地球最期のニュースと資料

In Deep

「 脳 」 一覧

嗅覚が弱い高齢者は「10年以内に死亡する確率が通常より50%高い」という最新のアメリカの研究結果に見る、人間にとっての匂いの重要性

医学メディア「ニューロサイエンス・ニュース」より ・neurosciencenews.com   嗅覚は人間の健康のかなりの部分を支配しているかもしれない 先日、以下の記事で、「嗅覚」あるい ...



オーストラリアの大学の研究者が「恐怖の記憶を消滅させる」脳内のメカニズムを発見。それはDNAのエピジェネティクス的な働きによる

私たちは自分の中に「恐怖の記憶を消滅させる」機能を持っている   2019年2月19日のオーストラリア・クイーンズランド大学のニュースリリースより ・University of Queens ...

アメリカの行動療法の研究で「実際の音を聞く」ことをしなくても「その音を想像する」だけで「脳に対して同じ効果がある」ことが発見される。…ということは…

11月21日の米医学系メディア記事より ・Medical Xpress   昨日 11月23日に、メルマガ第14号を発行させていだきました。タイトルは、「人類と地球が直面しているのは「創造す ...



「腸は第二の脳」……ではない。腸内システムは脳をも支配している「第一の脳」である可能性が高まる。それが意味するところは「人間は細菌に理性までをも支配されている」ということで……

・腸管神経系 今日、ロシアのメディアで興味深い科学報道を見つけまして、そして実は、これはこの数カ月ずっと考えていたことと関係していまして、ご紹介したいと思いました。 その記事は、「腸は脳から独立した人 ...

脳の老化を構造的に止めるために : ハーバード大学が突き止めた「瞑想は脳の神経細胞を再構築」すること。そして瞑想が「脳の若さに甚大な差」をもたらすことも判明

ハーバード大学の研究を報じたメディア記事 ・Harvard MRI Study Shows Meditation Rebuilds Brain’s Grey Matter in 8 Weeks 上の記 ...



「私は素晴らしい世界に生まれて、その世界に生きている」

模索していた「革命的自立生活」の最終段階の概念「苦痛の除去」の方法論と出会ったことについて   ・Great Lakes Gazette 唐突なタイトルかもしれないですが、今の私たちがどのよ ...

人間の脳はどんな宇宙構造よりも複雑であること。そして、その脳の「認知」を支配しているのはその中の「遺伝子」だった

「人間の脳に比べれば、銀河系など単なる不活性な塊に過ぎません」 — 物理学者ロジャー・ペンローズ   ▲ 2015年12月21日の Daily Galaxy より。   今回はデイ ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.