「 日本の未来 」 一覧

世界全体が迎えるかもしれない「大躍進政策」的な黙示録的飢餓までの道筋

1930年代の世界恐慌の中で「4人の子ども売ります」と書かれた看板 ・The Great Depression and its Legacy   私たちが向かっている先 以前、「中国共産党が ...



新型コロナウイルスは水中で最大25日間生存する「水媒介ウイルス」でもあることが判明。そして、その感染率は当初想定の「80倍」以上。しかし、70歳未満の致死率はたったの0.04%

・D614G Mutation Coronavirus   驚異の特性を知れば知るほど思う感染対策の「空虚」性 気温は上がる湿度は高い、というような環境の中で、大人の人たちは自己責任というこ ...

「パンドラ計画」と5G

・Sky News 生活でのネットワークへの依存度が上昇した今こそ 今回のパンデミックでの「ロックダウン生活」において、途中から気づき始めたのは、多くの人々にとって、「テレワーク」だとか「強いスマート ...



アメリカの中小企業の半数が「永久に会社を閉める」と回答する中に見える、農林中金など日本の金融機関が過大に投資している金融商品「CLO」が危機に至る可能性。その影響はリーマンショックの十数倍以上か

・Newsweek   アメリカの中小企業の崩壊が日本の金融機関を破壊する構図 パンデミックのロックダウンの影響について、中小企業の経営者からの回答をまとめたアメリカの金融サービス会社の調査 ...

これから何億人が「コロナウイルス以外で」亡くなるのだろう… : 多数の医学的研究は「隔離と孤独」は人に多大な悪影響を与え、結果として社会全体の死亡率が大幅に上昇することを示す。隔離とはそういう政策

それでも世界は続けるのか? 医学誌ランセットに掲載された論文より ・The psychological impact of quarantine and how to reduce it   ...



まぐまぐ大賞2019で In Deep メルマガがコラム賞1位を受賞しました。ありがとうございます

・Instagram   違和感 vs 違和感の存在戦争の中で まぐまぐさんの最大のイベントである「まぐまぐ大賞2019」の投票結果が発表されまして、In Deep メルマガが、コラム賞1位 ...

「子どもは尊敬されるべき存在」だということを、平行宇宙と「この世の未知の存在」の観点から確信していただきたいなどと思い…

・fortune.com   前回と前々回は、過去のメルマガの中から、ご紹介したいと思っていた以下の記事を編集し掲載させていただきました。 私たち人間の「意識」で「社会と地球と宇宙」を変える ...



日本の海が死に続けている理由は、デッドゾーンが過去最大となりつつある米メキシコ湾と同じなのかそうではないのか

2018年のサイエンスに掲載された世界のデッドゾーン(死の海域)の分布 ・Declining oxygen in the global ocean and coastal waters   ...

「日本人は他と違いすぎる」 : 世界120カ国を訪れたアメリカ人が描く日本人の特異性から思いだす私自身の2011年3月11日以来の「日本への狂気の愛」

2019年6月12日のアメリカのブログ記事より ・sovereignman.com むしろ心の中で肥大していく「日本人はエイリアン」の感覚 In Deep メルマガでは、たまに「日本人」のことにつ ...



6000万人の日本人が花粉症である現実と、それをもたらし続ける「腸内細菌キラー」の正体。そして、花粉症の症状が「酪酸菌」で改善される可能性

・allallergyandasthmacare.com   数千万人の花粉症の日本人を生み出したもの 私自身は花粉症ではないのですけれど、うちの奥さまがかなりの花粉症でして、「特に今年はひ ...

多大なテレビ視聴が高齢者の認知症を増加させている可能性がロンドン大学の研究により判明。そして、脳はいつでも「静かな状態」を望んでいる

2019年3月5日の英国の報道より ・Watching TV for this many hours a day could increase risk of condition   1日3 ...



どの家庭にもある「人体に有害な化学的脅威」を除去するには…という記事を読んでつくづく思い知らされる「それが不可能なこと」になっている私たちの生活

・greenmedinfo.com Sponsored Link   現実に「ケミカル」に囲まれた環境を完全に脱するのは不可能になってしまっているけれど この In Deep というブログも ...

突如として世界中で地震が増加して2日目となる日に、これから地球はどのようになるかをシュタイナーの言葉「頂点は日本」を引用して、あくまでも抽象的に説明させていただきますと

6月17日(大阪M6.1の地震の前日)の世界の地震の発生状況の一部 ・6/17/2018 -- Earthquakes progress across planet in 1 days time Sp ...



なぜ私たち日本人は、いつまでも羊のように「自分の人生を慈悲のない他人に丸投げする」ことをガン治療において続けているのか

最近国内のニュースは、読むと暗い気持ちになるものが多かったり、あるいは理解できないものなども多くなっていることもあって、まったく見ない日も多いです。 ところが、今日何となくクリックしたニュースを読んで ...

次の大恐慌を生きのびるには:太陽黒点活動が終わる中でも、市場と経済の壊滅的崩壊が避けられないと主張する人たちが増加する中で

2018年4月7日の米ゼロヘッジの記事より ・zerohedge.com Sponsored Link   太陽活動があからさまに極小期に入りつつある中での大恐慌の形態は? 世の中の「人々の ...



「東京が北朝鮮からの核攻撃で壊滅的な被害を被る可能性が高まった」というアメリカの外交専門誌の記事を中国とロシアの大手メディアが報道し続ける世の中で

私たちが知らない「北朝鮮が東京を攻撃する理由」とは 2018年2月26日のロシア・リアノーボスチ通信の報道より ・ria.ru 2018年2月27日の中国の報道より ・sina.com.cn Spon ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.