[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2021年からの世界 ディストピアへようこそ 人類の未来 健康の真実 日本の未来

不完全なmRNAから成る水ワクチンの探究でロシアンルーレットに勝つ消極的な方法

投稿日:




 

欧州医薬品庁からの漏洩データを今にして思い出し

以前、「水ワクチン」みたいな言葉を書いたことがあります。

それに関して、最近ふと思い出しましたのが、以前、医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載されていたファイザー社ワクチンについての「懸念」を表明する記事でした。

この医学誌 BMJ は、世界で最も権威ある医学誌のひとつですが、副編集をはじめとして、もともとあまり mRNA ワクチンに対して肯定的な態度はとっていなかったということはあります。以下は、今年 1月の記事ですが、BMJ の副編集長が、ファイザー社ワクチンの治験データの「生データが不足しすぎている」ことを、意見記事として書いたものをご紹介したものです。

有効率19% : 医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルの副編集長が、ファイザーワクチンの治験データからは有効率95%どころか承認基準を著しく下回る数値になる可能性を指摘
投稿日:2021年1月20日

今年 3月に、BMJ は、ヨーロッパの医薬品を統括する省庁である欧州医薬品庁 (EMA)の「データ漏洩」について調査したことがありました。

サイバー攻撃により、ファイザー社から提出されたコロナワクチンの書類が漏洩したのです。その漏洩した内容を査定している記事です。

論文は以下にあります。

The EMA covid-19 data leak, and what it tells us about mRNA instability
欧州医薬品庁 Covid-19データ漏えいと、mRNAの不安定性についての説明

これは、メルマガではやや詳しく書かせていただいたのですが、いろいろとまた面倒な話も含みますので、ここでは簡単に書きますと、

「約半分が水ワクチンの可能性」

であることについて書かれてあるものです。

水ワクチンという書き方は適切ではないですが、

「不完全な mRNA 鎖の製品が、最大 45%ある」

というものです。

ファイザー社ワクチンの mRNA (メッセンジャー RNA )というのは、コロナのスパイクタンパク質を体内で作るように指示するものであり、このワクチンと呼ばれるものを接種した後からは、予防のための中和抗体(という側面もかつてあったかもしれない)スパイクタンパク質が体内で産生されます。

しかし、mRNA が「不完全な状態」ですと、これが十分になされない、あるいは、

「まったくスパイクタンパク質が作られない」

ということになります。

これは、あくまで当時(欧州医薬品庁からデータが漏洩した昨年 12月)の話ではありますが、これらの論文や漏洩データから言えるのは、「当時の話」として、「約半分は、スパイクタンパク質を作らないワクチン」だった可能性があります。

つまり、

「約半数くらいの人たちが、そのようなワクチンを接種していた可能性がある」

ということです。

謳われている効能そのものがないということでもあります。

 

さて。

 

これをどう考えるのかは特には書きません。

というのも、一般的には、「ワクチンによって、スパイクタンパク質が体内に作られることにより、中和抗体として働き、それが感染予防につながる」という概念が言われているからです。

ですので、その理屈からいうと、「スパイクタンパク質が作られないコロナワクチンなどけしからん」ということになるのでしょうが、一方で、別の側面があります。

私のこのブログでは、その「別の側面ばかり」取り上げていたわけですが、例えば以下のようなブログ記事のタイトルでもご想像できるのではないかと思います。

 

スパイクタンパク質とポリエチレングリコールが「生殖機能を根底から破壊する」メカニズムのすべて。それは女性に対しても男性に対しても
投稿日:2021年6月21日

コロナのスパイクタンパク質が「人間に長期的な遺伝子発現の変化をもたらす」可能性が米国の研究で突き止められる。…とすると体内にスパイクタンパク質を生成するワクチンの影響は…
投稿日:2021年4月28日

コロナが、あるいはそのスパイクタンパク質が「もともと生殖不全を引き起こす可能性のあるメカニズムを持っている」ことを知る。米CDC報告では、コロナワクチン副作用報告の80%は女性
投稿日:2021年6月1日

