「健康の真実」 一覧

免疫低下が世界中で拡大する中、イベルメクチンは、デング熱の治療薬として有効な可能性があるだけではなく、「蚊への殺虫作用」さえあることを論文で知る

  イベルメクチンとアルテミシニンを知ることができただけでも… コロナ禍、ワクチン禍の際に、イベルメクチンに対してはいろいろと、どうだこうだと議論があったりしたものですが、私自身はお勧めした ...

実験場と化した日本 : 世界で唯一、生後6ヵ月からの赤ちゃんに「本物のBNT162b2」を接種する方針が決定した日本の果ては人生50年時代再び

2023/06/21    

ANN   ママ、僕を殺さないで 以前からワクチン関係の報道でよく脳内に湧き出るフレーズでしたが、先日の「新型コロナワクチン「すべての小児に接種推奨」日本小児科学会という報道を読んで、また頭 ...

新生児向けのアストラゼネカ社製のRSウイルス抗体製剤が米国で承認勧告へ。日本でもすでに承認申請中。治験では12人の赤ちゃんが死亡

2023/06/11    

  早ければ秋にも正式に承認 一昨年から、次の新しいワクチンのターゲットが乳幼児になるのではないかという懸念はありました。そして、それは RS ウイルスを対象にしたものになるのではないかと。 ...

子どもや若者たちの現在の「極端な免疫低下」は、どこかで止まるのか、それとも止まらないのか

2023/06/10    

  免疫が崩壊した社会 最近の日本の報道で、毎日出てくるものとして、 「若い人たちの季節外れのインフルエンザやその他さまざまな感染症の集団感染」 についてがあります。 特に内容を紹介するまで ...

全世界でとめどなく若年層のガンが増加しており、そして今後この増加はさらに拡大することが確定している中で「ガンの自然退縮」を改めて考える

2023/06/06    , ,

  主要国全体で急増している若年層のガン 今日のデイリーメールに、以下のようなタイトルの記事がありました。 「若者における結腸ガンの謎の蔓延が明らかに」 dailymail.co.uk 若者 ...

ワクチン禍の時代が教えてくれた「これからの医療受診への心構え」[その2]

2023/06/04    , ,

現代医学を構成する医者、病院、薬品、医療機器の9割がこの世から消えてなくなれば、人々の体調はたちどころによくなるはずだ。これは私の確信である。 - ロバート・メンデルソン医師 Robert Mende ...

ワクチン禍の時代が教えてくれた「これからの医療受診への心構え」[その1]

2023/06/03    , ,

現代医学を構成する医者、病院、薬品、医療機器の9割がこの世から消えてなくなれば、人々の体調はたちどころによくなるはずだ。これは私の確信である。 - ロバート・メンデルソン医師 Robert Mende ...

欧州医薬品庁から漏洩したとされるファイザー社の「2021年6月までの有害事象報告リスト」の内容がひたすら非道い

  ブースター接種率世界一の日本が行き着く先 弁護士リサ (LAWYER LISA)さんという方が、ファイザー社自身による「接種展開後」の有害事象データがまとめられている書類を、サブスタック ...

国民の半数が慢性疾患を持ち、若い世代の40%が慢性疾患であるアメリカの「不健康危機」。同様のことが日本も含めて今後どれだけ拡大するのだろうかと

  そして、この3年でさらに不健康は加速した アメリカのヘルスケア関係の報道メディアが、現在のアメリカの慢性疾患の状況について概説していまして、それを米エポックタイムズが紹介していたのですが ...

アメリカの病院から「死産が急増している」というメール内容が流出したという記事を読んだ後、日本の厚生労働省のデータを詳しく見てみると意外な事実が…

2023/05/30    

死産の増加を伝えるアメリカの昨年の報道より。NTD   死産の劇的な増加を伝えるメールの流出 米カリフォルニア州にある病院の職員のメールが流出したことが伝えられていました。 流出は昨年のこと ...

ADEが本格的に始まった? 今のイギリスでは「新型コロナで陽性となった人の25人に1人が28日以内に死亡している」という驚愕の現実。これからの日本は…

2023/05/28    

  陽性者の死亡率の著しい上昇が起きている これは、コロナに関する話題として、ここ数ヶ月で最もショッキングなものかもしれませんが、英国政府の最新の新型コロナウイルス感染症データから、 &nb ...

イギリスで体調不良による労働力の喪失や離職が、経済に影響が出る深刻なレベルに。ちなみに、急増したのはパンデミックが始まった2020年からではなく「なぜか」2022年から

2023/05/22    , ,

  さて、その原因は イギリスの高級紙テレグラフが、英国の労働力の喪失が著しいことを伝えていました。 報道のタイトルは、「メンタルヘルスの病気休暇が英国経済にどのような影響を与えているか」と ...

アメリカの250万人の子どもの調査で、5歳以下の乳幼児の言語発達の遅れの壊滅的な状況が明らかに

2023/05/21    

児童発達の専門メディアの記事「幼児の学習における顔の重要性」より 乳幼児たちは生後 1年の間、人々の顔に集中的に注意を向け続ける。 この注目の高まりにより、乳児たちは人の顔が提供しなければならない微妙 ...

消毒剤に使われる第四級アンモニウム塩は、通常の使用でも「先天性異常と神経の欠損」を誘発する。実験では異常は二世代にわたり続いた

  子どもたちの体内で進行しているかもしれない大きな代償 思い出しますと、ワクチン以前、最も「困った社会になってしまった」と感じたのが、日常的なマスク着用と、過剰な消毒でした。 あれは 3年 ...

「心筋炎はワクチン接種後6ヵ月でも80%の人たちが回復していなかった」という論文を読んで起こる疑問。20%は心筋の損傷が修復された? …それは…ないような…

  永続的な影響であることがさらに明確に 数日前に、科学誌サイエンスに掲載された、米国イェール大学の研究者たちなどにより発表された論文について、アメリカの著名な心臓専門医であり、疫学者である ...

ターゲットは女性…:裁判所命令による開示が続くファイザーの機密文書に見る「2021年2月28日まで」の3ヵ月間の世界からの副作用報告の内訳に愕然とする

  妊婦に接種を推奨する際に、生殖への影響はわかっていた 昨年、アメリカ食品医薬品局 (FDA)が保持していた、ファイザーのコロナワクチン有害事象などに関する「 40万ページ」におよぶ機密書 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.