地球最期のニュースと資料

In Deep

「 遺伝子 」 一覧

「あなたは乳ガンではないですが、予防のためにすべて切除しましょう」という行為の連鎖を生み出した「死に至る乳ガン遺伝子変異」の概念が最新の医学研究で完全否定される

米国の医療系メディアの記事より ・greenmedinfo.com Sponsored Link   ご存じない方はあまり知らないことかもしれないですが、「乳ガン」に関しての最近の医学知識の ...



「若者がアルコールから離れたのは《遺伝子上の進化》の可能性が浮上」:世界中の人類の中に「忽然と」アルコールを拒絶する遺伝子が出現していることが米国の研究者たちにより見出される

2018年2月21日の英国インディペンデントの記事より ・independent.co.uk Sponsored Link   最近「体がアルコール代謝を拒否している」ことに気づいた時に偶然 ...

日本人科学者たちにより発見された「なぜ生存できているのかこれまでの常識では説明がつかない」エイリアン的な「地球内生命体」

生命を維持するための遺伝子がない生物の遺伝子 ・海洋研究開発機構 プレスリリース 数日前、日本の国立研究開発法人「海洋研究開発機構」が、非常に興味深いプレスリリースを発表していました。どういうものかと ...



新たに発見された「人間の第六感をつかさどる遺伝子」によって、私たち人類は五感だけに頼らない新しい感覚と生活を獲得する進化を遂げられるか否か

2016年10月2日の英国ミラーの記事より ・Mirror   人間の五感以外をつかさどる遺伝子の発見 最近、海外メディアで「第六感が科学的に存在していることが発見された」という見出しの記事 ...

WHOは「ジカ熱対策のために遺伝子操作した蚊をおおいに活用しなさい」というけれど……。感染症医学の中心に立ちはだかるパスツールの亡霊たち

・arigobio.com 春の蚊を見て思う気温の状況 今日、ベランダで植物とかメダカとかいろいろ世話をしていましたら、「蚊」が植物用の台に止まっているのを見つけました。 私 「暖かくなったものなあ。 ...



ブラジルでの「遺伝子操作を施された蚊の放出」と、現在のジカウイルスの流行の関係を私が完全に無視することができない理由

・Atlantic 上の「陰謀説の突然の広がり」というタイトルの記事は、アメリカのアトランティックという、長い歴史を持つメディアの記事です。 このタイトルにあるように、ジカウイルスに関しての「陰謀論」 ...

アルツハイマー病の発症を「最大17年間遅らせる」ことができる遺伝子がオーストラリアの大学の研究で発見される

2015年12月02日のオーストラリア国立大学ニュースより ・ANU ほんのすぐ先の未来に広がる「この世の終わり」を示す推測値 最近、 ・アルツハイマー病の最大の原因が「ストレス」である可能性がアイル ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.