「 コロナウイルス 」 一覧

病気だらけの地球で : 人間界では新型コロナ、ペスト、デング熱、謎の肺炎が流行。さらにはウサギやミツバチ、ゾウなどの「動物のパンデミック」も進行中

・relocatemagazine.com   滅亡的な渦中にある人間社会と生態系 日々の報道を見ていますと、今は実に「病気の時代」であることが強く実感されるときに生きていることを自覚します ...



病気の子どもが多すぎる。そしてさらに肺疾患が増え、アレルギーが増え、骨折する子どもたちが増えていくのを看過しろと?

・childrenshealthdefense.org   「新しい日常のどの部分から破棄していくか」 今回の本文と関係する話ではないですが、7月6日の朝日新聞に、 「布マスクの漏れ率 10 ...

過剰な消毒と殺菌が「人間の肺を破壊するメカニズム」がわかった

1982年の映画『コヤニスカッツィ』オープニング。米先住民族ホピの壁画 ・Koyaanisqatsi / 1982   平衡を失った世界で 最近はテレビをつけても、再放送か、テレワークみたい ...



「過去4週間で1年間分の自殺企図と遭遇しました」:アメリカで爆発する自死の波。そして、ロックダウン緩和後もさらに増加し続ける失業率

・The Worst Unemployment Spike In U.S. History   地獄がアメリカに完成しつつある 10日ほど前の以下の記事で、ロックダウン下のアメリカで、多くの ...

世界に広がる「アンチ・ビル・ゲイツ運動」。その理由は?

5月16日 「ゲイツ氏に逃げ場はない」と書かれたマスクをつけ、ドイツの抗議運動に参加する人 ・deccanchronicle.com   怒りの矛先は 私自身は、もう1ヶ月近く、テレビのニュ ...



2020年の生活 : コロナウイルス下の世界の光景と現実をもはや呆然と眺める

1962年にイタリアの新聞に掲載された「2020年の生活」と題されたイラスト ・summit.news   たった3ヶ月で地球全域を覆い尽くした「非日常」 冒頭の「すべての人たちが透明のポッ ...

ロックダウンが長期化する中、アメリカ人の精神衛生状態の危機が本格化し、薬物処方量も歴史的な増加。そして今後「かつて経験したことのない自殺の大波」が来ると専門家たちが警告

・yle.fi   歴史的な薬漬けと自殺数の増加に追い込まれるロックダウン下のアメリカ 4月の初め頃、「ロックダウンや緊急事態宣言による政策により、各国のどれだけの人たちが精神的に追い込まれ ...



武漢ウイルス研究所でコウモリでのコロナウイルス感染実験を繰り返していた女性科学者が「多数の機密資料と共にアメリカに亡命」した可能性があり、国家間闘争は新たな段階に

武漢研究所の女性研究員がアメリカに亡命したことを伝える台湾の自由時報 ・自由時報   すべての真相を知っている武漢研究所副所長の亡命劇 日本のマスコミさんは立派なもので、各国政府などが「新型 ...

毎年5800万人が死亡しているこの地球で、パンデミックへの各国の愚策により、1億人の病死者と2億人の餓死者がそこに加わる。事態は、中国政府が5000万トンの米を世界中から掻き集めるほど逼迫している

・国連の発表を報じるアメリカABCニュース。 abcnews.go.com 新約聖書 ヨハネの黙示録 06章 07-08節 小羊が第四の封印を解いたとき、私は、第四の生き物が「行け」と言うのを聞いた。 ...



パンデミックは今後30-40日以内に「自然に終焉」する : イスラエルの著名な数学者が、新型コロナの感染は「ロックダウンをしてもしなくても」どちらも発生から70日間続いた後に収束するという理論を発表

ロックダウンに感染抑止対策としての意味がないことも判明 ・greatgameindia.com   すべての国と地域で新型コロナウイルスは同じ時間的サイクルで推移する 非常に興味深い記事を見 ...

世界中で拡大する大規模な消毒剤の空中散布や、日常的な手の過剰殺菌により、いよいよ人類の健康状況は終末の局面に至ると予測される

・スペインで大規模な空中消毒が実施されることを報じたメディア。La Razon   消毒剤とは「毒」だという認識が必要となっている あんまり暗い気分になりたくはないのですけれど、報道などを見 ...



[特報]HIV発見の功績でノーベル賞を受賞したリュック・モンタニエ博士が「新型コロナは人工ウイルス」とする論文を発表。そして「人為的な改変は必ず消える」とパンデミックが干渉と共に終わる道筋を表明

感染拡大と共にウイルスのHIV要素は消え、そして「干渉」の繰り返しの中でパンデミックは終わると述べた   新型コロナウイルスの中のHIV要素は時間と共に消える! 感動した記事を読みましたので ...

アメリカ政府と米メジャーメディアが「新型ウイルスは中国の武漢ウイルス研究所から流出した」という方向に姿勢を転換。さらに、武漢の研究所の出資者は「アメリカ自身」であることが判明

・4月14日の米フォーブスより。 Forbes   舞台は中国武漢だが、そこに中国政府は介在していない ・thailandmedical.news   ま、このぉ(いきなり田中角栄 ...



HIVからも防御 : 緑茶のエピガロカテキンガレートは、エイズウイルスの感染と発症を防ぐ。そして、仮に新型コロナウイルスとの付き合いが「一生」になるのなら考えてみたい「ウイルス干渉の原則」のこと

2007年3月28日の英国シェフィールド大学のニュースリリースより ・University of Sheffield News   さまざまな懸念に立ち向かうエピガロカテキンガレート セイヤ ...

中国人生物学者たちが「感染可能なSARSコロナウイルスとH1N1ウイルス」を繰り返しアメリカの空港に持ち込んでいた事例を米FBIが「重大な生物学的リスク」として2019年11月に警告していた

・2019年11月に発行されたFBIの報告書。news.yahoo.com   パニックの中で考える陰謀論 新型コロナウイルスのパンデミック以来、さまざまな「陰謀論として扱われる話」が、世に ...



突然変異と分岐 : 現在判明しているだけで「8種類の異なる新型コロナウイルス」株が世界に広がっている。さらに100以上の遺伝子の変異も

・3月27日の USAトゥディより。USA Today   絶え間ない変異 新型コロナウイルスに「複数の株」が存在していることは知られていましたが、公式な報道では「 2種類の株」というような ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.