[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2017年からの世界 悪魔の輪郭 拡大する自然災害

ドクロに囲まれた地球 - 2017年の夏は地獄か天国か

投稿日:

2017年7月12日 イタリア・ヴェスヴィオ火山

Fire rages at Italy's Mount Vesuvius

冒頭の写真はイタリアにあるヴェスヴィオ火山の最近の様子ですが、先刻、地球の記録の以下の記事でそのことをご紹介させていただきました。

ポンペイを滅ぼしたイタリアのヴェスヴィオ火山が破局噴火? ……ではなく……
 地球の記録 2017/07/16

まるで、カルデラ噴火のごときすさまじい様子なのですが、これは実は噴火ではなく、「火災」なのです。

instagram.com

ヴェスヴィオ火山を含むイタリアの領域で大変大規模な森林火災が発生していまして、その様相がこのような破局的ともいえる様子を作り出しています。

この中に出現したある光景から、「そういえば地獄の夏が近いなあ」と、ふと思ったのでありました。

Sponsored Link


 

夏はいつでもスクリーム

さて、そのヴェスヴィオ火山の「破局噴火のような火災」の中に出現した光景が下のものです。

7月12日 イタリア・ヴェスヴィオ火山

Daily Mail

噴煙のような火災の煙が「顔」のごとくなっているのですね。

 

これはネットにおいて「ドクロのようだ」などと話題になっています。

ドクロというより、個人的に思い出すのは、1902年の映画『月世界旅行』で有名なジョルジョ・メリエスの晩年の映画『極地征服』(1912年)のラスボスだったりしますが。

映画『極地征服』のラストの敵

・The Conquest of the Pole (1912)

まあ一応、「ドクロ」ということで思い起こしますと、ここ1〜2年は、「自然の現象にドクロみたいな形状が伴う」ことが多かったような気がします。

昨年 10月には、「マシュー」という名の強いハリケーンが中南米からアメリカにかけて接近しましたが、その赤外線画像が話題となったことがあり、

悪魔顔のハリケーン、米国Yahooの情報スキャン懸念へのスノーデンさんの言葉に思うこと…
 2016/10/06

という記事でご紹介したことがあります。

下が、そのハリケーン「マシュー」の画像です。

2016年10月5日のハリケーン「マシュー」

・CNN

これもドクロとか悪魔とかいろいろと言われたものでしたが、2017年の今現在も「成長しそうなハリケーン」が太平洋で発生しています。

それは「フェルナンド」という現在カテゴリー 4のハリケーンで、メキシコに近づいているのですが、7月15日の時点で下のような赤外線映像を提供してくれています。

2017年7月15日のハリケーン「フェルナンド」

・NOAA / NASA

今はまだウーパールーパーみたいな感じですが、成長次第では、昨年の悪魔顔のハリケーンのようなことになるかもしれません。

ちなみに、昨年の悪魔顔のハリケーン「マシュー」の被害は甚大で、特にハイチなどに壊滅的な被害をもたらしました。下は昨年の BBC のニュースからです。

大型ハリケーン「マシュー」、ハイチの死者800人超に

BBC 2017/10/08

ハイチ市民保安庁は7日夜、大型ハリケーン「マシュー」に直撃された中米ハイチで、死者数が800人を超えると、それまでの数字を倍に更新した。

暴風雨で孤立した南西部に救助隊が到着するに伴い、確認される死者数が増えている。国連は、約35万人が援助を必要としていると推測。被害の全容が判明するまでにはまだ数日かかると警告している。

 

まだ 7月ですが、日本を含め、全世界で豪雨や洪水の被害が続出している中、本格的な台風、ハリケーンシーズンはこれからです。

それと、「最近のドクロ顔」で印象的だったのは、2015年10月のハロウィンの日に地球に接近した小惑星「 2015 TB 145 」でした。

2015年10月31日に地球に最接近した小惑星 2015 TB145

スクリーム顔の小惑星、謎の星 KIC 8462852…

これは実際に、報道で「ドクロの顔を持つ」というタイトルがつけられた「公式なドクロ」でもありました。

2015年11月1日のAFPより
AFP

そんなわけで、「ドクロ」絡みでいろいろ思い出したのですが、しかし、現在のドクロの場所は、どれもそれぞれ様々な懸念がある場所でもあります。

ドクロ顔の煙が出ていたイタリアのヴェスヴィオ山とその周辺は、大規模な火山活動が近づいている懸念が科学者たちから出ていることを、過去記事、

「ネアンデルタール人を滅ぼしたかもしれない超巨大火山」は、現世人類に同じような打撃を与えることができるか否か : イタリア・フレグレイ平野 (2017/01/11)

ポンペイを壊滅させたイタリア・ベスビオ火山近くの海で「未知の海底火山が6つ」同時に発見される (2016/10/04)

などで記したことがあります。

ヴェスヴィオ火山近くで2016年に新たに発見された「6つの未知の海底火山」

・INGV

ハリケーンの巨大化は、

瞬間最大風速200メートルの台風やハリケーンが現実化する?:モンスター・ストームと、海底火山、小惑星の衝突の関係が MIT の研究により明らかに
 2015/10/26

という記事で書きましたように、海面温度の高温化により、とんでもない規模のハリケーンが出現する可能性が現実味を増しています。

昨年「スクリーム顔」をしていた小惑星については、天体衝突の懸念は言うまでもないところでもあります。

とても暑かった今日は、ボーッとした頭で「最近のドクロ」と世相と未来を朦朧と考えていたりしたのでありました。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-2017年からの世界, 悪魔の輪郭, 拡大する自然災害
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.