地球最期のニュースと資料

In Deep

「 磁気嵐 」 一覧

発生要因不明の「惑星間空間衝撃波」が地球を直撃していた。そして、この現象が「宇宙線を生成していた」ことが独自調査により判明。同じ日に起きたペルーの大地震との関係は?

2019年5月27日 惑星間空間衝撃波が発生した時のデータ ・NASA   惑星間空間衝撃波とは何か 5月27日に、 「地球が《惑星間空間衝撃波》の直撃を受けていた」 ことが、NASAなどの ...



長野県の異常な群発地震を辿っていくと、それは熊本から始まった「地震の中央構造線上の移動」がフォッサマグナにまで達したことに気づきまして

・フォッサマグナ - Wikipedia 今現在、長野県で「やや異常な感じもする群発地震」が発生していることをご存じでしょうか。今回は、そのことを少し書かせていただきます。   長野県で、1 ...

イギリス気象庁が「巨大な太陽嵐による大規模なブラックアウト」を警告。……しかし、なぜ今の時期に? (もはや太陽はほぼ活動していないのに)

11月20日の米国FOXニュースより ・foxnews.com   「イギリスの気象当局が、太陽からの磁気嵐による壊滅的な被害に対しての警告を発した」というニュースが欧州やアメリカで報道され ...



太陽に出現した2018年最大級となる巨大なコロナホールを見ながら、「太陽の異常の定着」が進行していることをつくづく感じる今

10月6日の太陽表面に出現したコロナホール ・NASA / SDO   自然に破壊され続ける「象徴」 個人的な話で恐縮ですが、私、一昨日くらいから私的な事情で移動をしていました。 明日あたり ...

太陽と地震 : 強力な磁気嵐が「地球の地質に強い電気を流す」ことを初めて知った時に思ったことは…

2018/08/29    , , , , ,

8月25-26日の強い磁気嵐の中で観測された「地中の電流の量」の変化 ・ELECTRICITY FLOWS THROUGH THE SOIL OF NORWAY   あまりにも地震が連続して ...



「地球の磁場に亀裂が生じて」世界中が異例の強い磁気嵐に見舞われる中、日本の関東では各地で、やはり異例といえる「異様な雲たち」が空の広範囲を覆っていた

地球の磁場に生じた亀裂を解説するNASAのウェブページ ・NASA 今回の本題は、現在、「地球の磁場フィールドに亀裂が生じて」それにより異例ともいえる強い磁気嵐に見舞われているということに関してですが ...

地球が「惑星間空間衝撃波」の直撃を受ける中、太陽には今年最大級の数の黒点が突如として出現

2018年4月21日のスペースウェザーの特集記事より ・Interplanetary Shock Wave Sparks Electric Blue Auroras Sponsored Link &n ...



今年最大規模の太陽からの磁気嵐の直撃の渦中にある地球

本日は、私としては遠出にあたる外出をする予定がありまして、短い記事となるのですが、ひとつ書いておきたいと思っていたことがありまして、実は今、この地球は「ものすごい磁気嵐」に見舞われているのです。 原因 ...

[緊急]1990年以来27年ぶりに強力な「 X 9.3 」の太陽フレアが突然噴出される。コロナ質量放出が地球方向へ進行している可能性。影響は現時点では不明

[追記2]9月8日に、NOAA(アメリカ海洋大気庁)より、磁気嵐のレベルが先に記した G3 からひとつ上がり G4 レベルになることが告知されていました。そのことを追加して記しておきます。 [追記]9 ...



エイプリルフールの太陽の暴走:黒点数は昨年8月以来の数に達し、Mクラスのフレアも発生。コロナホールも何だか凶悪化し、少し社会的に影響がありそうな気配

2017年4月1日に発生したMクラスの太陽フレア ・SIGNIFICANT SOLAR FLARE ほんの少し前に、 ・太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月 ...

沈黙に向かう太陽に突如出現した巨大コロナホールを見て、磁気嵐と地震の関係を少しだけ調べてみました。その結果は……

2016年7月5日に太陽に出現した長さ70万キロメートルのコロナホール ・Spaceweather   太陽はどんどん沈黙の時期に向かっていて、太陽黒点は 6月23日からずっと「0」のままで ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.