2020年5月以来、記事により、特に新型コロナウイルス関係の記事が Googleさんの検索から「完全に除外」されやすくなっています。そのためにインターネット上の検索で記事が表示されないことが多いため、直接ブックマーク(Windowでの方法Macでの方法iPhoneでの方法)していただければ幸いです。

2018年からの世界 拡大する自然災害 日本の未来

春の訪れと共に世界各地で突如として始まった群発地震は何かを示唆するのか? : イエローストーン、そして九州沖のトカラ列島やニュージーランドでも

投稿日:

4月16日に九州沖のトカラ列島で発生した群発地震


地震情報

4月11日からまたも群発地震が始まったイエローストーン(1週間で116回)


USGS

Sponsored Link


 

4月に入ってから地震が稀な場所での群発地震が頻発

冒頭に、トカラ列島で 4月16日を中心に発生していました群発地震の状況を載せました。

トカラ列島は、九州南部の南西諸島にある諸島で、今回群発地震が起きている場所は大体ですが、下の位置となります。

4月15-16日の群発地震の震源

Google Map

今回のトカラ列島での連続する地震を見て思いだしたのが、2016年12月8日にも、同じトカラ列島で群発地震が発生していたことでした。震源は「ほぼ同じ」でした。

これは下の記事の中でご紹介したことがあります

九州沖で「4時間で23回連続」した群発地震からカリフォルニアM6.5、南太平洋のM7.8まで地震の連鎖が止まらない

この記事のタイトルに「 4時間で23回連続」とありますように、その時のトカラ列島では、日本の領域では(大地震後の余震以外では)あまり見られることではない規模の激しい群発地震が発生していたのでした。上の記事にはその時のすべての群発地震のデータを掲載しています。

そして、特筆すべきことは、この 2016年12月8日のトカラ列島での群発地震の「前後」は、世界中で「珍しい場所での地震」が頻発していたのでした。

この時期、環太平洋火山帯では、ソロモン諸島で M 7.8の大地震、インドネシアで M 6.5の地震が起きていました。まあしかし、環太平洋火山帯で大きな地震が起きるのはレアとは言えないですが、問題はこの頃(前後 1週間)、

「ふだん地震が起きないような世界の各地で地震が発生していた」

ということが目立っていたのでした。

下は、トカラ列島での群発地震が発生した 2016年12月8日をはさむ前後 1週間に「環太平洋火山帯ではない場所」で発生したマグニチュード 4.5以上の地震です。


USGS

地震というものは、基本的にはそのほとんどが環太平洋火山帯で発生します。M 4.5を超えるものとなるとなおさらですが、この時は連続してもチベットやモンゴル、イランなど、環太平洋火山帯ではない場所でかなり大きな地震が発生し、被害を出していました。

そして、

「今もまた、そんなようなことになっている」

のです。

今回の場合は、大地震というより、「世界各地で群発地震が起きている」のです。

しかも、その中には「ふだん地震がほぼない場所」もあります。

もちろん、日本での群発地震と世界各地の群発地震のあいだに関係はないだろうとはいえ、「日本の群発地震に続いて、世界の地震活動が活溌化する」という傾向は、最近常にありまして、具体例を書くつもりはないですが、「そういう傾向はある」ということは断言しておきたいと思います。

なお、日本では、トカラ列島の群発地震の少し前の 4月9日に、島根県でも、やや異例の下のような群発地震が起きています。

4月9日の島根県での群発地震


地震情報

現在の地球は、以下の記事で書きましたように、地質学的には、地震や火山噴火が頻発しても不思議ではない時期に入っています。

「地球の回転が《謎の速度低下》を起こしている」 :アメリカ地質学会の衝撃的な発表。そして来年、大規模地震の発生数は大幅に上昇するという予測も公開

そんな中で、 4月になってから「日本を含めた世界中で群発地震が起きている」というのは、なかなか興味深い動きとはいえます。

以下、報道などから現在起きている群発地震について羅列させていただきます。

先に地図に示しておきますと、ご紹介する、群発地震が報じられているのは以下の場所です。


2018年4月の世界各地の群発地震

カナダ・ニューブランズウィックでの謎の群発地震(回数:約20回 / 日時:4月上旬から現在まで継続)

4月13日のカナダCTVニュースより

CTV News

地震がほぼ起きたことのない米国ネズラスカ州で4回連続の地震が発生(回数:約4回 / 日時:4月9日)

4月10日のアメリカの報道より

3newsnow.com

イタリアを中心とするヨーロッパで続く群発地震の報道

4月10日のイギリスの報道より

express.co.uk

ハワイ・キラウエア火山の山頂で群発地震が始まる (回数:約200回 / 日時:4月11日)

4月12日のハワイの報道より

bigislandvideonews.com

ニュージーランドのアルパイン断層で始まった群発地震(4月上旬発表)

4月3日のニュージーランドの報道より

newstalkzb.co.nz

米国イエローストーンで数日で100回を超える群発地震が発生 (回数:約120回 / 日時:4月11日より継続)

アメリカ地質調査所(USGS)より

USGS


 

ここまでです。

これらの群発地震それぞの間には特に関連はないのかもしれないですが、しかし、「地球」という単位で考えますと、普通にすべて関係があるともいえます。

現在のような状態が増加していくのかどうかはわからないですが、科学者たちの言葉を信じますと、「地質学的には今後増加していく可能性が高い」ということになるのだと思われます。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-2018年からの世界, 拡大する自然災害, 日本の未来
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.