「 免疫 」 一覧

アメリカでサルモネラ菌感染が歴史的な大発生中。原因はおそらくは人々の極端な免疫の低下だが、 CDCは「タマネギを使った料理を食べるな」と狂気の通達

・CDC   異常な世界が続いていく パンデミック以来起きているさまざまなことが、少し前の世界から見ると現実だとは思えないような異常な出来事というか、「異常な物事の解釈」というのか、そういう ...



「細胞の状態は自分の意志で完全に変化させられる」ことを突き止めた米国CIAの研究。そして、不安とストレスは細胞の免疫力を徹底的に弱くする事実から思う「真の感染症予防」

・micropia.nl   感染が拡大している国で感染が拡大し続けるのが当たり前の理由 日本では全国的に、新型コロナウイルスの感染者数が過去最多だとか、独自の非常事態宣言だとか、新たな休業 ...

新型コロナウイルスは「抗体による免疫を獲得することができない」ことが世界的な医学研究により明らかに。これにより集団免疫という概念は崩壊し、ワクチンという概念も消えた

・thevisitor.co.uk   新型コロナは抗体も免疫も短期間で消滅する 最近になって、新型コロナウイルスの「厄介な事実」が次々と明らかになってきています。 今回は、科学誌ネイチャー ...



「Covid-19 は HIV」:米ペンシルバニア大学の研究で新型コロナウイルスが人間の重要な免疫細胞を「エイズ同様に消滅させている」と結論付けられる

・How the Coronavirus Short-Circuits the Immune System   新型コロナウイルスはHIVと同様であると結論付けられる 今回は冒頭の米ニューヨ ...

新型コロナと HIV は「ほぼ完全な兄弟」であることが判明。双方のウイルスが「人間の免疫細胞を破壊するメカニズム」において同じであることが見出される

・scmp.com   新型コロナウイルスが人間の免疫細胞を破壊する方法 新型コロナウイルスに「 HIV (エイズウイルス)」の要素があることが確認されたのは、4月のことでした。 これは以下 ...



新型コロナウイルスは感染して回復した後もHIVのように「永遠に」体内に残る可能性が医学的研究でさらに強く示される。それだけに、今の私たちにはストレスフリー環境と太陽光が必要なのに

  新型コロナウイルスは「地球上から消えない」とWHOが声明 昨日、世界保健機構(WHO)が、新型コロナウイルスが、「地上に永遠に残るタイプのウイルスになる可能性がある」として、そのたとえと ...

新型コロナの実際の感染者数がすでに数千万に及んでいる可能性をランセットに掲載された論文が示唆。そして、このウイルスは「多くの人が免疫を獲得できない」ために何度でも感染する可能性があることも判明

・thailandmedical.news   真実の感染拡大状況 新型コロナウイルスの各国の感染拡大状況は以下のようになっていまして、ロックダウンが続けられている西洋の国はどこも増加が止ま ...



[衝撃] 新型コロナウイルスは「人間の免疫機能の中心であるT細胞を攻撃」し、免疫系を完全に破壊する「HIV / エイズウイルスと同じ特徴を持っている」ことが米中の研究者により確認される

・South China Morning Post   今現在の騒動は「序章」かもしれない まあ……最初に書いておきますと、今回お知らせする報道は、明るいものではありません。というか、なかな ...

パンデミック宣言間近の新型コロナウイルスは「免疫を獲得できない」訳のわからないウイルスである可能性がさらに強くなる。中国では病院を退院した人たちの14%に再び陽性反応

・イタリアのベネチアカーニバルにフル防備で参加するカップル。カーニバルはその後中止に。 Fortune   得体の知れないウイルス In Deep の過去記事を検索していましたら、ふと、以下 ...



40年前のアメリカの小説『闇の眼』に出てきた史上最強の創造上の生物兵器は中国武漢の研究室で作られた。その兵器の名前は「武漢 - 400」

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

周博士の異常な愛情 または私はいかにして心配するのを止めてSTINGを愛するようになったか

・nature   ウイルスに対応する細胞の驚くべき対応メカニズムを知った日 2月2日の中国グローバルタイムズは、武漢の新型コロナウイルスが、「コウモリが媒介するコロナウイルスと 96%一致 ...



人から人へ感染することが確定した新型ウイルスがパンデミック化するかどうかの瀬戸際に立つ世界。「延べ30億人の中国人」が全世界に移動する春節が迫る中、感染回避の最善策を考える

・news.yahoo.co.jp   実際の感染者数は完全に未知の世界 中国の武漢という場所で発生したと考えられている、肺炎等を引き起こす可能性のある「未知の新型ウイルス」が発生して、10 ...

大流行している季節性インフルエンザに「かかったほうが良い」科学的理由 : それはその感染が「来たるべき新型インフルエンザのパンデミックから命を守る」から

H1型のインフルエンザウイルス ・atousante.com 今回の記事は、タイトルからは、いろいろと誤解されかねないものとなっていますが、ご興味のある方は内容をじっくりお読みいただけると幸いです。過 ...



不調子の中でぼんやりと考える「人体から取り除いてはいけないもの」を排除してきた自分の人生…。そして今、扁桃腺を切除した子どもは「一生、極めて高い疾病率を背負う」ことが研究によって明らかに

アメリカ国立衛生研究所 国立生物工学情報センターのデータベースより ・ncbi.nlm.nih.gov   実は、3日ほど前から、ちょっち(ちょっち、かよ)体に不調をきたしていまして、大した ...

私たち人間の遺伝子情報(ゲノム)は「自らの腸内細菌によってコントロールされている」ことが判明

そこから思う、感染症やガンや認知症の著しい増加の理由の原因のひとつは、抗生物質と超除菌の濫用社会での「腸内細菌の崩壊」なのかもしれないこと   2018年1月11日のアメリカの科学メディア報 ...



「1968年以前に生まれた人たちは鳥インフルエンザのパンデミックで死なない可能性」を示したアメリカの研究が示唆する「世紀末のメカニズム」

2016年11月10日の英国テレグラフより ・telegraph.co.uk   少子化時代に若年層をこの世から奪う可能性を持つ悪魔的ウイルスの登場のサイクルは? インフルエンザの流行に関し ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.