地球最期のニュースと資料

In Deep

「健康の真実」 一覧

薬に飲み込まれる《日本》 : 前記事中の「薬に頼らない方法」への重要な補足。そして日本国内の薬剤売り上げランキング上位を見てわかる現状の無慈悲

  前回、 ・薬に飲み込まれる地球 : 2016年の世界全体の製薬企業の売り上げ額は「100兆円」を突破  2017/05/01 という記事を書きまして、その中で、私が2年くらい前にふと思っ ...



いつか来るオールマスク社会? : 大気汚染の微細粒子が、体内で「細菌を薬剤耐性菌に変化させる」ことが判明。認知症を加えると、大気汚染の人への影響の役も満ちてきて

・Cold War: Gas Mask Fashion 今年になってから、認知症と大気汚染の関係などについての論文などをいくつかの記事でご紹介したことがあります。下の記事などです。 ・これから全世界の ...

金環食の日の「医療異端者の告白」の補足。そして、ベンゾジアゼピンと最新医療に滅ぼされていく人たちに祈りを捧げたく思い

チリで観測されたピンクの金環日食 2017年2月26日 ・Liberty Global   2月26日は、南米からアフリカまでの北緯 33度線をまたいで金環食が観測されるという大変に不吉な一 ...



「現代医学は悪しき宗教」と40年前に述べた異端医師の懺悔

現代医学を構成する医者、病院、薬品、医療機器の9割がこの世から消えてなくなれば、人々の体調はたちどころによくなるはずだ。これは私の確信である。 — 1979年 ロバート・メンデルソン医師 ・Rober ...

「悪霊を隠す巫者」 : ウイルスが導いてくれた「医」の意味

・publicdomainpictures.net 久しぶりに風邪を引きました。 ずっと風邪を引いていなかったので懐かしい感じですが、2年くらい前から、風邪は引ける時にはたくさん引いておいたほうがいい ...



「PM2.5を含む大気汚染が認知症のトリガーとなる」ことがアメリカの研究でさらに明白に。しかし発症が物質からの影響だけではない事実もある中、私たちはどのように「防御」できるのか

2017年2月6日のニューヨークタイムズより ・NY Times   今年1月に、「大気汚染と認知症」の関係を示唆するかもしれないデータとして、 ・これから全世界の92%の地域で進むこと…… ...

増加し続ける低体重の赤ちゃんたちの「成人になってからの大きな健康リスク」が次々と明らかになる中、お腹の中の赤ちゃんの成長を阻害しているものは何なのかということを「社会」は真剣に考え直していただきたいと思うのです

2017年2月13日のサイエンス・デイリーより ・Low birth weight babies at higher risk for mental health problems later in ...



「男の子」も全員に子宮頸がんワクチンの接種義務があるイスラエルの話を聞いて思うこと。そして、 座りっぱなしの生活は「特に体に悪くはない」という最新の研究に見るこの極端な時代

シドニー大学などによる研究内容を報じた英国デイリーメールの記事 ・Sitting is NOT that bad for you: Study slams claims that 'sitting i ...

「病気の存在しない社会」を作ることは可能なのかもしれない : 量子物理学的な医学見地から、病気は「意識と思考」で作られることを確信した日

・tech.firstpost.com 先日の、 ・《病気・肉体的苦痛・そしてその治癒の真実》「思考」が人の体と細胞を「実際に変化させる」多数の医学的・科学的証拠が示す未来  2017/02/05 と ...



《病気・肉体的苦痛・そしてその治癒の真実》「思考」が人の体と細胞を「実際に変化させる」多数の医学的・科学的証拠が示す未来

・collective-evolution.com 痛みや症状を作り出すものがはっきりしてきた最近 1ヶ月くらい前の記事で、私が昨年読んだ本の中で最も実生活の中で役立った本が、山本浩一郎さんという整体 ...

補足資料 : 今季の季節性インフルエンザの「恐ろしい」致死率・・・それは 0.・・・

  今日、ふと目についたふたつの報道記事がありました。 それまで別の記事を書いていたのですが、何となく、今回はこのことだけを抜粋しておこうという気になりました。 どちらも変なニュース媒体では ...



永遠の拒絶への確信 : インフルエンザワクチンの予防接種の「是非」について個人的な結論を見た日(曖昧ではなく完全なる《非》へと)

  インフルエンザの予防接種についての是非は、いろいろと言われるところではあるのですが、私個人としては、これまで「効果はないし、受けても受けなくても」というような曖昧なスタンスだったのですが ...

文明と医療と人々の健康知識が進んだ国であればあるほど…

・WHO   今日、別の記事を書こうとしていた時に、ふとネット上で、あるランキングデータが目に入ったのです。 それは何となく意外性のあるランキングでした。   Sponsored ...



なぜ、地球は「病気の王国」になったのか : 現代社会を蝕んでいる病気たちの「正体」は、この地球を支配しているシステムと同列の中にあるものなのかもしれないし、そんなことはないのかもしれないし

・collective-evolution.com 地球の「システム」の正体はわからないながらも コレクティブ・エボリューション(Collective Evolution)というサイトがあります。冒頭 ...

これから全世界の92%の地域で進むこと……。主要道路沿いに住む人たちの認知症リスクが異常に高い理由を考えているうちにわかった「ナノ粒子とPM2.5が脳機能(海馬、松果体)を破壊していくメカニズム」

・海馬 (脳) ナノ粒子がマウスの脳と記憶機能に影響を与えることについて書かれた論文 ・NCBI 2016年9月28日の米国 CNN の報道より 世界人口の92%、大気汚染の中で生活 WHO 世界保健 ...



健康ではない時代の健康情報 : 人体の新しい臓器の発見、高速道路の近くに住むと認知症リスクが飛躍的に高くなることが判明、大量の入れ墨が人間の免疫を高めること…など

・salon.com   何らかの元年に 昨年4月の「私は素晴らしい世界に生まれて、その世界に生きている」 という記事の中で、英国 BBC の「なぜ2016年に有名人が次々と亡くなるのか」と ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.