ブログ記事の引用・転載はすべて自由です。その際、ページのリンクを示していただけると嬉しいです。以下でキーワード記事検索ができます。

7月12日にメルマガマスクがもたらす「子どものガン」。そして将来の飢餓が子どもたちにもたらすものを発行させていただきました。

2023年からの世界 ディストピアへようこそ 人類の未来 人類の覚醒と真実 悪魔の輪郭 日本の未来

人類は悪魔に負けてしまったのだろうか?シュタイナー氏が述べていた「闇の精霊たちとの戦争」の現在の状況を冷静に考えてみる

投稿日:2023年5月18日 更新日:




 

「もう終わっちゃったのかな」…「まだ始まってもいねえよ」

先日、夕食のときに、戸棚から DVD がふいに落ちてきて、拾ってみると、北野武監督の『キッズ・リターン』(1996年)でした。

ケースがなく、DVD メディアそのものが本棚から落ちてくるという管理の悪さを物語る出来事でしたが、この映画は、北野武監督の映画の中で私が一番好きなものです。

ごはんを食べながら、一家で見たのですが、この映画のラストの台詞を久しぶりに聞きました。

 

「オレたちもう終わっちゃったのかな?」
「バカヤロ、まだ始まっちゃいねえよ」

 

最近この、「オレたちもう終わっちゃったのかな?」の、「オレたち」を「人類」に置き換えて考えることがあったこともあり、考えました。

どこかに「人類は悪魔との戦争に負けた」という思いがあることを否定することが難しい時があります。

これは、ワクチン接種キャンペーンが行われていた渦中よりも、それが基本的に終わった今となって、さらに強く感じます。

 

昨日、なんとなく見ていた海外のサイトに、「シュタイナーとブラッド・デーモンズ」というタイトルの記事があり、ブラッド・デーモンズ (Blood Demons)をどう訳せばいいのかわからないので、カタカナにしていますが、シュタイナーの専門家「ではない方」が、100年以上前の、シュタイナーのスイスでの講義について長く書かれていました。

これは、1917年10月に、スイスのドルナッハで行われた一連の講義で、『闇の精霊の堕落』という議題がついたものでした。

以下の記事で取り上げたことがあります。まだ日本でコロナワクチン接種が始まる前にもかかわらず、私自身がすでに絶望している様子がわかる記事です。

[記事] コロナとそのワクチンが世界を席巻する勝利の日に立ち尽くしたりして
 In Deep 2021年2月23日

 

ここでは、100年前に、悪魔的存在は「ワクチンを用いて人類から霊性を剥奪するだろう」とシュタイナーさんが述べていた部分を抜粋しています。

 

(1917年10月27日のシュタイナー氏の講義より)

> ワクチンは、人びとがまだ非常に若いときに、その魂から精神性へのすべての傾向を取り去ることになるでしょう。そして、これは生きている身体を介して行われます。

> …そして、ワクチンは彼らに免疫をもたらすと共に、霊的生活に関連した「唯物論者の目には愚かな傾向」にうつる精神性を発達させないようにするでしょう。

 

また、以下の記事では、同じ一連のシュタイナーさんの講義で、「金融業と報道メディアによる人類の管理体制の確立」についても述べていた部分を抜粋しています。

[記事] 講義「闇の精霊の堕落」で知る100年前も今も報道によるコントロール体制は同じだという既視感ワールド
 In Deep 2021年8月15日

 

シュタイナーさんが述べていたことは、すでに「オカルトの範疇の出来事ではない」ことは、この現実の中で認識されている方も多いと思われます。

このまま進めば、本来の人類は消えていくことになります。

 

今後、この現在のあらゆる唯物論的な「体制」が「崩壊」しなければ、悪魔の勝ちであり、私のようなイケメン(ここでその言葉が出るか)は退散するしかないでしょう。

思えば、私は、何だか夢のように(悪夢を多く含んで、ですが)人生を送ってきましたが、完全に唯物論に支配された社会では生きられなさそうです。

Oh! 退散か…太田胃散か…(こんなこと考えていないでいいから)。

 

ともかく、そのシュタイナー専門家ではない方の文章は、なかなかよかったですので、翻訳したいと思います。

適時、太字で強調させていただいています。




 


シュタイナーとブラッド・デーモンズ

STEINER & THE BLOOD DEMONS
wakingtimes.com 2023/04/20

人類は霊的な攻撃を受けているのだろうか。ルドルフ・シュタイナーが、1世紀以上前に「ワクチン」が人類の敗北への伝達システムになるだろうと述べ、そのことについて警告していたというのは本当なのだろうか。

