地球最期のニュースと資料

In Deep

「 周波数 」 一覧

「落雷は人類を保護する存在だった」 : 雷は地球上にシューマン共鳴の周波数を作りだし、その超低周波電磁界は生体の細胞の保護と修復の役割を持つことをイスラエルの科学者たちが発見

2019年3月3日のイスラエルの報道より ・Israeli study finds lightning may have protective traits   シューマン共鳴は細胞を保護し ...



「音のパワー」が次第に明らかに : 「音波は《質量》を移動させている」ことを示した米国の実験。そして、 特定の音楽によりチーズの味が明確に変化することを明らかにしたヨーロッパの実験

2019/03/18    , , , ,

2019年3月15日のユーロニュースより ・euronews 2019年3月6日の米科学メディア PHY.ORG より ・Phys.org 「音」というものへの観念が変わりつつあるときに 最近、立て続 ...

アメリカの行動療法の研究で「実際の音を聞く」ことをしなくても「その音を想像する」だけで「脳に対して同じ効果がある」ことが発見される。…ということは…

11月21日の米医学系メディア記事より ・Medical Xpress   昨日 11月23日に、メルマガ第14号を発行させていだきました。タイトルは、「人類と地球が直面しているのは「創造す ...



【重要】 ピタゴラスが2500年前に述べた「病気は音で治療できる」という主張に対しての本格的な試験が始まる。現段階でわかっていることは、細胞内のひとつの繊毛が周波数に対して反応するということ

・greenmedinfo.com   2500年前にピタゴラスが主張していた「音は医学」だという観念を医学的に検証する試み 久しぶりに「音と治癒」に関しての記事です。 以前は、このことに関 ...

永久に不変と思われた「地球が発するシューマン周波数」が 7.83Hz から 8.5Hz へとアップし、ついに不安定化へ……。そこから思う「良い周波数」と「悪い周波数」の存在

  今回は、昨日の、 ・ずっと一定の周波数だった母なる地球の音(シューマン共振)がなぜか突然変化し…  2017/08/01 でふれた、「地球自身が発生する周波数が変化していた」ということに ...



ずっと一定の周波数だった母なる地球の音(シューマン共振)がなぜか突然変化し、そして、あまりにもカタストロフが進んでもいたけれど、今日もまた時間が足りなく…

・NASA 先日、「地球から発せられている母なる音が変化している」ことを知りました。 これは、シューマン共振とかシューマン周波数とか言われているものなのですが、「ものすごく正確で一定」のものだったので ...

ライアーの新鮮な音に包まれながらも思うことは「基準音440Hzによる世界悪魔化計画」はどこまでも突き進んでいっているという狂気の時代の今のこと

・oka-jp.seesaa.net In Deep 2015年3月28日の過去記事より 現実生活の中に 432Hz を基本音とした音楽をどのように取り込んでいくかということを考えるのも、「一種のサバ ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.