地球最期のニュースと資料

In Deep

「 新型コロナウイルス 」 一覧

中国で新型コロナウイルスの「感染拡大の第二波」が始まった可能性。再開されていた上海や重慶の大型娯楽施設が次々と閉鎖

・imgur.com   中国の都市でまたも娯楽施設が次々と閉鎖に 世界で最初に感染が広がった中国ですが、3月中旬に習近平国家主席による「新型コロナウイルスへの勝利宣言」が出されて以来、新た ...



パンデミックを契機にやってくるかもしれないディストピア的新世界を前に、世界中に出現する「血の川」をはじめとする終末的光景

・3月25日、突然川の色が赤く染まったカナダのエトビコーク・クリーク。Etobicoke Creek, Toronto, Ontario, Canada   災いの時に 新型コロナウイルスが ...

医学誌ランセットの臨床記録で「中国湖北省の病院では新型コロナウイルス患者のほぼすべてが《中国伝統漢方だけで完治》していた」ことが判明。そして、アイスランドの研究者が、さらに「40の突然変異」を発見

秘伝の漢方煎じ薬の配合も判明 ・NY Post   中国の新型ウイルス治療の主薬は漢方である可能性 新型コロナウイルス情報を発信しているウェブサイトの中で、最もアクティブで現実的な報道を続け ...



[未知のウイルス]新型コロナウイルスは「突如毒性が1000倍に凝縮し重症化する」ことをフランスのパスツール研究所が報告。そして世界の政治的自殺は進む

・チェコ共和国のテレビ報道での当局談話を伝える米国メディア。summit.news   パニックにもほどがあると言うべきなのか賢明なのかは不明 暖かい春が続いていまして、毎日、桜を見ながら散 ...

今年1月と2月に「中国の携帯電話の解約数が1400万件以上に達した」理由は誰にもわからないながらも、新型コロナウイルスは、そのような経験したことのない混乱をもたらすものである可能性を示す

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...



西洋から発展した医学は「何かが間違って進んでしまっている」ことを新型コロナウイルスの感染拡大が示している。そして、イブプロフェンとオリーブオイルについての最近の話題が気になり

2020年3月20日の国別の感染確認状況 ・foreignpolicy.com   イブプロフェンのこと ・Le news 3月17日に、フランスの保健相と WHO の報道官が、新型コロナウ ...

日本だけでも検査なんて完全にやめるべきでは? : ウイルスの遺伝子の塩基配列自体が変異している中でPCR検査なんて無意味になる一方だという現実

・外出禁止令の出る前日のカリフォルニアの夕陽。Standard California   世界を駆け巡っている「無意味な検査」 本日は何かといろいろとありまして、帰宅したのが夜遅くとなってし ...



本当は武漢で何が起きているのか

・3月19日 北京、天津に続いて燃え上がる山東省青島老山区。 Jennifer Zeng   3月20日 NHK の報道「新型コロナウイルス 武漢含む湖北省 “2日連続感染ゼロ”」より 新型 ...

中国発の終末感 : 習近平主席賞賛本の発売と共に「武漢での新型コロナウイルスの新たな感染者がゼロ」になった話を聞いて、90%以上の死因が「過労死」のデータを改めて眺める

・3月18日、突然の異常な強風に見舞われ終末的な光景となった北京。NTD   北京は終末モードの中 昨日 3月18日、中国の北京、天津などで、突然ものすごい突風が吹き荒れ、中国各地のネットユ ...



「新型コロナウイルス」という名称は、2018年に武漢ウイルス研究所で命名されていた。その新しいコロナウイルスは中国の「ブタ」に出現した

・中国国営放送   2018年の新型コロナウイルス 新型コロナウイルスが中国の武漢で発生したとされ、そして世界的な流行になっていった際から、ウイルスの出所についてはいろいろな主張が出続けてき ...

[絶望的な進化能力]公開された数々の論文から、突然変異により《塩基配列の異なる49種類の新型コロナウイルス株が存在する》ことが判明。これにより、ワクチンの開発は事実上不可能となる可能性

・Thailand Medical News   おそろしい速度で変異が進んでいる可能性 新型コロナウイルスについての医学論文やレビュー等を、世界で最も攻撃的で挑発的な態度で報じ続けているタ ...



バチカンで90万人が死亡したとハックされた日に知る新型コロナウイルスの「毒性の変化」。現在のフランスとオランダの臨床記録では「重篤化している半数が高齢者ではない」という現実。変異なのか?

・3月14日 パリのコンコルド公園。この後に店舗の閉鎖命令が発令。 NY times   世界的な医療の崩壊を懸念する専門家たち タイトルに、 > バチカンで90万人が死亡したと伝えられた日 ...

アメリカは「封鎖」されるか。それはいつ?

・3月10日、米カリフォルニア州サンフランシスコ沖に出現した蜃気楼。 Spaceweather   赤い空 日常生活から、金融、経済、興業など、周囲にあるほとんどの事物に新型コロナウイルスの ...



英語版Wikipedia「スペインかぜ」で「致死率10〜20%」だった記述が、新型コロナの感染拡大期に突如「致死率2〜3%」に変更。さらに「スペインかぜは中国で発生した」という学説も新たに掲載。何が目的?

・off-guardian.org   ドサクサの中でいろいろな変なことが起きている アメリカのメディア記事を見ていましたら、「ちょっと変なこと」が起きていることを知りました。 それは、「 ...

[完璧なウイルス]新型コロナは「3種類の感染受容方法」を持ち、増殖するための酵素を「8種類利用できる」おそらく史上最強のウイルスであることが判明。これにより治療薬の開発は不可能である可能性が高まる

二度発症したり、陰性から陽性になるのもおそらくそれが原因 ・Thailand Medical News   複数の受容ルートと複数の増殖手段を持つ不死身のウイルス 前回、以下のような記事を書 ...



[究極のウイルス]人類を破滅に導くパンデミックは、エボラやSARSのような凶悪な病原体ではなく「発症しづらく致死率の低い軽い風邪のような病原体」だと2年前にジョンス・ホプキンスの科学者が警告していた

・What Does the Next Pandemic Pathogen Look Like?   私たちが持つ「恐ろしいパンデミック」の概念は間違っていた 何かこう、本日(3月9日)に至 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.