自然のコロナスパイクタンパク質にも、そしてワクチン由来のスパイクタンパク質にも漂うHIVの気配
投稿日:2021年6月29日

血管に注入された新型コロナのスパイクタンパク質は、脳のバリア「血液脳関門」を簡単に通過し脳全体に広がることを知った日に…
投稿日:2021年2月11日

 

スパイクタンパク質には、そういう側面もあるということも、今となっては、かなりの事実でもあると言えるかとは思います。

しかし、先ほどの BMJ の論文のように、「 半分くらいのワクチンが、スパイクタンパク質の産生能力を持っていない」とすれば、これをどう考えるのかということです。

そして、「ワクチンを打ちたくはないけれど、職種上そうせざるを得なくなってくる」というような場合、この「2種類あるかもしれないワクチン」に希望を託すしかなくなってくるのかもしれません。

まず、その BMJ の論文を取り上げていた当時の記事の概要をご紹介します。

これは、カトリック系の医療メディアで、もともとコロナワクチンに反対している立場ですので、表現がきつい部分がありますが、私自身はあまり罵倒とか非難とかが好きではないですので、そのあたりオリジナルとは文面の雰囲気は異なると思われます。

ここからです。


漏洩したファイザー社文書は、ヨーロッパで承認される前、一部の COVID ワクチンサンプルの 55%のみの mRNA が「無傷」であったことを示し、品質管理の大きな問題を明らかにした

Leaked Pfizer Documents Reveal Only 55% of Some COVID Vaccine Samples had RNA Intact Prior to European Approval Exposing Huge Quality Control Issues
healthimpactnews.com 2021/03/14

2020年12月、欧州医薬品庁(EMA)は、ヨーロッパでのワクチンの緊急使用許可の発行に備えて、ファイザーから受け取った mRNA コロナワクチン試験に関する文書を検討していた中でサイバー攻撃の犠牲になったとされている。

その機密情報はダークウェブで公開され、医学誌 BMJ に所属する人たち含む数人のジャーナリストたちに送信されたとされている。

BMJ によると、漏洩した文書で明らかになった重要な問題の 1つは、ヨーロッパの規制当局が、商業生産用に開発されたワクチンのロットに含まれる無傷の mRNA の量が予想外に少ないことに大きな懸念を抱いていることだった。

一部のロットは 55%しか mRNA が無傷でなかった。

これは興味深い疑念を提起する。ファイザー社の mRNA ワクチンの接種後(アメリカなどでは)非常に多くの有害事象や死者が報告されているが、一方では、まるで副作用のない人たちもいる。

人々の中には、プラセボを使用しているのではないかと疑念を提起した人たちもいた。

しかし、この問題は、BMJ の記事を見る限り、プラセボを接種しているという推測のような「陰謀論」を検討するのではなく、より明白なことを検討するのが最善であるということだと思われる。つまり、品質管理の問題だ。

ファイザーワクチンが保存される非常に低い温度(氷点下70度など)、および用量を解凍、混合、保存するために必要な綿密な手順などに関するものだ。

これらの手順が失敗し、誤って処理されることがあるのは常識だ。

医療業界は「非常に知的で有能な人々で構成されており、ほとんど間違いがない」という幻想があるが、それは一方では真実でもない。優秀な人もいるが、いろいろな人たちもいるということについては、他の業種と変わらない。


 

