「2023年からの世界」 一覧

シェディングによるホルムアルデヒド暴露現象を知り、そして、9月13日からの「ピロラ大戦争」を覚悟する

2023/09/10    , ,

  シェディングの(負の)効用がまたひとつ 今回のメインのテーマとは異なる話ですが、今日、日本のお医者様の X (旧ツイッター ← この注釈は面倒ですので、以下ツイッターで)への投稿で、大変 ...

一般社団法人「ワクチン問題研究会」設立記者会見での福島雅典 京都大学名誉教授の発言より

2023/09/09    

  9月7日に、京都大学名誉教授の福島雅典氏が代表理事をつとめる一般社団法人「ワクチン問題研究会」設立の記者会見が行われました。 福島名誉教授は、昨年も、ワクチン評価委員会でご自身の意見を厚 ...

社会全体の子どもたちに起きている「免役回復戦争」から、同じ戦場にいた自分の幼少期を思い出す

Albert Einstein   なぜ亡くならなかったのか この 2年くらいは免役のことについて書くことが比較的多かったですが、昨日今日あたりは、昼からベランダでお酒を飲みながら(あーあ昼 ...

ワクチン接種後の子どもは、少なくとも6ヵ月後まで「細菌もウイルスも含めて様々な感染症への防御が非常に弱くなる」ことを突きとめた小児の接種後についての初めての研究が発表される

2023/09/05    , ,

  接種6ヵ月後以降の「持続性」は不明 少し前の以下の記事で、オーストラリアの研究者たちによる、コロナワクチン接種後の「小児の免疫状態の研究」についてふれたことがありました。 (論文)BNT ...

監視団体が入手したファイザー文書でわかった、2021年の最初のブースター接種の臨床試験人数は「たった23人」。これを基準として、数億人などへの追加接種が行われた

2023/09/04    

  2023年の狂気がそろそろ絶頂期に 何だか、2023年のこの時点に来て「いろいろと狂ってきてるなあ」と思うことが多いです。 地球の記録の今日の記事は、それこそ今日知ったことなのですが、ウ ...

米国の若者の過剰死の異常な増加に疑義を訴える人たちが出る中で、今年の超過死亡率はさらに悪化している

2023/09/02    

  悪化する米国の若者世代の超過死亡率 先月、ブログ地球の記録で、USAトゥディ紙に掲載された「アメリカではさらに多くの若者が亡くなっている。なぜ私たちは答えを探さないのだろうか?」というタ ...

コウモリのコロナウイルスのヒト感染を成功させた武漢ウイルス研究所の石正麗さんが、中国で「科学者の最高栄誉称号」の候補者に。どうやら「戦争」は継続中…

2023/09/01    

2020年2月 武漢入りした人民解放軍・生物化学兵器部門最高責任者、チェン・ウェイ少将(中央)。 なぜか全員、手が「グッジョブ」。   コロナウイルス機能獲得研究の発表から8年目に 石正麗( ...

秋からのコロナや他の様々な疾患の宿命的な激増(特に子どもと若者)の「真の病気の時代」に向けて思うこと

  理由の解釈の根幹は違うにしても、コロナは増えている 最近、またマスクについての記事を少し書かせていただきました。 これらは感染対策としての有効性や無効性について書いたものではなく、「マス ...

揮発性有機化合物(VOC)やフタル酸エステル…。マスク着用が長い時間をかけて、あなたを蝕んでいく

あまりに高いマスクの揮発性有機化合物(VOC)濃度 少し前に、以下の記事を書かせていただきました。 (記事)恐れるべきはコロナではなくマスク。死産や催奇形性から、子どもの学習障害まであらゆる「有害」を ...

やはり2025年頃にはいろいろと終わりそうで

2023/08/29    

google.co.jp   サイクルの最終局面 最近読んだ米国の記事に、レイ・ダリオさんという方の著作『変わりゆく世界秩序:帝国の興亡と変化への対処策』というものの中にあるとされている、 ...

恐れるべきはコロナではなくマスク。死産や催奇形性から、子どもの学習障害まであらゆる「有害」を誘発することを示した研究論文を再び

2023/08/28    , ,

  妊婦と子どもへの強烈な有害性 今日、見ていたページのリンク先をクリックすると、デイリーメールが独占記事として発表していたドイツの研究論文に関しての記事が表示されました。 「ああこの論文は ...

mRNA戦争は続く。その行く末は「緩慢な人類絶滅」

2023/08/27    , ,

  mRNAテクノロジーというもの自体の問題 新型コロナワクチンが登場してからの、この 2年とか 3年、最初の頃は「抗原の問題」ということに対して焦点があたっていました。 すなわち、 「もと ...

米国の科学者がアルコール依存症に対しての遺伝子治療を開発。それはいいとして、脳の中心に直接打つタイプであり…。思い出すのはロボトミー

medium.com 脳中心部への遺伝子治療介入 最近の医療は「大義名分さえあれば何をやってもいい」という風潮がとても強い世の中で、それは、特にワクチンの周辺で大きな潮流となっていますが、最近、ふと、 ...

「だまされるということ自体がすでに一つの悪である」 …XBB対応ワクチンの過去最大の影響の可能性について考えながらこのフレーズを思い出す

cnbc.com   行き着く先 今回のタイトルにある「だまされるということ自体がすでに一つの悪である」は、接種キャンペーン以来、何度か抜粋させていただいたことがある戦前の映画監督の伊丹万作 ...

RSウイルスワクチン、そして子宮頸がんワクチン等からあふれ続けるポリソルベート80や「DNAの断片の検出」というキーワード

Massive Attack - Teardrop   赤ちゃんが主役へと 最近、アメリカ食品医薬品局が、ファイザーの RSウイルスワクチンを承認しました。 以下には日本の報道を転載していま ...

変異種「エリス」と共に悪魔とイディオットたちが共に動き出す

2023/08/21    

  衝突を作り出す女神の名の下に 8月の中旬くらいからですかね。新型コロナの新たな変異種で「エリス」という名前のものが海外の報道に出てくるようになりました。 これは、あくまでオミクロンの亜種 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.