりしていることがわかります。 ...

永遠のコロナ感染社会、そして永遠の医療崩壊社会。この原因はコロナではなく単なる人的要素。つまり人災

2022/07/20    , ,

  医療崩壊の間際で 今日(7月20日)は、日本の多くの県で、過去最大のコロナ感染確認が記録されたことが報じられていまして、日本全体の感染確認数も 15万人超えで過去最多、となったようです。 ...



接種者だけのパンデミック

2022/07/16    

  なぜこうなったかを普通に考えてみましょう あっという間に、 1日あたりの感染確認数が「過去最大を更新」した日本ですが、 「なんでこうなった?」 ということを、そろそろ本気で考えないと、こ ...

リュウゼツランが日本中で開花する中、「悪の三点セット」が社会を蝕んでいく。たとえば、梅毒はなぜ増えているのか……とか(答えはスパイクタンパク質)

2022/07/13    , ,

  50年に1度の開花事象が連続で発生中 この2週間ほど、日本各地で、「リュウゼツラン」という植物が開花しまくっています。 このリュウゼツランというのは、品種や気候により差はあるでしょうけれ ...



マスクとワクチンの黙示録に対して何もできなかった自分への懺悔

2022/07/04    , ,

小さな子どもが最大の被害者で 先日、韓国の朝鮮日報で、「小さな子どもたちの言語の遅れが激しくなっている」という報道があり、韓国もか…と思い、以下にその記事を載せています。   [記事] 韓国 ...

サル痘ウイルスは「感染力を保持したままエアロゾル化して浮遊する」ことを示す過去の論文。そして、今後の問題となるのは、またもウイルスそのものではなく「ワクチン」かも

サル痘のヒトからヒトの二次感染はエアロゾル化による空中伝播 サル痘が出現して以来、報道では、感染経路として「濃厚な接触」だとか、あるいは「性的接触」だとかいう表現が多く見られていますが、 「それだとこ ...



若い年代が最も犠牲になっていることが次第に明らかに。英国の公式統計ではワクチン接種した14歳以下の子どもの死亡率は、未接種の子どもの「5000パーセント」に達する

2022/05/11    

スコットランドでまた起きている新生児と乳児の死亡の急上昇 最近、以下の記事で、これからの世界の赤ちゃんと乳幼児たちについての懸念を、ある意味で曖昧に書かせていただきました。具体的に書いて楽しい話ではな ...

インドの著名な医学者と疫学者たちのグループがモディ首相にワクチン大規模接種の即時停止を求めた緊急書簡『COVID-19の真実:インドの声明』の内容

2022/02/14    , ,

  今のままではまた繰り返してしまう ヨーロッパを中心とした西洋各国で「何事もなかったかのように」コロナ制限やワクチンパスポート義務が撤廃され続けていますが、 「執拗にワクチン接種を強制した ...



コロナワクチンに対しての145カ国を対象とした過去最大となるビックデータ研究(ベイズ分析)により、「接種が進むほど事態が悪化している」ことが明確に判明

  本気で「ブースター接種を停止」しないとマズイかも タイトルにしましたのは、11月に発表されて、私は最近知ったカナダの大学のベイズ分析というものを用いた巨大で詳細な分析なんですが、その前に ...

医学誌ランセットに初めて掲載されたワクチン接種効果に対しての嫌疑記事 : 「これは未接種者によるパンデミックではない」

  混沌としていくヨーロッパからの提言 世界には、五大医学誌と呼ばれるものがありまして、その中でもランセットは広く知られている医学専門誌だと思われます。 そのランセットの 11月20日号に、 ...



全世界は一体何をやっているのか? 世界最悪の感染状況に陥るワクチン優等国イギリスと、成人の接種率ほぼ100%のシンガポールの泥沼に漂う史上最大の不条理

2021/10/31    , ,

  優等生諸国の今 最近、世界の感染状況を見ていて「いつまでこんなことやってる?」と思わざるを得ない感じが出てきています。 現在ヨーロッパを中心に、多くの国が第何波なのかは知らないですが、過 ...

終末的な感染爆発手前の穏やかな日本のひとときに、この精緻なワクチンについての過去の項目別リンクを示させていただきます

2021/09/30    , ,

  いろいろと見られなくなっていきますので 私は動画って全然見ない人で、LINE などを含めて SNS を一切やっていないせいもあるのですが、そもそも見たい動画をどうやって探すのかもわかりま ...



[決定打] イスラエルでの世界最大の研究で「ワクチン接種者はデルタ株から保護されない」ことが明確に。コロナ自然感染者との比較で、接種者は「感染率は13倍、症候性発症は27倍、入院率は8倍」という数値が…

  「自然感染での免疫が最大の防御となる」ことが確定した研究 今回ご紹介するイスラエルの研究は、もう「決定打」といえるものだと思います。 この論文は、コロナ自然感染での免疫を持つ人との比較で ...

妊娠されている方々が知ったほうがいいと強く思ういくつかのこと

  最後の扉が開きはじめて 今日、以下のニュースを見かけ、「ああ、ついに来たかこれ」と思いながら眺めていました。 最近なんか落ち込むニュースが多く、これもまたそのひとつですね。 日産婦「妊婦 ...



戦争で生き残るために : 今後ワクチンを接種しなければならない場合に、あるいはすでに接種した後の総力戦としての具体的なサバイバル手段を考える

懸念の根幹を今一度ふりかえる 最近ご自身の記事をすべて削除した医学者メルコラ博士が、アメリカ人医師のウラジミール・ゼレンコ博士へインタビューした記事をご紹介したことがありますが、その記事の最初にメルコ ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.