[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2021年からの世界 ディストピアへようこそ 人類の未来 健康の真実 日本の未来

ジェノサイド後の世界 ダグ・ケイシー氏が語る次の「危機」

投稿日:




 

曖昧に見えてくるであろう黙示録

前回の以下の記事、

ジェノサイド後の世界 ADE編
投稿日:2021年9月19日

の続きとなります……とはいっても、内容はまったく繋がっていませんけれど、「ジェノサイド後の世界でどう生きるか」ということは、多くの人たちの関心事だとは思います。

ジェノサイド後の世界というものが「少しずつ」見えてくるのが、来年の新年頃なのか1年後なのか3年後なのかはわからないですが、それほど遠くない時期に「おぼろげ」には見えてくるはずです。

世界で数十億人、日本で 8000万人の接種が完了している中で、なぜ「おぼろげ」なのかといいますと、

「お水問題」

です(テキトーな書き方すんなや)。

簡単にいえば、遺伝子ワクチンは、「製品の mRNA 濃度がバラバラ」なんです。

濃いのもあれば薄いのもある。

つまり、打っても体内にスパイクタンパク質が生成されないような「水ワクチン」みたいなものもあれば、大量に生成される「濃い」のもある。

これが最初に問題提起されたのは、最も権威のある医学誌であるブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)においてでした。

今年 3月に BMJ に掲載された論文で、ファイザー社のワクチンの、

「 45%が不完全な mRNA 鎖の製品だった」

ことが示されています。

mRNA が不完全な場合、スパインタンパク質は、正常に生成されません。

BMJの論文は以下にあります。

The EMA covid-19 data leak, and what it tells us about mRNA instability
欧州医薬品庁からの Covid-19データ漏えいと、mRNAの不安定性についての説明

要するに、「ファイザー社ワクチンの約半分は、ポリエチレングリコール入りの水」なのです。「水」と「正規品」のどちらが良いのかは、ここではふれませんが、現実として、それがある。

以下の記事で書いています。

不完全なmRNAから成る水ワクチンの探究でロシアンルーレットに勝つ消極的な方法
投稿日:2021年8月7日

これは、モデルナ社のワクチンにもあることが、日本の厚生労働省の部局の特例承認書にも示されています。

以下の記事で取りあげています。

「抗体二倍」報道に驚き、モデルナ社の特例承認報告書も読んでみる
投稿日:2021年9月1日

特例承認書の現物は以下にあります。

COVID-19 ワクチンモデルナ筋注 武田薬品工業株式会社 特例承認に係る報告書 (医薬・生活衛生局医薬品審査管理課)

この 10ページの「 2.R.4 製剤の不純物等の管理について」に以下ようにあり、

> mRNA 純度の低下は、有効性に影響を及ぼす可能性はあるが、mRNA の分解生成物は天然のヌクレオチドで構成されるものであり、内因性 RNA と同じ代謝経路で分解されるため、不純物量の増加や不純物の種類の変動が、製剤の安全性プロファイルに影響を及ぼすことはないと考える。

そして、承認に至った部分については、以下のようにあります。

モデルナ社ワクチンの特例承認書より

機構は、mRNA 純度の規格下限値は、現在までの製造実績と比べて低く、下限値をより高い値に設定する余地があると考えるが、海外市販用製剤のロット分析結果等からロット間の一貫性が認められていること、出荷時点の管理がされたこと等を考慮し、現在の COVID-19 流行状況及び本剤の社会的必要性から、規格値等の再検討が事後的になることはやむを得ないと判断した。pmda.go.jp

> 下限値をより高い値に設定する余地があると考えるが…

> 規格値等の再検討が事後的になることはやむを得ないと判断した。

とあるのです。

翻訳しますと、「あまりに mRNA 濃度が低いものが混在しているというのは考えものだが、まあ、いろいろアレですので、やむを得ないから承認します」と。

医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルも、厚生労働省の部局も、

「水ワクチンが混在していることは認めている」

ということです。

水に当たった方はラッキーとしか言いようがないですが、ここが、最初に書きました

「ジェノサイドの結果がおぼろげになる」

という意味です。

接種した全員に何かが起こるのではないわけです。

一部…それが 2割なのか 3割なのか 5割なのかはわからないですけれど、「本物」に当たってしまった場合、時間の経過と共に「起きる」のです。

しかし、いつまでも水を引き当てられるかどうかはわかりません。

日本でも3回目のブースターショットの話が出ている上に、今日の日本の報道では、

「 8か月ごとに1回とか、年に1回のペースで今後もワクチンを接種し続けることになるでしょう」

という医師の言葉なども報じられていました。

> 年に1回のペースで

というのと、東京理科大学名誉教授の村上康文さんがフォーブスの記事で語った、

> 5回目から死亡する例が激増
> 7〜8回繰り返すと半分近くが死亡する

という「科学的な現実」を照会すれば、成り行きはわかりやすいかと思います。

 

