地球最期のニュースと資料

In Deep

「 パンスペルミア 」 一覧

24年前の今日は「人類によって記録された太陽系における最大のカタストロフ」の渦中だった : 1994年に木星に衝突し続け地球サイズの衝突跡を残したシューメーカー・レヴィ第9彗星から今の地球を想う

今日 7月19日の周辺というのは、宇宙に関して、いろいろな記念日がありまして、7月20日は、今から 49年前にアポロ11号の「人類の月面着陸があったらしい」というような仮称記念日でもありますが、では、 ...



「私たちは毎日ウイルスの雨の中に生きている」 : 天文学的な量のウイルスが上層大気から地表へ常に降り降りている事実が初めて突き止められる

そこから個人的に思う「宇宙とウイルスの関係」 2018年2月7日の米にニューズウィークの記事より ・newsweek.com Sponsored Link   この In Deep というブ ...

なぜ風邪やインフルエンザは冬に流行するのか・・・「それはウイルスが宇宙から定期的に地球に運ばれるから」という確定的な説を無視し続けるせいで無意味な予防と治療に明け暮れる現代社会

・フレッド・ホイル博士(1915 - 2001年)   「冬になると風邪やインフルエンザが流行する」ということについては、ほとんど常識というか、「そういうもの」として考えているようなところが ...



パンスペルミア説が証明される日 : 探査機ロゼッタがチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の大気から「生命の基本的な構成要素」のアミノ酸やリンなどを宇宙観測史上はじめて検出

そして、宇宙全体に「生命の種子」が広がっていることも確定的に ・io9 2016年5月27日のSPACE.comより ・Space.com   これまで、この In Deeq では(綴り間違 ...

《特報》「地球の生命は宇宙で作られている」ことがほぼ確定 — 発見の最後の砦だった「RNA(リボ核酸)」が宇宙空間で形成され得ることをフランスの研究チームが特定したことにより「地球の生命の構成要素がすべて宇宙に存在」することが確実に

・Western Daily Press Sponsored Link そして、これにより「すべての宇宙空間に生命と生物が展開している」こともほぼ確定的に これは、多少「ヤッター」と思ったニュースでし ...



あらかじめ予定されていたかもしれない十の災い : 69年前から「オンライン販売されていたジカウイルス」

米国の生物資源バンク「ATCC」でオンライン販売されているジカウイルス ・ATCC [関連記事] ・2016年の十の災い(1):米国、そして欧州と全世界に拡大しつつあるジカウイルスが蚊だけではなく「性 ...

微生物、植物…。地球上のすべてが人類と共生関係であり表裏一体であるかもしれないことを確認させてくれる「人間と細菌たちの共存=マイクロバイオーム」の概念

・floxiehope.com 医学や栄養学の世界の考え方が大きく変わりつつある。人間は単独で生きていく生き物ではなく、互いに協調・競合する微生物を内部に秘めた複雑な生態系だと考えられるようになりつつ ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.