地球最期のニュースと資料

In Deep

「 戦争 」 一覧

ノーベル平和賞受賞者のワレサ元ポーランド大統領が語る「エイリアン戦争」。そしてウェブボットが語る「エイリアン戦争」と「日本人」

2019年3月26日のポーランドの報道より ・wiadomosci.onet.pl   ワレサ元ポーランド大統領はかく語る 昨日 4月1日のエイプリルフールは、「日本の元号が変わる」というよ ...



ロシアが構築した「世界終末核装置」。ポセイドンという名のその報復兵器の破壊力は、広島に落とされた原爆の5000倍…

2019年2月11日の米国ビジネス・インサイダーより ・Business Insider 終末兵器の決定版「ポセイドン」 今日、海外の報道を見ていましたら、 「ロシアが構築した海中で作動する終末兵器」 ...

南極と大西洋間で続いている「マイクロ波戦争」から辿りつく「謎の南極の構造物」は、ナチスドイツの幻影なのか、あるいは完全に未知の何かなのか

南極の不可解な構造物についてのロシアでの報道 ・earth-chronicles.ru Sponsored Link   ハリケーン・フローレンスに照射され続けた相変わらず謎のマイクロ波 昨 ...



気象コントロール戦争レースの行く末は… : 世界最大級の「高層電離層の攪乱システム」を建設している中国政府。そして「2025年までに気象を手にする」と宣言したアメリカ政府。「地球の気象を牛耳る」のはどちらか

香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストの記事より ・South China Morning Post カナダのメディア「グローバル・リサーチ」の記事より ・Globalre Search Spo ...

太陽活動と人類の革命と戦争の歴史

今回は、下の前記事の続きです。 太陽活動と人類の革命と戦争の歴史を振り返る(序章) この記事では、ポーランドにあるポジャギエロニア大学の教授が 1990年に発表した「太陽と人類社会の相関」についての論 ...



太陽活動と人類の革命と戦争の歴史を振り返る(序章)

アレクサンドル・チジェフスキーの研究以降の人類の歴史と太陽 ・NASA 黒点観測が始まってからの起きた「革命」の時期 ※ この図は、あとで日本語になおして掲載します。 少し前に、 ・眠りにつく太陽 : ...

「死の光」は美しさの絶頂へと……。それが示すことは、単に核が果てしなく膨張し続けているだけの大陸間弾道ミサイル真っ盛りの世界だったり

2017年10月26日 ロシア・トムスクで撮影された光 ・fobosplanet ロシア・トムスクの別の場所から撮影された同じ光 ・Alexey Yakovlev 10月26日、ロシア西南部からノルウ ...



今年最大規模の太陽からの磁気嵐の直撃の渦中にある地球

本日は、私としては遠出にあたる外出をする予定がありまして、短い記事となるのですが、ひとつ書いておきたいと思っていたことがありまして、実は今、この地球は「ものすごい磁気嵐」に見舞われているのです。 原因 ...

「パニックを起こしているかのような太陽」の過去2年間で最大級の黒点の急増。そして、海外の報道も少しパニックを起こしているような

2017年9月5日の英字報道より ・asia.nikkei.com あっという間に地球の何倍ものサイズに膨れあがった黒点群2673 ・spaceweather.com Sponsored Link & ...



太陽が産む暴力の瞬間 : この1年間で最大級の黒点活動の極点で起きた「前回の十数倍の規模かもしれない北朝鮮の水爆実験」の行方

9月3日午後3時30分のアメリカ地質調査所のリアルタイム地震データ ・USGS 核実験後に「今回の爆発は前回の9.8倍で歴代最強」と報じる韓国メディア ・yonhapnews.co.kr 今日の太陽黒 ...

大西洋上の「電磁波戦争」 : 南極と南米間の「謎のマイクロ波の応酬」が戦いじみた様相を呈してきていることを知る

2017年7月4日の南大西洋上のマイクロ波の状況 ・Huge Mystery Beam Shoots Down to Antarctica On MIMIC Map 同じ日の別のレーダー記録 ・Mas ...



戦争戦争また戦争 : アメリカは「建国以来241年間のうちの220年」を戦争に費やしていた(そして今、米国の退役軍人は年間7300人が自殺している)

7月8日の米国メディアの記事より ・American Herald Tribune Sponsored Link   7月4日はアメリカの独立記念日でした。 1776年7月4日が最初のアメリ ...

ファティマ100周年の進行中に太陽黒点が唐突に急増した中でのテロや弾道ミサイル …… あるいは今再び思い出す「EMP兵器」

英国マンチェスター上空に輝いた二重の虹 2016年11月4日 ・Stunning double rainbow over Manchester 「いま私たちが流血の時代の下で体験していることの意味は、 ...



23年前のイスラエルの宗教的指導者の予言を思い出す春の夜 : 「イスラエルの最大の脅威はリビアでもイランでもイラクでもシリアでもない。それは朝鮮(コリア)になるだろう」

2017年4月24日のイスラエルの報道より ・breakingisraelnews.com Sponsored Link   「この世の終わりはコリアから」と イスラエルの宗教指導者ナチマー ...

またも太陽からの強烈な磁気嵐の影響で世界各地の空が輝き始める中、アメリカでは3大都市同時停電が発生したり、核攻撃演習も進行する中で迎える4月25日

太陽がまたこの数日、さまざまな要因により激しい磁気の影響を地球に与えており、その影響で、アメリカ本土では「鮮やかな紫」のオーロラ、あるいは南半球のニュージーランドでは「真っ赤なオーロラ」が出現したりす ...



「平壌で市民への即時の避難命令」が出されたとされる北朝鮮の住民たちの間で2016年に広がっていた北朝鮮のババ・バンガによる予言「2017年は北朝鮮の大地に血があふれる」

ロシア・プラウダの報道より ・Kim Jong-un orders evacuation of Pyongyang 懸念というのか何というのかわからないですが、そいろいろなういうものが高まっているので ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.