「健康の真実」 一覧

「医学という名の悪の輪廻」:接種後の精神症状からSSRIの生み出す悪夢まで

2024/02/05    , ,

  神経・精神症状の問題が世界的に拡大する中で カナダのウィリアム・マキス博士が、二価コロナワクチンに関しての、「接種後の神経精神症状」についての論文を記事で取り上げていました。 以前の(一 ...

プリオンから守られない日本人としての最期の日々を生きながら、以前の厚生労働省の資料を思い出す:「何が起こるかわからないという懸念が実はある」

2024/02/01    

  韓国でのヤコブ病の報道を思い出す なんだか終末的な文言がタイトルに含まれていて申し訳ないです。まあ、先日の以下の記事で書いたことなどから、どうやら、日本人の先行きがかなり怪しくなってきて ...

脳神経学者ケビン・マッケーン博士の話からわかる、「プリオンにより日本人が絶滅する機序」。接種、未接種関係なし

ケビン・マッケーン博士 ficc_ystk   プリオンにより これは、最近、動画として報じられましたオンラインシンポジウム「mRNAワクチンという人類の脅威」というものの参加者の中に、ケビ ...

世界の超過死亡数が世界全体で3,000万人に迫る。直近では超過死亡がコロナ死の20倍以上に。今後はどうなる?

2024/01/28    

  減ることのない超過死亡数 現在、以下のことが同時に起きています。   ・世界全体で超過死亡の増加に歯止めがかかっていない ・コロナ変異種 JN.1の席巻により、コロナ感染が拡大 ...

抗コリン薬や抗不安剤、抗うつ剤を含む、非常に多くのジャンルの薬が「認知症を引き起こす」そのメカニズム

2024/01/27    , ,

NY Times   脳への有害な作用 非常に多くの種類の薬に、認知症を引き起こす作用があることについては、かなり以前から書かせていただいていたことがありました。 以下は 2019年の記事で ...

mRNAワクチンのプリオン領域によるクロイツフェルト・ヤコブ病への懸念が再燃。そして、接種の8%の確率で生成される「異常なタンパク質」の影響

2024/01/25  

リボソームが mRNA の翻訳に誤りを犯すと、異常なタンパク質が形成される。 theepochtimes.com   そしてプリオン このところ、新型コロナウイルス(自然感染)と、mRNA ...

細胞外DNAは確実に血栓を誘発する原因となり、脳卒中や多臓器不全などのリスクにつながる。…そしてワクチン混入DNAは、細胞外DNAそのものであり…

2024/01/24    

細胞外DNAの予想以上のリスク コロナワクチンに関して、最近は、以前とは「カテゴリーが異なる」いくつかの懸念を思うようになりました。 以前は、スパイクタンパク質や脂質ナノ粒子による直接的な影響の問題や ...

スパイクタンパク質が引き起こす「老化の超加速」は生やさしいものではない可能性。人生50年どころか、時限装置の針はあと10年ほど先を指しているかもしれない

  早老症という概念 昨日、以下のような記事で、「寿命50歳社会」というような言葉をタイトルに入れた記事を書かせていただきました。 (記事)「だまされる者は何度でもだまされる」…歪んだ社会の ...

「犬の駆虫薬フェンベンダゾールでガンを治した男性の言葉」をガンが果てしなく増加していく世界の中で聞いてみる

  一部のガンがとめどなく増えている中で 最近、X への投稿で、今回のタイトル通りに「犬の駆虫薬フェンベンダゾールでガンを治した米国人男性」の動画があることを知りました。 その動画に、日本語 ...

妊娠中のワクチン接種後に生まれる自閉症的行動を示す新生児に関する研究。その原因である「海馬と小脳の神経細胞の破壊」の影響は、大人にも適用されるはず

2024/01/14    , ,

  脳の神経細胞が破壊され、シグナル伝達に異常が 数日前に、ひとつの論文が発表されていました。 その内容は、 「妊娠中のラットに mRNA コロナワクチンを接種すると、生まれたオスの新生児に ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.