「 コロナ 」 一覧

パンデミックの象徴の数が「23」であることがさらに明白に

AlBarclay 23人により署名されたパンデミック条約 前回の以下の記事は、フェイクニュースとしてご紹介していますが、内容は、「世界を非倫理的な全体主義国家に導く」ためのツールとして、パンデミック ...



「ワクチンパスポート」は2018年の欧州委員会の提案以来、着実にロードマップ通りに進んでいることが判明。正式な社会への適用は予定通りなら2022年

futurism.com   有害事象のこと 本題とは異なる話ですが、先ほどベランダで植物をいじっていましたら、道路で女性ふたりが話しながら歩いていました。フェンスがあるので顔や姿は見えませ ...

二つの衝撃 : mRNAコロナワクチンとプリオン病に関する論文の続報。さらに、やや衝撃的な「ワクチンを接種した人の方が感染率がはるかに高い」ことを示したイスラエルの南アフリカ変異種に対しての研究

A Dystopian Future 論文の実物を読むことができました 前回の以下の記事で、「 mRNA コロナワクチンが、脳のプリオン病と関連している」という論文が「あるのかもしれない」という曖昧な ...



ニューノーマルは永遠化へ : 「マスクと社会的距離、そしてステイホームは、第二次大戦後の配給制時を思い返せば、今後10年は続く」と著名な英国の元最高裁裁判官は警告する

Rachel Connell   新型コロナ緊急令が1年半続くことが決定した英国にて パンデミックとそれに対しての「対策」は、日本を含めた多くの国で「終わることのない局面に入っている」ことを ...

かつてビル・ゲイツ氏の下でワクチン開発を行っていたウイルス学者が「このままでは人類の大量死が起きてしまう」と、コロナワクチン接種の「緊急停止を要請」する内容の書簡をWHOと欧米各国政府に送る

  もう遅いのかもしれないけれど メルマガで、「最近は、ふとした時に、どよーんとした気持ちになります」みたいなことを書きましたら、心配していただくメールなどもいただいたりしましたが、自分が生 ...



ファクトチェックを使ったワクチン情報サバイバル

childrenshealthdefense.org   削除された記事が復活する場 この記事は、今日投稿しようとしていた本来の記事の前書きとして何となく書いていたものなのですが、しかし、イ ...

「私たちはディープステートに服従することをやめなければなりません」:バチカンのビガノ大司教がドイツのメディアに語った言葉のほぼ全文

カルロ・マリア・ビガノ大司教 Archbishop Vigano   いろいろ知る人から見る今の世界 最近の関東は、めっきりあかたかく…? あたたたく? (いよ、大統領ッ)、とにかく気温が高 ...



医師と科学者たちが欧州医薬品局に提出した「遺伝子ワクチンの承認停止要請の請願書」の内容に見る「本当の危険性」。その書簡の全文

Opinion Forum Globally   欧州医薬品庁に提出されたワクチンの危険性を警告する書簡 欧州医薬品庁 全世界で、コロナワクチンの接種が猛ピッチで続いています。 3月12日ま ...

ファイザーワクチンに含まれるポリエチレングリコール(PEG)に対してのアレルギー抗体を持つ人が現代の社会で圧倒的多数である理由がわかった。そしてその回避法

Science   PEGの実相 私は本来全然ものを知らない人でして、最近ではそれに加えて、何に署名しているのかわからない時などもあり、無知が進んでいる感じですが、「何かの興味の際に調べるう ...



[重大] コロナワクチンは人類史上最大の環境災害へ : ドイツの分子医学専門家が「排泄と共に環境に拡大するワクチンの地球と人類社会への多大な影響」を語る

vdata.nikkei.com   カタストロフの予兆 海外のサイトのコメントにあるリンクで、ドイツの「コロナ議会外調査委員会」の聴聞会の記録というものに行き当たりました。 コロナ議会外調 ...

イスラエル保健省のデータ分析から「コロナワクチン接種者の死亡数は、新型コロナ感染症そのものの死亡数より40倍高い」…という独立系の報道に疑問を持ちつつも、あえてご紹介させていただく理由

aawsat.com   イスラエルのワクチン接種者の死者が激増しているという報道 ちょっと迷っていたのですが、数日前に1度記事にしようとしてやめたものについて、今回ご紹介してみようかと思い ...



コロナとそのワクチンが世界を席巻する勝利の日に立ち尽くしたりして

  地球全体が巻き込まれている 統計サイトのスタティスタ(statista)が、2月22日に「これらの国々はまだCovid-19ワクチン接種を開始していない」というタイトルの統計記事を掲載し ...

新型コロナと「それを取り巻く環境」が本当に厄介な存在だと明らかになる中で、取り入れるべきものと「回避するもの」は何かを考えるサバイバルの時代に。それと共にまたも酪酸菌の重要性を

MCCS 新型コロナは本当に厄介だと明らかになる中で ルドルフ・シュタイナーの著作に『On Epidemics』(数々の感染症流行の中)というタイトルのものがあることを知りました。シュタイナーの時代に ...



コロナ第三波あるいは四波が「ADE(再感染時の感染増強)による修羅場になる」という予測が台頭する中、アメリカ外科医協会の前会長が「このワクチンは生物兵器だ」と非難

japantimes.co.jp   著名外科医が語るADEと生物兵器 今年1月の中旬、時期的にはすでに各国でコロナワクチン接種が進んでいた頃ですが、リー・メリット博士(Dr. Lee Me ...

ネットから消されたシュタイナー研究家の文書を探していて知った、全体主義を追ったドイツ人女性哲学者の言葉。それは、いつの時代でも「悪の本質は《システムを無批判に受け入れること》」

ハンナ・アーレント著『悪の陳腐さについての報告』(1961年)表紙より。 liberopensare.com まるでアーリマンに導かれるように 何だかいろいろと今の世の中は「意外」なことが続くのですけ ...



5000年続いた暗黒時代の終わりに「悪魔的存在との対峙」を回避することができない今後、陰惨な性質が明らかになるウイルスとそれを操る社会に私たちはどのように立ち向かうべきか

CONJUNCTION OF SATURN AND JUPITER IN 2020: A NEW CYCLE BEGINS   暗黒時代(カリ・ユガ)に見ている現実 今回は、タイトルにもあり ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.