しかし実際に、一部の医師や当局は、「年に1回のペースで今後も…」という狂気を冷静な顔で述べ始めている。

狂気というのは、1度走り出すと、止まらないです。

 

そんなこともありまして、ジェノサイドはジェノサイドでも、「わりとわかりにくいジェノサイド」として進んでいくのかもしれません。

しかも、死因が多彩なので、原因に遡ることができないと思われます。

この「死因が多彩」というのは、ヒトヘルペスウイルスの再活性化についてのことと関係していまして、以下の記事をご参照下さればと思います。

米アイダホ州の病院の「子宮内膜ガンが年平均の20倍」という報告から、もはやワクチンによる免疫抑制でのHHV-6の再活性化によるガン多発の可能性を排除できず
投稿日:2021年9月15日

ガンになって、「これはあのワクチンの影響の…」と考える人はいないでしょう。

本人も医師の方々も、

でも「関係がある」のです。

 

しかし、接種していない人たちにも今後厳しい世になることは避けられないです。

そんなわけで、今回は、アメリカのベストセラー作家のダグ・ケイシーさんの最近のインタビューをご紹介しようと思います。

ダグ・ケイシーさんはずっと「第三次世界大戦は生物戦がメインとなる」と主張し続けていた方ですが、すでに始まってしまいましたからね。

ケイシーさんは、「次は、インターネット」だと述べています。

実は私もわりとそう考えています。

というのも、今のパンデミックからワクチンの流れもそうですが、人々をコントロールする根幹は、

「恐怖」

です。

今でいえば、病気そのものへの恐怖もさることながら、現在の「人と人の関係性を遮断して娯楽を奪い去る」という方法論だけでも、影響が強いものだと思います。

そして、そんな中で、たとえば、ひとりで暮らしているような若い人たちは、現在、「恐怖からの救いがネット上の付き合い」になっています。

SNS とかですね。

もうこの 10年くらい、人々のスマホ依存がより深刻化していることを見てきましたが、もうどこでも常にスマホという若い人たちも増えました。

最近も、SNS の投稿で、ワクチンの集団接種会場前で起きていたことについて以下のような投稿がありました、

目の前で救急車に担架で人が運ばれているのに、並んでいる若者達は皆無関心でスマホに見入って誰も列を離れようとしませんでした。自分の目よりデジタル情報を信じるのでしょうか? 別の意味で恐怖を覚えます。

2021/09/17

こういうように、ネットやスマホに依存している人に「最後の恐怖」を与える方法としては、

「その最後のコミュニケーション手段を奪う」

ことがあります。

つまり、インターネットの遮断、あるいは徹底的な管理、です。

それにより、すべての情報とコミュニケーションをインターネットで取得していた人たちは完全な恐怖の中に叩き込まれるはずです。

それは、少なくともアメリカなどでは起きると思われます。

あるいは、監獄国家となったオーストラリア、ニュージーランド、カナダなどでも。

日本のことはわからないです。

 

ここから、ダグ・ケイシーさんのインタビューです。内容的には「陰謀論」と呼ばれるものの根幹に近いですが、ケイシーさんはご自身がそこに首を突っ込んでいた方ですので、わかりやすくはあります。

なお、ケイシーさん(ケーシー高峯さんじゃないですよ ← いいから)は、「住む場所を変える」ことを、これはアメリカ人に対してですが述べています。

私もそう思うこともあるのですが、ではどこに行けば?

海外という選択肢そのものが消えようとしています。

わからないままです。

コバヤシくんよぉ、ハナダカンよぉ、オレを助けてくれよ(意味不明)。

ここからです。


グローバルエリートが計画する次の「危機」についてのダグ・ケイシーの見解

Doug Casey on the Next “Crisis” the Global Elite Have Planned
internationalman.com

聞き手:毎年、最も影響力のある世界のリーダー、大企業のCEO、一流の学者、さらに著名人まで国際的な支配階級がダボスに集まります。彼らは興味のあるトピックについて話し合い、彼らの好ましい方針を規定しています。

ダボスの人々に対する見解と、そして彼らがすることは何でしょうか?

