地球最期のニュースと資料

In Deep

「 人類 」 一覧

スマートフォンの過度な使用により若者の40%の頭蓋骨で骨が異常形成され、まさに「角が生えている」ことがオーストラリアの大学の研究で判明

スマートフォンと頭蓋骨の異常形成の関係を報じる記事 ・Standard Digital   人間に新たに生じた「角」 数日前に、ロシアの報道で、 「スマートフォンの過度の使用の影響で、若い人 ...



カタストロフが常に私たちに突き出す「生命の真意」

10月11日 台風19号ハギビスが日本に上陸する前日に各地で撮影された紫やピンクの空 ・daily-rose.com 台風19号が日本に上陸した前日の10月11日、各地で上のような色の空が撮影されてい ...

人類史で最大だったインドネシア・トバ火山の巨大噴火の後、地球は長い寒冷期に「入ってはいなかった」。火山の冬という概念は地球には存在しない

・iflscience.com   人類が絶滅の危機を迎えたトバ・カタストロフ理論はなかった 最近はとても火山の噴火が多く、今後もさらに巨大な火山の噴火が発生する可能性が考えられていますが、 ...



[衝撃] 太陽は地球を含む太陽系の惑星に支配されていた : ドイツの科学機関が、《太陽活動が金星 - 地球 - 木星の惑星直列にコントロールされている》ことを科学的に裏付ける

太陽系ではすべての惑星と恒星が共生しているかもしれない 2019年6月4日の科学メディア「ニューサイエンティスト」より ・The planets might control the sun's act ...

地球では「絶滅に先んじて人口減が起きる」 : ローマ帝国、古代ギリシャ、ネアンデルタール人…これらの滅亡に共通しているのは「出生率の減少」だった。なら今の地球は

フランスの大学の研究発表を報じるメディア記事より ・efreenews.com   「地球全体が人口減」という現世史上初めての事態の渦中で 現在、日本をはじめとして、世界中が人口減少局面にあ ...



ノーベル平和賞受賞者のワレサ元ポーランド大統領が語る「エイリアン戦争」。そしてウェブボットが語る「エイリアン戦争」と「日本人」

2019年3月26日のポーランドの報道より ・wiadomosci.onet.pl   ワレサ元ポーランド大統領はかく語る 昨日 4月1日のエイプリルフールは、「日本の元号が変わる」というよ ...

2019年は「黙示録的な洪水の時代」の頂点へ至る最初の時代になる可能性が

2019年2月7日の米フォーブスより ・forbes.com 世界中で拡大し続ける大洪水 前回、以下の記事で、現在アメリカで発生している洪水が今後も継続していった場合、それは状況によっては、世界的な混 ...



地球の異なるすべての民族が「良心に基づく同じ道徳的規範を共有している」ことが史上最大規模の研究により判明。その本来の人間の「善性」はなぜ損なわれ続けてきたのか

英オックスフォード大学の研究に関する科学メディアの記事より ・sciencealert.com 1924年のルドルフ・シュタイナーの講演より (※ 「悟性」とは、論理的な思考力のこと) 最初、人間は悟 ...

唯物論支配のこの地球で「人類の滅亡あるいは消滅」は数十年以内だと知り、むしろ安堵の中にいる私…。そして、その中で思い出すタラビッチの言葉

2019/01/26    , ,

2019年1月25日 ノルウェーで撮影されたピンクと緑のオーロラ ・twitter   現在、地球は、巨大なコロナホールによる「黒い太陽」からの影響で磁気嵐の中にいます。 決して強い磁気嵐で ...



太陽活動と人類活動の「リンクが切れた」地球…。暴動は、戦争は、市場は…?

2018年12月7日 フランス・パリの凱旋門前 ・dailynews.lk 同じ頃、イスラエルでは「女性への家庭内暴力の蔓延」に抗議するデモが拡大 ・presstv.com   今、わりと世 ...

「半分、黒い。」 : 磁気を噴出するコロナホールが太陽の大部分を占める異常な状態が「定着」し、人類が太陽からどんな影響を受けるのかがもはや分からない

太陽観測衛星から撮影された12月6日の太陽。ほとんど半分黒いのです ・NASA / SDO   太陽が「本格的におかしい」と多くの人が感じ始めていたことを記事にしたのは、今年 5月の以下の記 ...



子どもに対しての虐待は、その子どもに「DNAレベルの変化」を引き起こすことが国際的研究で示される。…それがもし「人類全体の遺伝子」として受け継がれていくのなら…人類は結局滅亡するかも…

10月2日のアメリカの報道より ・Harvard Study Indicates Child Abuse Might Alter DNA   今日は、最近発表された研究発表をご紹介したいと思 ...

「若者がアルコールから離れたのは《遺伝子上の進化》の可能性が浮上」:世界中の人類の中に「忽然と」アルコールを拒絶する遺伝子が出現していることが米国の研究者たちにより見出される

2018年2月21日の英国インディペンデントの記事より ・independent.co.uk Sponsored Link   最近「体がアルコール代謝を拒否している」ことに気づいた時に偶然 ...



日本のこの100年間とは何だったのか

ルドルフ・シュタイナーが93年前に語った「人類の消滅」と「すでに消えた日本」   昨日(12月23日)、記事の更新をしなかったのですけれど、実は、ある時事について書いている途中に、ふと、かつ ...

この世の昆虫の数は回復不能なレベルで減少していた : 羽を持つすべて昆虫類の生息量が過去27年間で75パーセント以上減っていたことが判明。自然界の植物の80%が「昆虫による受粉で存在している」この地球の近い未来は……

2017年10月18日の科学系メディアPHY.ORGの記事より ・More than 75 percent decrease in total flying insect biomass over 2 ...



示唆、あるいは元型はどこにある? あるいはそんなものはない? …と思いながら、この数日の風景を見てみる

2017/10/18    , , , , , ,

アルゼンチン・ブエノスアイレスに出現した何だかわからない雲群 2017年10月17日 ・Red Climatica Mundial 昨日の、 ・「みずがめ座の時代への精神的移行と人類の変容」を初めて公 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.