ここまでです。

この後も、記事は長く続くのですが、批判的な文面を長々と書いてもあまり意味がないですので、つまりは、いろいろなパターンはあるのでしょうが、中には、

「ファイザー社のワクチンに、完全な mRNA 鎖が含まれるものが 55%しかない場合があった」

と。

つまり、場合によって、「約半分はポリエチレングリコール入りの水」だったと。

ポリエチレングリコールも体には悪いですが、悪さでいえば、スパイクタンパク質の比較にはならないはずです。

このポリエチレングリコール(PEG)は以下の記事にも書きましたように、女性の美容系用品を中心に、あらゆる製品に使われているものです。

ファイザーワクチンに含まれるポリエチレングリコール(PEG)に対してのアレルギー抗体を持つ人が現代の社会で圧倒的多数である理由がわかった。そしてその回避法
投稿日:2021年3月10日

mRNAワクチンでの副作用(副反応とかいう造語が使われている、直後の反応)が、圧倒的に女性に多いのは、女性が PEG の抗体を持っている場合が多い影響かと思われます。

さらに、確かに PEG は、場合によって、脳と生殖機能に影響を及ぼすことがあることは事実のようです。以下の記事などをご参照下されば幸いです。

スパイクタンパク質とポリエチレングリコールが「生殖機能を根底から破壊する」メカニズムのすべて。それは女性に対しても男性に対しても
投稿日:2021年6月21日

ですので、そりゃまあ、打たないで済むなら打たないという以外にいい選択があるわけではないのですけれど、状況がこうなってくると、そうも言っていられない方々も出てくるはずです。

「実質的な強制ワクチン接種」は、日本でも事実上起きています。

自由意思というウソくさい言葉が通じない状況はすでに存在しています。

こちらの記事でも書きましたが、欧米の報道ですと、ヨーロッパでの事実上の強制接種化はさらに激しくなっています。

以下は、記事からの抜粋です。

ワクチン接種率を上げる試みに関しては、ヨーロッパでは大変に強硬な政策が次々と打ち出されています。

フランスでは、ヘルスパス(二度のワクチン接種を終えたか、最近ウイルス検査で陰性と証明されたか)を所持してないと、レストラン、バー、病院などへの入室や旅行が制限される法律が 8月5日から施行されたことが報じられています。

イタリアではさらに厳しく、ヘルスパスを所持していないと、ジム、プール、スポーツスタジアム、美術館、スパ、カジノ、映画館、屋内レストラン、電車、飛行機、船などのすべてが利用できなくなると報じられています。

また、ロイターによれば、イタリアでは、すべての教師は、「教室に入る前にヘルスパスを提示しないと教室に入ることができない」ということになり、一般の労働者も、5日連続でパスを所持しないと解雇され、その場合、賃金の支払いも行われないということです。 earthreview.net

日本も仮にこのようになっていった場合、場合によって、回避できないこともあり得るとは思います。

「死んでも回避する」と決意しない限りは、なかなか難しい局面は出てくるようには思うのです。

そうなると、あとは、先ほどの漏洩データにありますように、仮に今でも、「かなりの部分にやや毒性(PEG)があるだけの水ワクチン」が含まれているのだとすれば、それに賭けるしかないのかなとも思うのです。

 

水を求める

ちなみに、私自身は「死んでも回避する」と決めていますが、私の場合、背景が何もない人間ですから、そんなことを言えるわけで、会社や組織に所属されていたり、取り引きや付き合いがある以上、そんなことも言っていられない場合もありそうです。

メルマガでは、今のワクチンの状態を「ロシアンルーレット」に例える様な悪質な書き方もしていますが、「似ている」とは思います。

回数が増すたびに「実弾」に当たる可能性が増えます。

それはともかくとしても、実弾を避ける方法はあるのかといいますと、基本的にはそれはわからないとしか言いようがないのですが、データからの事実はあります。

それは、日本においても、

「ロットによって、著しく副作用の報告件数が異なる」

というものです。

以前、メルマガで、7月16日までの「厚生労働省の副作用報告」 16,158件の事例について、ロットによる副作用を調べたことがありました。

それはページ数の検索ですので、正確な数ではないですが、比率はわかります。以下のような偏りがありました。

ファイザー社ワクチン副作用出現ページ数

ファイザー株式会社 コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CоV-2)

全36ロット(7月16日時点)