ダグ・ケイシー:ダボスの人々は支配階級の最も目に見える要素になりました。ただ、ビルダーバーグ、CFR(米国の外交問題評議会)、ボヘミアングローブなど、同じアジェンダを推進している他の多くのグループと重複しています。

数年前、私はコンコルディア(エリート主義とグローバリストの会議)に出席した後に記事を書きました。これは非常によく似ていて、まったく同じ人たちです。私は戻るつもりはありません。

それは魂のない大物たちが大衆を支配する最良の方法について語るのを聞くことであり、気がかりで気の滅入ることでした。

これらの人々はすべて、よく「ディープステート」と呼ばれるかもしれないものの一部です。彼らは皆お互いを知っています。彼らは同じ会議に出席し、多くの場合、同じ大学に通い、同じ社交クラブに所属し、同じ学校に子どもがいます。

しかし、最も重要なことは、彼らが同じ世界観を共有していることです。彼らは自分たちの小さなサイロに住んでおり、世界の残りの 79億人は、彼らにとっては部外者です。したがって、このような比較的緊密なグループの人々が、非公式ではあれ、共謀するのは当然のことです。

アダム・スミス(18世紀のイギリスの哲学者)は、同じ組織の 2人の男性が集まるときはいつでも彼らは常に大衆の利益に反して陰謀を企てていることを観察していたことは有名です。それが彼らにとって完全に正常で自然なことなのです。

しかし、これらの人々は、いくつかの追加のシェケル(古代ユダヤの通貨)を作るために努力している商人だけではありません。これらの人々は、世界のすべての政府、NGO、企業、大学、およびメディア組織のトップにいます。

彼らは、基本的に大衆を軽蔑しています。「大衆の中には、役に立つ馬鹿もいれば、役に立たない馬鹿もいる」というように見ています。何より彼らは権力に興味を持っています。

彼らが現在の COVID 演習で最近示したように、彼らはほとんど世界を支配しています。彼らは非常に危険です。私は彼らを軽蔑しています。

聞き手:2019年、COVID の最初の症例が報告されるかなり前に、毎年ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF)が、世界的パンデミックの可能性について議論するイベントを開催しました。

(※ 訳者注 / ビル・ゲイツ氏と世界経済フォーラムのそのイベントについては、昨年1月の記事「武漢ウイルスが出現する2ヵ月前、アメリカの科学者が「次に発生するコロナウイルスのパンデミックは《地球上の6500万人を殺す》」というシミュレーションを…」にあります。)

実際、彼らはシナリオがどのように実行されるか、そして政府、大企業、およびメディアが状況をどのように処理するべきかについてシミュレーション演習を実行しました。これをどう思いますか? 偶然だったのでしょうか?

ダグ・ケイシー:これらの人々はかなり大胆です。彼らは、正しくは、地球の国民の 90%が、基本的に、与えられたものは何でも食べ、言われたものは何でも受け入れると信じています。

これらの人々が、世界が彼らの利益のためにどのようにリセットされるべきかについて、お互いに非公式な理解を持っていることは間違いありません。

それ自体は正式な陰謀ではなく、同じ階級、世界観、哲学の人々が権力の座にあるときに必然的に起こることの自然な結果にすぎません。

問題は、前世紀の世界的な大火が毎回はるかに深刻になっていることです。第一次世界大戦は信じられないほど厄介でした。第二次世界大戦はさらに厄介でした。私たちはソビエト連邦との世界的な核戦争の弾丸をかわしました。しかし、それは第三次世界大戦が起こらないという意味ではありません。 40年または 50年前とは違うだけです。

したがって、動向の傾向に基づけば、第一次世界大戦で 2,000万人が死亡し、第二次世界大戦で 6,000万人または 8,000万人が死亡したとしたとして、現在が第三次世界大戦であることが判明した場合、何が起こる可能性があるでしょうか。それは、ディーガル(軍事分析組織)のレポートをまとめた人たちのように、大きく考えてほしいと思います。

以前から述べていますが、この戦争は、戦車や F-35、そして空母のような時代遅れの「がらくた」とはほとんど関係がないでしょう。これらのがらくたは、ディープステートを豊かにしながら米国を破産させる以外の目的はほとんどありません。