多くの人にとって、新型コロナウイルス感染症に対する世界中の政府の過度に権威主義的な対応は、より深く、より邪悪な原動力であることを示していた。

しかし、奇妙に見えるのは政府だけではない。過去 2年間、私たちは社会の幅広い層の人々が自分たちの自由に対する厳しい攻撃におとなしく服従し、その多くがその攻撃を激しく擁護するのを目撃してきた

同様に、かつては個人の自由と経済的自律の綱領を掲げて活動していた政治家や政党が、ほぼ一夜にして横暴な管理狂に変わり、私たちの生活のあらゆる側面を細かく管理しようとするのを私たちは見てきた。どうしてこんなことが起こったのだろうか。

最近、「集団形成精神病」という言葉を誰もが口にするようになった。

これは、多数の人々が自主的に脱個性化のプロセスを経て、集団心理が形成される心理現象として定義されている。個性を失った人々に影響を与える思考形態は、その伝染性の性質により、ニュース番組、ソーシャルメディア、仲間同士の交流などのポジティブなフィードバックループによって触媒され、山火事のように人口全体に広がった。以前は、これは群衆心理、または、より平たく言えば群衆の狂気と呼ばれていた。

 

心理学: 科学からオカルトまで

過去数年間の出来事を経験したとしても、さほど驚かなかったかもしれない人物として、ほぼ一世紀前に亡くなったオーストリアの秘教哲学者で神秘主義者のルドルフ・シュタイナーがいるだろう。

シュタイナーは生涯を通じて数多くの本を執筆し、その理論について何千回もの講演を行い、建築から教育、農業から養蜂に至るまで、さまざまな分野に多大な貢献をした。

彼の非常に独自で、時には物議を醸す洞察と手法は、人間の無限の可能性の存在を強調する人智学として知られる精神的な運動の創設につながった。

一部の難解な思想家たちとは異なり、シュタイナーは唯物論的科学の重要性を認識していた。しかし、それは、現実の単なる一側面として見ることが重要であり、理想的には神秘的経験によって得られた、彼が「精神的科学」と呼んだものと組み合わせる必要があると主張した。

科学者たちが物質的領域を超えた洞察を得るとき、ブレークスルーが起こることがよくある。

たとえば、絡み合った 2匹の蛇が登場する夢の中で DNA の二重らせん形状を発見したとされるジェームズ・ワトソンの有名なケースだ。同様に、ドミトリ・メンデレーエフは、「すべての元素が必要な位置に収まる表」という夢をもとに周期表を作成した。これらの事例は、すべての科学的発見が論理的な推論と実験の結果であるわけではないことを示している。

(※) ドミトリ・メンデレーエフは元素周期表を作成したロシアの科学者です。

 

実際、幼少の頃から神秘的な洞察を受けていたシュタイナーは、その透視能力を磨き、従来とは異なる情報源から得た情報が、時折の閃き以上のものとなった。

彼の探求は、客観的な超感覚的知覚を獲得するための方法の確立となった。シュタイナーは、霊的領域で壮大な戦いが繰り広げられており、正面から取り組まなければ人類に悲惨な結果をもたらすと信じていたため、これが最も重要な課題であると考えた

 

闇の精霊たち

人類の将来の運命についての彼の最も明確な警告は、スイスのドルナッハで生涯の終わりに向けて行われた一連の講演の中で発せられた。

これらの講義は、『闇の精霊の堕落』という本に再録されている。

シュタイナーを批判する人たちは、彼の散文は先導的で、講義は蛇行し、概念を理解するのが難しいと述べることが多いが、科学的唯物論への執着が引っ張られることなく自由に統治できるようにした場合に、人類を待ち受ける運命については、シュタイナーは驚くほど明快で率直だった。

これは、講義『闇の精霊の堕落』シリーズの最後の 2つの講義 (第 13回と第 14回) で最も明確に示されている。これらの講義は、それぞれ「 堕落した精霊の世界 未来への影響」と題されている。

シュタイナーは、19世紀初頭に、目に見えない戦いが起こり、 特定の「闇の精霊たち」が敗れたと主張している。これらの霊は天上の領域から正式に追放され、より物質的な存在の平面、つまりここに投げ落とされた。シュタイナーはこれが起きた 1879年の秋について驚くほど正確に述べている。

これらの新しく到着した精霊たちは、すでにここにいた精霊たち、つまり堕落に関連した神話の時代から人類とともに存在し、人類に影響を与えてきた精霊たちに加わった。

これらの悪霊が人間社会に浸透するには時間がかかることを考えると、彼らの悪影響が第一次世界大戦という形で人間社会に現れたのは 1914年になってからだった。この悲惨な出来事の原因は未だに歴史家たちからは世俗的な問題となっている。

