「 ロシア 」 一覧

社会の集団催眠は解けることがないまま終末へ進みそうな…。そして世界経済フォーラム衰退後の世界は

2022/06/26    , ,

  マス・フォーメーション 昨日の関東は暑かったんですよ。クソ暑い、という気象専門用語を使えるほどだったと思います 。 私の住むサンタサングレ市でも(いい加減にしろ)大変気温が上がったんです ...



元ロシア大統領メドヴェージェフ氏が「アメリカ中心の世界は崩壊し、新しい世界秩序が始まる」と警告

2022/05/17    , ,

予想されていた以上の制裁の恩恵によるロシアの経済的飛躍 ごく一部の西側諸国による「対ロシア制裁」が続いています。実際には、世界のほとんどの国は支持も協力もしていませんが、欧米と日本や韓国などは、そこに ...

「西側の制裁によりロシアが儲ける金額」はブルームバーグのアナリストの試算では日本円で約40兆円…。西側が一丸となってロシアの経済を強化する理由は何?

  ヒステリーから次のヒステリーへ 何だかもう異様に不思議な世論の中で生きている感じですが、ロシアとウクライナの問題は、どちらが良いとか悪いとか、そんなことは単なる一日本人の私にわかるわけが ...



「アルマゲドンへのワルツ」

Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb (1961)   本題とは関係のない話ですが 今回の ...

ロシアのEMP開発の歴史が60年に及ぶことを知り、そしてディーガルの壊滅的な人口動態予測を米国議会報告「EMPは90%のアメリカ人を殺す」で思い出す

アメリカ合衆国国土安全保障省 RUSSIA : EMP THREAT 表紙 EMPが最大の脅威であることは変わらない 思えば、以前は「 EMP(高高度核爆発)」ということについてよく書いていました。こ ...



「新しい野蛮主義」の中で……。そして世界経済フォーラムによる最近のお芝居の内容は、欧米を戦争に引きずりこもうとしているように見えて

  コワイ内容を含む喜劇 私が世界経済フォーラムというようなものを知ったのは比較的最近のことですが、それを知って以来ニュースの見方も少し変わりました。 ときに、満面の笑顔をもたらしてくれるよ ...

ロシアで副作用が極端な腺ペストのワクチンが3万人以上に接種される。米カリフォルニア大学では全学生と職員に対してインフルエンザワクチン接種を義務化

・腺ペストの予防接種を受けるアルタイ地方の女の子。dailymail.co.uk   軽度の副作用30% 重篤な副作用20% 今日、英国デイリーメールの報道を見ていましたら、 「ロシアで 3 ...



ロシアの科学者たちが「宇宙線は、脳内のGABAのバランスを安定させ、中枢神経系に有益」であることを証明。うつ病やパニック障害の治療へ活用する方法を模索すると共に、この太陽活動極小期に私たち人類が進化する可能性も?

科学誌ニューロサイエンスに掲載された論文に関してのロシアの報道 ・popmech.ru   宇宙線は脳に良いのか悪いのか、混乱しつつある科学界ですが 先日、ロシアのメディアで、冒頭の非常に興 ...

「太陽フレアはガンを誘発する」: 太陽活動が人間の細胞に与える影響についてのロシアでの大規模研究の結果、フレアは、ヒトの細胞に病的異常を発生させていることが判明

2019年1月30日のシベリアの報道メディアより ・sib-science.info   太陽活動の人体への影響についての知見がまたひとつ ・NASA   今回は、ロシアの複数の大 ...



サイキック核兵器人間は実在したのか? : アメリカ国家安全保障局が恐れたソ連の「リアル・アキラ」計画

機密指定を解除されたNSAの文書を解説するアメリカのウェブサイト ・Life imitates Akira: the NSA’s fear of psychic nukes   米ソ両国の「 ...

ロシア政府が「国家全体を世界のインターネット網から遮断」する計画を実行しようとしている。しかも、早ければ2ヶ月以内に実験を行う可能性が

2019年2月14日の報道より ・sciencealert.com   最近、「国家がインターネットを支配しようとする」という話題や報道が結構多いのですが、先日、冒頭のような記事がありました ...



ロシアが構築した「世界終末核装置」。ポセイドンという名のその報復兵器の破壊力は、広島に落とされた原爆の5000倍…

2019年2月11日の米国ビジネス・インサイダーより ・Business Insider 終末兵器の決定版「ポセイドン」 今日、海外の報道を見ていましたら、 「ロシアが構築した海中で作動する終末兵器」 ...

原爆の日を過ぎてふと思った「今の自然はどうして核爆発と同じような光景をこんなに作り続けるのか」という答えの出ようのない疑問を持ち続けて

1946年7月に大平洋ビキニ環礁でおこなわれたアメリカの核実験(上)と、その70年後の2016年7月に米アリゾナ州に出現したマイクロバースト ・wikipedia.org ・indeep.jp &nb ...



「ロシアで太陽が3時間のあいだ消えた」: シベリアで合理的な説明ができない「昼が突然、真っ暗な夜に変わる」という事象が発生。ちょうど個人的な終末を感じていた時だけに印象も深く…

7月24日のメディア記事より ・watchers.news 旧約聖書「出エジプト記」 10章 22-23節 モーセが手を天に向かって差し伸べると、三日間エジプト全土に暗闇が臨んだ。 人々は、三日間、互 ...

「歴史上初めて1ヶ月間1度も太陽が出なかったロシアの12月」や、「アメリカの《新しい安息地》にマグニチュード2.0の地震を発生させた火球」が示唆するかもしれない2018年

2018年1月17日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru 2018年1月16日のアメリカの報道より ・nbc15.com Sponsored Link   その一年の計はどこに 最近 ...



ヨーロッパをたびたび襲う「発生源不明の放射能」の推定発生地が判明。そして、ふと「それはこの3年間崩壊し続けているシベリアの大地と関係があるのでは…」と思うにいたる

シベリアの大地の崩壊は、その地下から「未知の物質」やら「大量の放射能」やら、いろいろなものを噴出させているのではないかと 9月27日から10月13日までのロシアからヨーロッパの放射能の濃度(赤が最高値 ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.