「 戦争 」 一覧

深化する戦争 : 日本の国土面積の1.7倍あるアフガニスタンの全土占拠までの日数から見れば「他もいろいろ一瞬」という現実感。そして米軍のワクチン崩壊の懸念さえを目前にし

54年前(1967年)のアフガニスタンの首都カブール。In Deep 、 PBase   たった11日 最近、「タリバンがアフガニスタン全土を掌握した」というニュースが流れたわけですけれど、 ...



世界中で深化する「愛」を人質にするワクチン優生学戦争。そして日本の有害事象でのこれまでの実際の死亡者数の推定

2021/08/04    , ,

  従わない限り「会いたい人とは会えません」 米エポックタイムズの記事を見ていましたら、オーストラリアの州当局が、 「ワクチン未接種の高齢者は、あなたの孫に近づかないで下さい」 という警告を ...

そろそろ気づきましょう。戦場にいるということを

2021/07/11    , ,

Amarate Tansawet   いやあ、社会がどんどん重くなっていきますね。とか言いながら、最近では、反応が平坦になるようなことが多く、やや「戦場慣れしてきた」のかもしれません。 とは ...



お前は「23andMe」、オレは「self23」: 遺伝子配列決定産業の支配者が子どもたちの機械化を目指しているトランスヒューマニズム戦争の構図に思う自らの悪魔性

2021/06/28    , ,

(左)2021年6月17日にナスダックに上場した遺伝子検査企業 23andMe の上場初日。 (右)生物戦争下の上流階級の生活を描いた self23 の1994年公演『ガスマスク男爵』パンフレット。 ...

北緯33度から放たれた終末がまたひとつ:ベイルートの終末的な爆発から思う世界の次の段階

・8月4日 レバノンの首都ベイルートでの爆発。beirut explosion   レバノン、そしてフェニキア レバノンの首都ベイルートで「倉庫で爆発が発生した」というニュースのタイトルだけ ...



トランプ大統領とその叔父ジョン・G・トランプ博士 - そしてニコラ・テスラの間に存在する「奇妙な関係」。この地球から戦争を消そうとしたテスラの意志を止めたのは誰?

ドナルド・トランプ大統領の叔父の科学者ジョン・G・トランプ氏(1907-1985年) ・Google   再度、Covfefeに導かれて 日付けを見てみれば、2017年とありますので、もう ...

戦争の噂に満ちた世界、そして民は民に、国は国に敵対して立ち上がっている今、朝鮮半島発の終末の観念と、ラダックからの混乱を再び見ている

・Maracaibo, Venezuela April 23, 2017 新約聖書『マタイによる福音書』 24章 06-14節 戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない ...



アルマゲドン戦争の影 : 「イランがイスラエルの飲料水に化学物質を放ち、市民多数を毒殺するためのサイバー攻撃を敢行」との報道。そして、イスラエルによるヨルダンの強制併合が7月1日に迫る

・christianity.com   イスラエルが導くかもしれないアルマゲドン 世界的に混沌としてきていまして、アメリカでも緩急の差はあるでしょうけれど、前回ご紹介しました以下の記事のよう ...

中国人生物学者たちが「感染可能なSARSコロナウイルスとH1N1ウイルス」を繰り返しアメリカの空港に持ち込んでいた事例を米FBIが「重大な生物学的リスク」として2019年11月に警告していた

・2019年11月に発行されたFBIの報告書。news.yahoo.com   パニックの中で考える陰謀論 新型コロナウイルスのパンデミック以来、さまざまな「陰謀論として扱われる話」が、世に ...



2020年に現代中国を襲う厄災を予想していた古代中国人たちの智恵。60年に1度やってくる干支「庚子の年」の過去を振り返れば…

・東洋医学の始祖とも言われる紀元前の王「黄帝」が約4500年前に記した「黄帝地母経」より、2019年と2020年の社会の状態の描写。内容は後述します。soundofhope.org   中国 ...

ノーベル平和賞受賞者のワレサ元ポーランド大統領が語る「エイリアン戦争」。そしてウェブボットが語る「エイリアン戦争」と「日本人」

2019年3月26日のポーランドの報道より ・wiadomosci.onet.pl   ワレサ元ポーランド大統領はかく語る 昨日 4月1日のエイプリルフールは、「日本の元号が変わる」というよ ...



ロシアが構築した「世界終末核装置」。ポセイドンという名のその報復兵器の破壊力は、広島に落とされた原爆の5000倍…

2019年2月11日の米国ビジネス・インサイダーより ・Business Insider 終末兵器の決定版「ポセイドン」 今日、海外の報道を見ていましたら、 「ロシアが構築した海中で作動する終末兵器」 ...

南極と大西洋間で続いている「マイクロ波戦争」から辿りつく「謎の南極の構造物」は、ナチスドイツの幻影なのか、あるいは完全に未知の何かなのか

南極の不可解な構造物についてのロシアでの報道 ・earth-chronicles.ru Sponsored Link   ハリケーン・フローレンスに照射され続けた相変わらず謎のマイクロ波 昨 ...



気象コントロール戦争レースの行く末は… : 世界最大級の「高層電離層の攪乱システム」を建設している中国政府。そして「2025年までに気象を手にする」と宣言したアメリカ政府。「地球の気象を牛耳る」のはどちらか

香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストの記事より ・South China Morning Post カナダのメディア「グローバル・リサーチ」の記事より ・Globalre Search Spo ...

太陽活動と人類の革命と戦争の歴史

・Christianity   今回は、下の前記事の続きです。 太陽活動と人類の革命と戦争の歴史を振り返る(序章) In Deep この記事では、ポーランドにあるポジャギエロニア大学の教授が ...



太陽活動と人類の革命と戦争の歴史を振り返る

アレクサンドル・チジェフスキーの研究以降の人類の歴史と太陽 ・NASA 黒点観測が始まってからの起きた「革命」の時期 ※ この図は、あとで日本語になおして掲載します。   少し前に、 ・眠り ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.