 

ルシファーとアーリマン

シュタイナーによれば、アーリマン(古代ペルシャのゾロアスター教徒によって最初に特定された悪魔)とルシファーは何千年も人類をハッキングしており、ルシファーは私たちをより霊的にし、より多くの自由意志を与えることを意図した「光をもたらす者」であり、アーリマンはその逆で、私たちをより物質主義的で快楽的にすることを目的としてコントロールする

単純化して言えば、ルシファーは上昇する影響力であり、アーリマンは下降する影響力だ。

なぜ彼らはこれを行う必要があるのだろうか? まあ、それは私たちには分からないことであるだけだ。

何が天使と悪魔を動かすのか、私たち人間の頭では理解するのは難しい。しかし、シュタイナーによると、霊界で周期的な戦いが起こるたびに、新たな増援部隊が物質界に放り込まれ、すでにここにいる者たちと力を合わせる傾向があるという。

シュタイナーは、アーリマン(悪魔)が現在優位に立っていると語った。シュタイナーはアーリマンと個人的な関係を持っており、幻視で彼の顔を見ることがあった。実際、シュタイナーは亡くなる時もまだその似姿を木から彫っていた。


シュタイナーが彫ったアーリマンの彫刻

 

アーリマンの主な目的は、人類をいかなる霊性も欠いた純粋に物質主義的な状態に引きずり込み、私たちの魂とつながりたいという衝動さえ取り除くことのようだ。

その攻撃方法は、科学技術を利用し、この議題を押し進めるために権力と影響力のある人々の心を掌握することによって行われるだろう。これらのコントロールされた人々は、科学者、政治家、宗教指導者、または何らかの影響力を持つ人物である可能性がある。

彼らに悪魔の力が働く。これらの人々自身も、貪欲や権力への欲望など、あまりにも人間的な欠点に目がくらんでいて、何が起こっているのかを認識するための基本的な認識を欠いている可能性があるとシュタイナーは言う。

 

新しい時代の新しい宗教

この権力掌握の背景には、無神論の台頭と科学と進歩の崇拝があった。現在、私たちは純粋に唯物論的な観点がすべての創造物の唯一の説明として提示されている状況にある。無神論は一部の人にとって事実上の宗教となっている。

一方、ネイティブな精神性の豊かな伝統は脇に追いやられ、無神論の足元に押しつぶされてきた。人、動物、そしてすべての生命は同じように冷たい目で見られる。

今では、それらはすべて、悪用できるタンパク質や遺伝コードの単なる入れ物にすぎない

この劇の終盤は、精神と光が消え去った荒涼としたモノクロの世界として描かれ、そこでは心も精神も壊れた人間が群れをなして実験動物のように監視されている

このシナリオがどのように促進されているかが今はわかる。

ハイテク企業の CEO たちは、私たちの脳内に含まれる「データ」をマイクロチップにアップロードするという形で永遠の命というニンジンをぶら下げて、そして、それは、ほとんど聖人か菩薩のようにみなされている。

同時に、政治家、企業科学者、公務員、経済学者たちは、物質経済という巨大な組織が円滑に機能するようにする任務を負ったテクノクラートのエンジニアとみなされている。

自由意志? それは、AI を利用したアルゴリズム (今では、人間よりも人間のことをよく知っている)が脱出速度に達すれば、人間の自由意志は不要になるというのが暗黙の前提だ。

この段階では、人間の命には本質的な価値はなくなり、シュタイナーがその瞬間を待っていると警告した悪魔の軍隊によって、私たちのかつての殻は占領されることになるだろう。

 

血液の中に

ルドルフ・シュタイナーは人類を最終的に敗北させるための供給システムとなるワクチンが登場すると予言したという人たちがいる。地球上のほぼ全員に遺伝子編集治療を施すという過去 2年間の秘密の取り組みを考えると、彼の先見の明は驚くべきもののように思えるが、それはどれほど真実なのだろうか。

驚くべきことに、シュタイナーは、この(遺伝子の)乗っ取りが起こる物理的プロセスについて、彼自身の基準から見て、驚くほど明確だった。

彼は『闇の精霊の堕落』の最終講義で 、天使、悪魔、大天使などの存在が住む霊的世界は、人間の血の中にあると述べている。彼はこれを文字通り意味して、次のように述べた。

「大天使も天使も、いわば血の中に住処を持っていました。確かに、血液は化学者が単に分析するだけのものではありません。それは高次元の世界からの存在の居住地でもあります」