第三次世界大戦は主にサイバー戦争と生物戦争になります。

エリートたちが大衆と呼ぶ多くの人たちは、エリートたちが何年もの間ウイルスのアイデアを計画して、それで遊んでいたことを知らないと思われます。

ちょっと想像してみましょう。おそらく、主に慈善家になりすましたエリートたちは、遺伝子プールを浄化する方法として彼らの計画を合理化し、人口を 80または 90%削減するでしょう。

おそらく、(その前からあったコロナウイルスと呼ばれるものではなく)ワクチンこそが実際には本当の媒介物であり、しばらくすると一部を殺し、残りを不妊化すると思われます。

おそらくそれは、ワクチン接種を受けた従順な 80%が、独立したワクチン接種を受けていない 20%を収容所に入れるための触媒として役立つでしょう。おそらく、現在のウイルスは最初の放出物であり、デルタおよびミュー変異株の後に、真に深刻なゼータ変異種が出現します。

何でも可能なのです。私たちはこの時点でまさにサイエンスフィクションの世界に住んでいます。

物事が多かれ少なかれそのまま進んだとしても、COVID-19ウイルスにはその観点から多くの利点があります。経済の崩壊、大恐慌、インフレ、等は、中央銀行、そして国家のせいにはなりません。彼らはウイルスとの戦いでヒーローとして提示されます。経済恐慌は、本当の原因ではなく、COVID のせいになります。

聞き手:今年の初め、世界経済フォーラムは、サイバー攻撃が世界のサプライチェーンを混乱させることについて多くの騒ぎを起こし始めました。

世界経済フォーラムの創設者は、インターネットに先制的にワクチン接種することを求めていました。これはおそらく、今後インターネットにより多くの規制、そして自由とプライバシーがより少なくなることを意味する気がします。

彼らは次の本当の危機あるいは作られた危機を予見していますか? それはどのように実行されるのでしょうか?

ダグ・ケイシー:この時点で、米国、そして実際には多くの国が本物の警察国家に変わっていることに疑問の余地はありません。それはオーストラリアと、そして私たちの目の前で起こっています。国全体が封鎖されています。

もちろん、常にマスクをしている人々は、厳しい罰を受けることはなく、しかし、自宅から数マイル以上離れることはできません。

現在、誰もオーストラリアに入国できず、そして、これは本当に衝撃的ですが、誰もオーストラリアから「出国できない」のです。それも疑問視されていません。オーストラリア、ニュージーランド、およびカナダの一部で発生している、このようなことは、どこでも発生する可能性があります。

どうやら、それはここ米国でも起こり始めており、バイデン(大統領)はワクチン接種を受けていない人々に対してあからさまな脅威を打ち出しました。

そのワクチン(の安全性)は証明されていません。そしておそらく、私たちはそれが今後の数年間どれほど危険であるかを知りません。

本来なら、過去の例では、このような根本的な新しい治療法に関しては、何年間にもわたって試験する必要がありました。しかし、それはありませんでした。

しかし、それでも、ワクチン精神病はこの戦争のほんの一面にしか過ぎません。

エリートたちは、平均的なアメリカ人たちの多くが、規制による圧力によってワクチンを接種するとは思っていない。したがって、おそらく今後、現実に起きる、あるいは想像上の何かが発生し、アメリカ市民のクラス全体を国内テロリストとして指定できるようになると思われます。

私たちは今、国家の装置を管理している真に狂った人々を抱えています。彼らは自発的に権力を手放すつもりはありません。この時点では何でも可能です。

今はまだ初期の段階です。

この狂気の後半に入ると、実際には世界の状況を見る際に考慮すべきもっと深刻なことがあります。物事は 1914年または 1939年に似ています。次に何が起こるかを正確に知っているのは誰でしょうか?

聞き手:COVID ヒステリーは、世界中の権力に飢えた政治家たちにとって非常にうまく機能しました。国民は今、彼らの日常生活に対する前例のないレベルの政府の統制を受け入れています。

エリートが示唆している、いわゆる「サイバーパンデミック」が発生した場合、個人の自由にどのような影響が出るのでしょうか?

