「2023年からの世界」 一覧

北緯33度線から始まった50年ぶりの大戦争が放つ最終戦争の気配

イランのテヘラン・タイムズ新聞版のトップページより mehrnews.com 50年ぶりのイスラエルへの大攻撃 武装組織ハマスが、イスラエルに 5000発以上のロケット弾を発射すると共に、海、陸、空か ...

ヴァルダイ・クラブでのプーチン大統領のスピーチ全文

2023/10/07    

RT   ロシアのソチで、「ヴァルダイ・クラブ」というものでプーチン大統領がスピーチをしました。 ヴァルダイ・クラブというのは、以下のようなものです。 ヴァルダイ・クラブ ヴァルダイ国際討論 ...

ノーベル賞を受賞したワイスマン博士の論文に散見される「悪の種」から、カリ・ユガの時代が完結するときの日本の終末を思う

  ワイスマン博士の論文より 先日のノーベル生理学・医学賞を、女性の科学者と共に授賞したドリュー・ワイスマン博士が、2018年にネイチャーに発表した論文を知りました。 mRNA ワクチン - ...

コロナワクチンによる死亡リスクは、現在まで報告されている数値より「1,000倍高い」とした、全死因死亡率を調査した論文が物議

2023/10/03    

  ノーベル医学賞の遺伝子研究の集大成 今回は、最近発表された医学論文についてご紹介させていただこうと思うのですが、ニュースを見ていましたら、ノーベル医学賞にキュリー夫人だか誰だかが授賞され ...

オペレーション・サンドマン的な「米国債の放出」が拡大する中、政府閉鎖の中のFEMAの計画が「大混乱」を発生させる予感

  BRICS大国による米国債の放棄が進行中 以前、「オペレーション・サンドマン」ということについて、記事で取り上げたことがあります。 (記事)近いうちに「膨大なドルと米国債の破棄」が起きる ...

「DNA混入の先駆者」である子宮頸がんワクチン。数々の論文で示されたその作用機序と有害事象

Epoch Times 短期と長期の有害事象 今日、「東京都が子宮頸がんワクチンの男性への接種支援を検討」という報道を見ました。 この子宮頸がんワクチンですけど、その後、コロナワクチンという「大将」が ...

ともあれ、宿命的にガンは増えるのだから

2023/09/26    

  ガンとワクチン 米エポックタイムズに、米イェール大学の名誉教授であるハーベイ・リッシュ博士という方の、「ワクチンとガン」の談話が掲載されています。 このリッシュ博士は「名誉教授」というこ ...

「母乳からのmRNAの検出」を発表したランセットの論文を受けて思う外来DNAを含む母乳で育つ赤ちゃんたちへの心配

2023/09/24    

  母乳からワクチンmRNAが検出される 前回の以下の記事、最近、さまざまな専門家が、ワクチンの DNA 混入について、かなり詳細な分析とデータを発表し続けていることなどを書かせていただきま ...

DNA散弾によるミュータント・ベイビーズの出現が予見される中で、さて人類社会の寿命はあと…

2023/09/23    

  最近、「近いんだなあ」と感じることが多くなりました。お小水とかではないですよ。人類の終わりですね。 最近のメルマガなどにも雑談として書かせていただきましたけれど、人類あるいはその社会が滅 ...

平衡を失った世界についての…つまり雑談

映画『コヤニスカッツィ』より。   きちんと記事を書こうと思ったんですが 昨日今日と、なんだか「眼振」が強くてですね。 それで、なんか画面の文字なんかも、二重になったりして。 ((((((( ...

[衝撃]新型コロナのRNAが「2年も体内に残留している」ことを突きとめたカリフォルニア大学の研究。…それは自然由来なのか、それとも「人工」由来なのか

2023/09/20    , ,

  2年間の残存ということが意味すること 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究者たちが、新型コロナに自然感染した人たちを対象に行った研究についての論文が発表されていたことを知りました ...

遺伝子変化時代の赤ちゃんたちを守るには。そして、9月20日からのサバイバル

2023/09/19    , ,

peakpx.com   2022年以降に生まれた子どもたち 少し前の以下の記事では、現在、小さな子どもたちが、最も強くコロナ感染症の影響を受けていることについて書きました。 (記事)202 ...

フィンランドの「毛皮農場のすべての動物の殺処分命令」からも思う、人類を非合理性にあやどられた鬼畜的未来へと誘う「何らかの存在」

2023/09/17    , ,

  破綻した理論に従い続ける人類 コロナのパンデミックの最初の年である 2020年に、デンマーク政府が、 「感染が確認された農場の毛皮用ミンクすべての殺処分を命じた」 という狂気的な出来事が ...

コロナ蔓延の状況を鑑みると「現状のスパイクタンパクの解毒法には意味がない」という嘆きが

  乳幼児からスパイクを排除するすべがない 先日、アメリカのカトリック系のサイトを見ていましたら、著名な心臓専門医であるピーター・マッカロー博士が提示した、 「スパイクタンパク質の解毒プロト ...

2022年から生まれた多くの赤ちゃんたちの遺伝子は変化してしまっているのでは…

2023/09/13    , ,

  赤ちゃんばかり重症化している 少し以前から感じていたのですが、ここに来て、いよいよはっきりとしてきているのは、 「現在のコロナで最も強く影響を受けているのは赤ちゃん」 である可能性が高い ...

追悼のざわめき:厚生労働省による十代の若者たちの被害を見ながら、9月20日からの形而上的な社会後の日本の未来を思う

2023/09/12    , ,

Nikkei Asia, Kai Fujii   被害認定されたうちの十代と二十代のこと 昨日、9月11日に、厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症予防接種健康被害審第一部会」というワクチン ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.