地球最期のニュースと資料

In Deep

「 気候変動 」 一覧

雲を作り雨を作る宇宙線…。発生源不明とされていたその宇宙線が「生まれている場所」をNASAの日本人科学者が突き止める。それは銀河系最大級の連星で、太陽フレアの1万倍以上のエネルギーの粒子を放ち続けていた

7月4日の米 NASA ニュースリリースより ・NASA's NuSTAR Mission Proves Superstar Eta Carinae Shoots Cosmic Rays Sponso ...



「2017年は最も暑い年だった」というニュースが世界で配信された直後に、発信元のニューヨークタイムズの報道が「フェイクニュース」だと喝破される事案が発生

フェイクニュースと喝破された米ニューヨークタイムズの2018年1月18日の記事 ・nytimes.com Sponsored Link   私は関東の首都圏のはずれあたりに住んでいますが、今 ...

気候が各地で激しすぎで……。やはりこれは近現代で人類が初めて経験する未知の気象の領域に入っているのかもしれないとも改めて思ったり

2018年1月6日 アメリカのワシントン山が「世界で2番目に寒い場所」となったことを報告する観測所のツイート ・MWObservatory かつてないような異常な熱波に見舞われているオーストラリアにつ ...



アメリカの不毛の地デスバレーとアンザ・ボレゴ砂漠に、数十年に1度の「スーパーブルーム現象」により出現したパラダイス的光景が示唆するものは

2017年3月11日のカリフォルニアの「砂漠」アンザ・ボレゴの風景 ・Anza-Borrego Desert State Park 通常のアンザ・ボレゴ砂漠 ・Anza-Borrego Desert ...

地球は「4000年間の温暖化」を終了し、これから長い寒冷期へ。そして、「地球の気候変動の原因は太陽活動にある」という内容を持つ科学論文の数が2016年には130件以上に及び過去最高に

1850年からの黒点数と地球の気温の相関関係(気温は過去4000年で最高) ・woodfortrees.org Sponsored Link   次々と発表される世界中の科学者たちの気候変動 ...



気温や気候変動と「社会の暴力性」の間に存在する強い相関関係から見える未来

嶋中雄二著『太陽活動と景気』(1987年)より 太陽活動や地磁気活動は、ヒトの精神活動を乱すことが知られており、統合失調症の患者数は、約 10年の周期的変化を繰り返していることがわかっている。また、も ...

将来的に肉食から離脱し「完全菜食国家となる」ことを国策に掲げたスウェーデン政府が推し進める「昆虫食計画」

2016年5月2日のスウェーデンの報道より ・NyTeknik   まあその・・・これが良い方向なのか、そうではないのかよくわからないのですが、今回ご紹介する記事は、スウェーデンで「肉食から ...



イギリス政府機関の推計資料 : これからの地球は「億単位」の人命の消滅と共に、文明に対しての多くの脅威を経験していく

2016年4月29日のアトランティックより ・The Atlantic   平日とはいえ、連休中に「人類が絶滅しないかどうかは疑わしい」というようなタイトルの記事をご紹介するのもどうかと思い ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.