ダグ・ケイシー:先ほど言ったように、第三次世界大戦は核兵器や通常の軍隊での戦争はなく、生物学とコンピュータに関するものです。

世界全体がコンピュータ上で作動されるようになったため、サイバー戦争の側面は巨大になるでしょう。実際、世界は人工知能で動き始めています。

サイバーパンデミックとインターネットの閉鎖に関する限り、それはほぼ確実だと思われます。彼らは間違いなくそれを望んでいます。なぜなら、問題の事実は、あなたたちが他の人や情報とコミュニケーションをとることができているからです。

他の人に何が起こっているのかについての考えやニュースを得ることができない場合は、今の社会では、何もわからないでしょう。

他の人をコントロールしたい人たちが、一般的なコミュニケーション手段を減らしたいと思うのは理にかなっています。彼らは、彼らがインターネットから不健全な見方であると考えるものを維持するための言い訳を見つけるでしょう。

いわゆるパンデミックの情報に関してはすでにそれが起きています。たとえ有名な情報源からであっても、どんなに理にかなった事実であっても、反対の見解は打ち砕かれています。異議を唱えたり、議論したりすることは許されません。それが知的および政治的言説の他のすべての分野に広がっていることに気付くでしょう。

私たちはすでに簡単に旅行することができません。国内線は不便で、国際線は約 85%減少しています。ワクチンパスポートが準備されています。多くの場所で、少人数のグループでも集まることはできません。

そしてもちろん、次の大きなことは、「厳重に管理されたインターネット」です。

すべてのコミュニケーションを打ち砕くということです。これは、制御にとって非常に重要な優れた公式です。彼らは組織している人々が彼らに挑戦することを望んでいません。

バイデンの最近の演説で、彼は何度か、潜在的な敵、つまりアメリカ国内の危険として、無防備なものを明らかにしました。

接種をしたくない人々が従来の右翼的見解を持つ人々であり、文化的保守主義者と強く相関しているのは偶然ではありません。

ここに戦線が引かれます。まったく階級とイデオロギー戦争に変わりました。

彼らはアメリカの価値観と歴史、そして一般的には男らしさ、そして特に白人男性を非合法化することに成功しています。次は、地球温暖化詐欺の再強調です。人々は何もすることを許されません、

そして、人々がそれが正しいと信じるために何世代にもわたって教え込まれているので、ほとんどは、それに沿っています。エリートたちは恐怖を強めるために彼らの力ですべてを行っている。

あなたの健康への恐れ、国内テロへの恐れ、非準拠への恐れ、そして地球を破壊する気候への恐れ。

先に述べたように、恐怖は政府が人々をコントロールする上での最も強力なツールです。それが政府のすべてです。彼らは恐れで繁栄します。

聞き手:これらの不穏な傾向から身を守るために、一般的な人たちに何ができることはあるでしょうか。

ダグ・ケイシー:ソルジェニーツィンの『収容所群島』では、彼らが最悪の条件下で全員が強制収容所に集まったとき、彼らはこう言いました。「彼らが私たちを個人として検挙しとき、私たちが知っていたのなら……。もし、私たちがフライパン、パイプ、岩をつかんでこれらの犯罪者を攻撃しただけだったなら…」

しかし彼らは恐れていた。そして、彼らは物事が彼らが判明したほど悪い可能性があるとは考えませんでした。

ユダヤ人が彼らを強制収容所に連れて行くために彼らを検挙していたときにゲシュタポを攻撃することはめったになかったのと同じように、彼らが強制収容所に行くときに党官僚を攻撃することを躊躇したことは理解できます。

あなたは当然、「これらの人々がそれほど深刻になることはないはずだ。これらの人々はそれほど悪くはならない…」と思い、そして、それは間違う道となります。

これらのことを考えるだけでも、多くの肉体的な勇気が必要です。

しかし、私たちは楽観主義者になる傾向があるため、誰もが身体的な行動を取ることを恐れています。

あなたならどうしますか?

人に対して物理的な行動を取るのは危険すぎます。
では、どのように抵抗しますか?

あなたがヒーローになりたいのでなければ、私が考えることができる唯一のことは、悪者から身を守るための十分な資産を持っているか、物理的に別の場所に移動することです。

私たちは、特に次の 3、4年間、米国の歴史の中で非常に大きな転換点に向かっています。

今後数か月および数年のうちに、財政的、経済的、社会的状況は恐ろしく不快なものになるでしょう。そして、ほとんどの人にとってそれを乗り切っていくのは非常に難しいかもしれません。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2021年からの世界, ディストピアへようこそ, 人類の未来, 健康の真実, 日本の未来
-, ,

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.