「 日本の未来 」 一覧

緊急事態宣言やワクチンでの抗体の実態が示唆する「終わらない輪廻」の構造

Tested 'Positive' For COVID-19?   終わらないばかりか「命の問題」の根本的な事態は悪化する 日本では、首都圏が緊急事態宣言というようなことになりましたけれど、 ...



世界経済が「日本化」する中での地球規模での壊滅は起こり得るか

2019年10月11日 日本各地で空が紫色になった日。hitek.fr   カオスが終わる可能性を消し去った各国の対策 海外のサイトを見ていましたら「私たちはみんな日本人になることができるの ...

「日本の外務大臣が、在日外国人に参政権を与え、英語を第二の公用語にすると声明」と海外で報じられた日に改めて思う日本のコロナ対策の「命への想像力の欠如」

Just a sunset in Japan somewhere タイトルにしましたのは、以下の英語メディアの記事でして、日本の政治のことは、ふだんはほとんど取り上げることもないのですけれど、この中に ...



うつ病を予防する最も強力な因子は「人とのつながり」であることをアメリカの研究者たちが最新のデータ解析技術を使用して突き止める

・medicalxpress.com   人間には人間が必要だという根本的な原則 今回のパンデミックへの各国の対策ロックダウンの凄惨な影響などを見ている中で、改めて知ったことが、 「人と人と ...

潰瘍性大腸炎は「特定の腸内細菌の枯渇が招いている」ことを突き止めた米スタンフォード大学の研究から想像する「異常消毒社会」による未来の絶望的光景

・msn.com   赤ちゃんの腸内細菌環境はすぐに崩壊するのに 先日、以下の記事で、相手が子どもであろうと、ご病気の高齢者であろうと、強制的に相手の手に消毒剤を噴霧しているのを見ていまして ...



低酸素と二酸化炭素中毒社会が招くのは…男性の不妊の増加…アルツハイマーの増加…。どうにも悲観的な数年後の社会を想う

・1918年のスペインかぜのパンデミック中、マスクをするカナダの子どもたち。 costar.com   マスクに関してのファクトチェックの嵐の中で 今に始まったことではないのですが、欧米のメ ...

世界全体が迎えるかもしれない「大躍進政策」的な黙示録的飢餓までの道筋

1930年代の世界恐慌の中で「4人の子ども売ります」と書かれた看板 ・The Great Depression and its Legacy   私たちが向かっている先 以前、「中国共産党が ...



新型コロナウイルスは水中で最大25日間生存する「水媒介ウイルス」でもあることが判明。そして、その感染率は当初想定の「80倍」以上。しかし、70歳未満の致死率はたったの0.04%

・D614G Mutation Coronavirus   驚異の特性を知れば知るほど思う感染対策の「空虚」性 気温は上がる湿度は高い、というような環境の中で、大人の人たちは自己責任というこ ...

「パンドラ計画」と5G

・Sky News 生活でのネットワークへの依存度が上昇した今こそ 今回のパンデミックでの「ロックダウン生活」において、途中から気づき始めたのは、多くの人々にとって、「テレワーク」だとか「強いスマート ...



アメリカの中小企業の半数が「永久に会社を閉める」と回答する中に見える、農林中金など日本の金融機関が過大に投資している金融商品「CLO」が危機に至る可能性。その影響はリーマンショックの十数倍以上か

・Newsweek   アメリカの中小企業の崩壊が日本の金融機関を破壊する構図 パンデミックのロックダウンの影響について、中小企業の経営者からの回答をまとめたアメリカの金融サービス会社の調査 ...

これから何億人が「コロナウイルス以外で」亡くなるのだろう… : 多数の医学的研究は「隔離と孤独」は人に多大な悪影響を与え、結果として社会全体の死亡率が大幅に上昇することを示す。隔離とはそういう政策

それでも世界は続けるのか? 医学誌ランセットに掲載された論文より ・The psychological impact of quarantine and how to reduce it   ...



まぐまぐ大賞2019で In Deep メルマガがコラム賞1位を受賞しました。ありがとうございます

・Instagram   違和感 vs 違和感の存在戦争の中で まぐまぐさんの最大のイベントである「まぐまぐ大賞2019」の投票結果が発表されまして、In Deep メルマガが、コラム賞1位 ...

「子どもは尊敬されるべき存在」だということを、平行宇宙と「この世の未知の存在」の観点から確信していただきたいなどと思い…

・fortune.com   前回と前々回は、過去のメルマガの中から、ご紹介したいと思っていた以下の記事を編集し掲載させていただきました。 私たち人間の「意識」で「社会と地球と宇宙」を変える ...



日本の海が死に続けている理由は、デッドゾーンが過去最大となりつつある米メキシコ湾と同じなのかそうではないのか

2018年のサイエンスに掲載された世界のデッドゾーン(死の海域)の分布 ・Declining oxygen in the global ocean and coastal waters   ...

「日本人は他と違いすぎる」 : 世界120カ国を訪れたアメリカ人が描く日本人の特異性から思いだす私自身の2011年3月11日以来の「日本への狂気の愛」

2019年6月12日のアメリカのブログ記事より ・sovereignman.com むしろ心の中で肥大していく「日本人はエイリアン」の感覚 In Deep メルマガでは、たまに「日本人」のことにつ ...



6000万人の日本人が花粉症である現実と、それをもたらし続ける「腸内細菌キラー」の正体。そして、花粉症の症状が「酪酸菌」で改善される可能性

・allallergyandasthmacare.com   数千万人の花粉症の日本人を生み出したもの 私自身は花粉症ではないのですけれど、うちの奥さまがかなりの花粉症でして、「特に今年はひ ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.