地球最期のニュースと資料

In Deep

「 インフルエンザ 」 一覧

「インフルエンザワクチンの《害の部分》」について研究され発表された医学論文や学術論文の数々が語る断片

・collective-evolution.com   前回の記事、 ・火星では火山が噴火し、木星では何かの緑色の光が噴火している中ですが、今日はかぜの中でホイル博士を偲びながら静養させてい ...



火星では火山が噴火し、木星では何かの緑色の光が噴火している中ですが、今日はかぜの中でホイル博士を偲びながら静養させていただきます

10月18日にESAの火星探査機マーズ・エクスプレスが撮影した写真 ・ESA   かぜをひくたびに この数年は、1年から1年半に1回くらいの割合でかぜを引くのですけれど、今もまた久しぶりに熱 ...

[重要]インフルエンザの爆発的流行を作り出しているのが「ワクチンそのもの」である可能性が浮上。最新の医学論文に示される「ワクチン摂取は《呼気からのウイルスの排出を6倍》にしている」という事実

米国科学アカデミー紀要に掲載されたインフルエンザ患者の呼気についての論文 ・PNAS 今回は、アメリカで今月発表されたインフルエンザウイルスの感染経路に関しての医学的研究についてご紹介しようと思います ...



なぜ風邪やインフルエンザは冬に流行するのか・・・「それはウイルスが宇宙から定期的に地球に運ばれるから」という確定的な説を無視し続けるせいで無意味な予防と治療に明け暮れる現代社会

・フレッド・ホイル博士(1915 - 2001年)   「冬になると風邪やインフルエンザが流行する」ということについては、ほとんど常識というか、「そういうもの」として考えているようなところが ...

「哺乳類の飛沫感染」が確認された中国産の新型鳥インフルエンザ「H7N9」。パンデミック寸前かもしれないそのウイルスの致死率は驚異の40パーセント

2017年10月19日の米国メディアの記事より ・The Atlantic 2017年10月21日の米国HUFFPOSTの記事より ・HUFFPOST Sponsored Link   かつ ...



香港で夏のインフルエンザの大流行により死者が300人を超え、SARSでの犠牲数を超える事態に。その致死率は季節性インフルエンザの数十倍から数百倍に。そこから思う「日常の病気の未来」

8月10日の香港の報道より ・news.cnyes.com 香港で「季節性インフルエンザ」が大流行していることが報じられています。 報道の内容としては、現在、香港で夏のインフルエンザが流行しているので ...

補足資料 : 今季の季節性インフルエンザの「恐ろしい」致死率・・・それは 0.・・・

  今日、ふと目についたふたつの報道記事がありました。 それまで別の記事を書いていたのですが、何となく、今回はこのことだけを抜粋しておこうという気になりました。 どちらも変なニュース媒体では ...



永遠の拒絶への確信 : インフルエンザワクチンの予防接種の「是非」について個人的な結論を見た日(曖昧ではなく完全なる《非》へと)

  インフルエンザの予防接種についての是非は、いろいろと言われるところではあるのですが、私個人としては、これまで「効果はないし、受けても受けなくても」というような曖昧なスタンスだったのですが ...

「1968年以前に生まれた人たちは鳥インフルエンザのパンデミックで死なない可能性」を示したアメリカの研究が示唆する「世紀末のメカニズム」

2016年11月10日の英国テレグラフより ・telegraph.co.uk   少子化時代に若年層をこの世から奪う可能性を持つ悪魔的ウイルスの登場のサイクルは? インフルエンザの流行に関し ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.