ロット  検出ページ数

EP2163 検出  131  ※検定合格 4月14日(日本で合格した最初のロット)
EP9605 検出  225
ER2659 検出  272
ET3674 検出  209
ER9480 検出  280
ER7449 検出  266
ET9096 検出  150
EW4811    検出  357
EY2173  検出  321
EX3617  検出  244

EY4834 検出  182
EY0779 検出  182
FA2453 検出  108
EX6564 検出  17  ※検定合格 4月30日
EY5420 検出  198
FA5829 検出  83
FA5715     検出  31
FA4597 検出  113
FA7338    検出  86
FA7812 検出  21

FA5765 検出  71
FC3661 検出  33
FC8736 検出  0  ※検定合格 5月24日
EY3860 検出  47
EY5422 検出  44

EY5423 検出  52
FC5947 検出  6
FC5295 検出  12
FD0889 検出  0  ※検定合格 6月2日
EW0201 検出  10

EW0203 検出  3
EW0207 検出  3
EY0572  検出  0
EY0573  検出  2
EY0583 検出  0
FC9880 検出  0  ※検定合格 6月30日 (この時点までの最新のロット)

このように、「副作用報告ページが 0 」というロットがあるにはあるのです。

比較しますと、当時までの話ですが、副作用報告のページ数が多いロットと少ないロットでは以下の差がありました。

[副作用報告事例掲載ページ数の多いロット]

EW4811 副作用事例検出  357  ※検定合格 4月07日
EY2173  副作用事例検出  321  ※検定合格 4月13日
ER9480  副作用事例検出  280  ※検定合格 3月24日
ER2659  副作用事例検出  272  ※検定合格 3月10日
ER7449  副作用事例検出  266  ※検定合格 4月02日
EX3617  副作用事例検出  244  ※検定合格 4月15日

[副作用報告事例掲載ページ数の少ないロット]

FC8736  副作用事例検出  0  ※検定合格 5月24日
FD0889 副作用事例検出  0  ※検定合格 6月02日
EY0572  副作用事例検出  0  ※検定合格 6月15日
EY0583  副作用事例検出  0  ※検定合格 6月15日
FC9880  副作用事例検出  0  ※検定合格 6月30日

時期の問題がありますので、これだけで何かがわかるものではないですが、「差が大きすぎる」こともまた事実だと思います。

ここに賭けてみるしかないのではと思うこともあるのです。

 

そこから先の方法論はわかりません。つまり「接種会場で使われてるロットを知る方法、あるいは教えてくれる」というようなことがあるのかどうかはわからないです。

 

打たないという選択に勝る方法論がないということは言うまでもないのかもしれないですが、状況はそれを許さなくなるかもしれません。

未接種に対する刑事罰が適用されるかもしれません。少なくとも、欧米では現実に近くなっています。

ですので、最悪の選択とはいえ、そのような状況になった場合、最大の力を使って水ワクチンを探すという方法論になってしまうのかもしれないとも思います。

最新(8月4日発表)の厚生労働省の副作用報告資料は以下にあります。

第66回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第15回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催) 資料

この上から2番目の「資料1-1-2-1 予防接種法に基づく医療機関からの副反応疑い報告状況について」が、ファイザー社の副作用報告一覧です。現在、732ページ、全 2万105件の副作用が掲載されています。

同じ厚生科学審議会のファイザー社ワクチンの死亡事例は、こちらにあります。8月4日までの死亡事例 919件が掲載されており、こちらもロットは記されています。

日本で現在までに使われている検定に合格した全ロットは以下にあります。

検定合格情報

この検定合格情報のロットと副作用報告の資料を照らし合わせれば、水ワクチンの含有率が高いロットがわかる「かも」しれません。

これでもなお綱渡り的ではあるにしても、このあたりに賭けるしかなくなってきているのかもしれないと思うこともあります。

全体的に、甘い話の世界ではなさそうなのです。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2021年からの世界, ディストピアへようこそ, 人類の未来, 健康の真実, 日本の未来
-, ,

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.