そのためにシュタイナーは、その伝達メカニズムは、私たちの体に直接注射されるワクチンの形になるだろうと推測した。

「将来的に、ワクチンは、人びとがまだ非常に若いときに、その魂から精神性へのすべての傾向を取り去ることになるでしょう。…そして、ワクチンは彼らに免疫をもたらすと共に、霊的生活に関連した「唯物論者の目には愚かな傾向」にうつる精神性を発達させないようにするでしょう」

 

シュタイナーは続けて、この「ワクチン」は霊界からのあらゆるコミュニケーションを遮断するものであり、常に人類の進歩と人類の達成を助けることを目的とする「光の霊」からのメッセージや衝動が伝わらないという運命に陥ることを意味すると述べている。

ワクチンは、かつて私たちに伝えられたポジティブな衝動を永久に締め出し、代わりに不運な犠牲者たちは、破壊的な源から来る衝動のみを受け取ることができるようになる。今日では、メディア、教育システム、さらには、確立された宗教にさえ破壊的な源が含まれると想像できる。

シュタイナーは、大きな混乱が起こり、アーリマン勢力が人々の考えをひっくり返し、裏返しにするだろうと述べている。かつて善良で良識的だったものはすべて邪悪で狂気のように見える一方、かつて狂気で悪だと考えられていたものはすべて良識的で善として現れるだろう

 

イカゲーム: ウェティコからマトリックスまで

このような話は信じられないもので、とうの昔に亡くなった神秘家のとりとめのない話のように聞こえるだろうか?

多くの人たちは、間違いなく、それは事実であり、世界を襲っている心霊現象にはもっと現実的でもっともらしい説明があると言うだろう。結局のところ、シュタイナーは比喩的に語ったのかもしれないと推論する人もいるかもしれない。

それにもかかわらず、シュタイナーがほのめかした現象は、ネイティブアメリカンのウェティコの概念と驚くほどの類似点を持っている。

(※) ウエティコとはネイティブアメリカンの言葉で「人喰い」を意味する言葉。

 

著者のポール・レヴィはこれについて詳しく書き、これを「魂の伝染性の精神霊的病気であり、巨大な規模の集団精神病を介して現在世界舞台で集団的に演じられている精神の寄生虫」と定義している。

シャーマニックなテクニックを使って内なる領域にアクセスする植物療法士のエマ・ファレル氏は、彼女や同じ分野の他の人々が、まさに霊的な寄生虫の大群を目撃していることに気づいた。

過去 2年間、人々に執着していた実体は、あたかも水門が開いてそこから流れ込んできたかのようだったという。

ファレル氏によれば、これらの実体にはあらゆる形や大きさがあるが、非常に一般的で認識可能なものが 2つあり、そのうちの 1つはイカに似ているという。彼女によると、これらのイカのような存在は、無防備な人々に執着し、私たちの間に分裂と不和を引き起こすことで彼らの精神的なエネルギーを収穫している。

このイカの原型が過去数年にわたって人間の意識の中に移行し、特に大衆文化を通じて明らかになってきたのを私たちが見てきたのと同じくらい、これは興味深いと感じた。

タコやイカに似た生き物の夢を見たと多くの人が報告しており、ピーター・ヤンコウスキー氏などの芸術家もこれらの幻覚を絵に描いている。

確かに、 映画『マトリックス』で人間を制御し、そのエネルギーを採取する極悪な機械は ロボットのイカのように見えるが、2021年の Netflix シリーズの興業トップの 1つの番組は、 人間の本性が本質的に野蛮であると仮定する、厳しく暴力的なサバイバルスリラーである「イカゲーム」だった。


Netflix の 2021年のヒットシリーズ『イカ ゲーム』は、人間の本性が本質的に野蛮であると主張する厳しく暴力的なサバイバルスリラーだ。


2003年の映画『マトリックス レボリューションズ』に登場するイカのようなロボットを描いている。

 

さらに、H.P. ラヴクラフトの深海からの恐怖を描いた超自然的な物語の人気が再燃していることにより、このごつごつしたケーキに触手のような層がさらに加わっている。

(※) ラヴクラフトは、20世紀初頭のアメリカの小説家。怪奇小説・幻想小説の先駆者の一人。

 

正気に戻る道

イカやタコの元型が人間の意識に現れるということは、シュタイナーが私たちに警告したことなのだろうか?

私たちの血液の中には、私たちがほとんど知らないナノ粒子が含まれていると言われている物質を私たちに注入するという富裕層のテクノクラートの強迫観念の原因となる霊的な存在が本当に存在するだろうか?

そして、これは、ポール・レヴィによって概説されたウェティコの精神スピリチュアルな病気 や、代替メディアで議論されている「集団形成精神病」の概念とどのように一致するのだろうか?

おそらく真実はこれらの概念の結びつきのどこかにあり、現在世界中で蔓延しているこの苦しみの様子についての深い探究をやめるべきではないという暗黙の示唆を伴っているのかもしれない。そうすることによってのみ、私たちはそれに反撃するために必要なツールや武器を見つけることができると予想される。

あるいは、シュタイナーが私たちに警告したアーリマンの悪魔、 ポール・レヴィが書いたウェティコの心に寄生する寄生虫、そして大衆文化を通じて私たちの集合意識に蠢く触手のような実体が、すべて同じチームでプレーしているのかもしれない。

もしそうなら、 私たちのチームはどのようなものなのだろうか?

そして、どうすればこのゲームに勝つことができるだろうか?

おそらくこの戦いは、人類発展のこの岐路において必要なものであり、これらの「闇の精霊」を倒すことで、人類はより高いレベルに進むことができるのかもしれない。

いずれにせよ、先ほどほのめかした古い格言を思い出してみると…人は群衆の中で発狂することもあるかもしれないが、ひとりひとりに「正気に戻る道」は残されている


 

ここまでです。

ここで締めようと思っていたのですが、この記事の最初のほうに、

> たとえば、絡み合った 2匹の蛇が登場する夢の中で DNA の二重らせん形状を発見したとされるジェームズ・ワトソンの有名なケースだ。同様に、ドミトリ・メンデレーエフは、「すべての元素が必要な位置に収まる表」という夢をもとに周期表を作成した。

 

という部分があったのが気になりました。

ジェームズ・ワトソンさんは、DNA 分子の二重らせん構造を発見したとされる人物で、ドミトリ・メンデレーエフさんは、元素周期表を作成した人です。

どちらも科学上の大きな偉業ですけれど、

「どっちもキッカケは夢だったん?」

ということに興味が湧き、調べてみますと、そうだったようですね。

ドミトリ・メンデレーエフさんについては、英語版の Wikipedia に、以下のようにあります。

(ドミトリ・メンデレーエフ - Wikipedia より)

> 1869年の2月17日、元素の原子量とその化学的特性との関係について考えていたメンデレーエフは、そのまま眠りに落ちてしまった。

居眠りの最中、彼は夢の中で、すべての元素が原子量の順に並んだ表を見た。目を覚ました彼は即座にその表を紙に書いた。彼はこの表から、元素を原子量の順に並べると化学的特性が周期的に繰り返されるという発想を思い付いた。 Dmitrij Ivanovich Mendelejev

 

ジェームズ・ワトソンさんに関しては、米ヒューストン大学のブログ記事に、以下のようにありました。

(米ヒューストン大学の記事より)

> フランシス・クリックとジェームズ・ワトソンは、DNA二重らせんの着想によりノーベル賞を受賞した。ワトソンにとって、その洞察は二匹の蛇が螺旋を描きながら絡み合っている夢から得たものだと聞いた。 uh.edu

 

あと、このヒューストン大学の記事によれば、「ミシン」も、夢で見たことが元になって開発されたものだそうです。これも英語版の Wikipedia にありました。

(エリアス・ハウ - Wikipedia)

> ある日、ハウは野蛮な見知らぬ国の王のためにミシンを作らされる夢を見た。王は彼に24時間の猶予を与え、それまでにミシンを作って縫い終わらないと処刑されるのである。

> ハウはがんばってミシンを作ろうとしたが完成できず、連行される。

> そのとき、兵士たちが持っている槍の穂先に穴が空いていた。これだ、と気付いたとき目が覚めたという。朝の4時だった。彼は急いで先端に穴のある針を作り、それ以降は順調に設計が進んだという。 Elias Howe

 

「これだ」じゃねえだろ、とは思いますが、結構、発明っていうのは、夢の由来が多いんですね。

私自身も、かつては、ブログ記事は夢由来がわりと多かったです。

私本人としては、特にオカルト的なものとはとらえておらず、自分の内部にあるにも関わらず、表層的な思想に出てこないものが夢の中で出てくるのだろうなと思っています。

とはいえ、「夢」に関しては、「脳と夢との関係」についての他の私の考え方もありますが、それは今回の話とややズレることですので、今回はふれないでおきたいと思います。

ともかく、100年前のシュタイナーさんから見ての未来、そして、私たちから見る現在の状況だと思われることをご紹介させていただきました。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2023年からの世界, ディストピアへようこそ, 人類の未来, 人類の覚醒と真実, 悪魔の輪郭, 日本の未来
-

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.